身近な風景から豊かな心を育む。「自然と植物」の絵本9選

身近な風景から豊かな心を育む。「自然と植物」の絵本9選

子どもたちとの散歩や外遊びを鮮やかに彩る自然や植物。普段見落としがちな当たり前の風景は、ときにたくさんの発見や驚きを与えてくれます。今回は、身近な風景にゆっくりと目を向けるきっかけになるような「自然と植物」の絵本をご紹介します。

図鑑で知る

子どもと歩く普段の散歩道。ゆっくり目を向けてみると、足元には大人でも知らない草花がいっぱいあるはずです。子どもの「これは何?」の問いかけから、いっしょに学ぶきっかけにしてみてはいかがでしょう。

草花とともだち

草花とともだち
草花の名前や特徴はもちろん、子どもたちが喜びそうな草花遊びや押し花まで、草花を楽しむアイディアがたくさん詰め込まれた一冊。図鑑のようにイラストが一つひとつ細かくていねいに描かれているだけでなく、ストーリー性も兼ね備え、子どもが読みやすい内容です。

この一冊で「春」を思いっきり満喫できそうです。

たねがとぶ

たねがとぶ
植物はどのように成長していくのか・・・綿毛を風にのせて飛ばすものや、さやの弾力で飛ばすものなど、身近な雑草の「たね」から分布を広げていく様子を楽しく伝えた絵本。

どこにでもある風景の中で、誰も目にしたことのないような種が飛ぶ瞬間がやわらかく、美しく描かれています。子どもの興味や好奇心をぐんと引きつける一冊。

美しき小さな雑草の花図鑑

美しき小さな雑草の花図鑑
身近にある雑草の花の世界に、驚きと発見があること間違いなしの史上最高に美しい花図鑑。

ページいっぱいに拡大された数ミリから数センチの小さな雑草の花々は、かわいらしく美しい宝石のようです。人気の植物学者多田多恵子先生が添える素敵な文章を読み進めていくうちに、感動的な体験ができるかもしれません。

たべられるしょくぶつ

たべられるしょくぶつ
私たちがいつも食べている野菜がどのように育つのか、鮮やかな絵と順を追ったていねいな文章で、小さい子どもにも分かりやすい絵本です。

野菜の葉、茎、実、たね、根などについての興味深い内容で、野菜に愛着をもつきっかけとなり、食べ物を粗末にしないことも教えてくれそうです。食育にもぴったりの一冊。

ストーリーから学ぶ

子どもが入り込みやすいストーリーは、身近な植物から命の育みを知ったり自然の大切さを学んだりできるかもしれません。春の訪れとともに、心がじんわりあたたかくなるはずです。

おねぼうさんはだあれ?

おねぼうさんはだあれ?
かわいらしく、やさしいストーリーと味わい深いアルミ板の切り絵の作品。

春の散歩道でよく見かける、シロツメクサ、スミレ、カタクリ、ノイチゴなどの草花の香りが絵本を開く私たちにふんわり届きそうです。子どもとの外遊びの時間を楽しくさせてくれる、そんな草花をじっくり見つめてみませんか?

ざっそうの名前

ざっそうの名前
おじいちゃんの家にあそびにいった太郎が見つけた、きれいな花。「どの草にも、みんな名前があるんだよ」おじいちゃんのやさしい教えに心が満たされるような気分になります。

繊細で美しく、またやわらかいイメージの挿絵は、なんとすべてを刺繍で表現。ていねいに縫われた刺繍に、一つひとつの草花を大切に想う気持ちが重なる、すてきな絵本です。

葉っぱのフレディ

葉っぱのフレディ
葉っぱの一生を通して命の循環を描いたストーリー。

「生きる」とはどういうことか、「死」とは何なのか。子どもには少し早いと思う方もいるでしょう。ですが、身近な葉っぱに子どもなりの想いを抱くきっかけになるかもしれません。巡り巡るいのちの大切さがやさしく伝わってきます。

美しい絵から感じる

想像力をかき立てる美しい絵に胸が熱くなるかもしれません。文字のない世界から、自然の美しさとすばらしさを子どもといっしょに感じましょう。

木のうた

木のうた
イタリアの人気絵本作家イエラ・マリの代表作。

絵本の中は画面の中央に1本の大木がすえられただけで、文字は何もありません。それでも、木をめぐる自然の変化に心を打たれるはずです。ずっと動かず立ち続ける木、その周りで生きる鳥や動物たち。この絵本に描かれているもののすべてに意味を感じる、感動の一冊。

もりのえほん

もりのえほん
ただ森の景色が描かれているだけ・・・そうでしょうか?じっと見つめていると、こっちにもあっちにも、森とは違った景色が現れ、想像をどんどんふくらませます。錯覚かと感じさせるような自然な隠し絵の世界を親子で楽しんでみてはいかがでしょう。

何気ない普段の自然の風景の中に、いろいろなことを想像して見つけ出せそうです。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年04月12日

絵本の関連記事

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

  • 子どもと家ですごす時間がよりいっそう増える夏休み。普段は忙しくてなかなか時間が取れないママやパパも、せっかくならこの夏休みにしかできないことを親子で体験したいですよね。そんなときは、いろいろな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?料理に興味をもちはじめる幼児期にぴったりの料理絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧