新生児が寝すぎて心配?母乳をあげるタイミングや起こすときの工夫

新生児が寝すぎて心配?母乳をあげるタイミングや起こすときの工夫

新生児のときに寝すぎていると心配になるママもいるかもしれません。昼間に寝すぎて寝ないと悩むママもいるようです。今回の記事では、新生児が寝すぎるときに確認したいことや寝すぎる新生児への母乳やミルクをあげるタイミング、新生児を起こすときに工夫したことを体験談を交えてご紹介します。

新生児はよく寝る?

新生児期の赤ちゃんの寝る様子についてママたちに聞いてみました。

「入院していたときは寝ては起きての繰り返しだったのですが、自宅に戻ったら昼間は授乳の時間以外よく寝ていました。夜中は、昼間寝すぎて寝ないこともありました」(30代ママ)

「新生児の頃は1、2時間毎に起きると聞いていたのすが、入院中に赤ちゃんと同室になったときからよく寝ていてびっくりしました。看護師さんにアドバイスをいただき、授乳のために2、3時間毎に起こすようにしました」(30代ママ)

新生児の頃はママのお腹の中にいるときと同じように昼夜関係なく短いサイクルで寝たり起きたりを繰り返すと言われているようですが、1日のうちほとんどの時間を寝ていたり、長時間まとまって寝たりする新生児もいるようです。赤ちゃんがあまりに長い時間寝ていると心配になったというママの声もありました。

新生児が寝すぎるとき確認したいこと

新生児が寝すぎているときに赤ちゃんの状態を見るとよいかもしれません。新生児のどのようなことを確認していたのか、ママたちの体験談をご紹介します。

おしっこの回数や量

「赤ちゃんが寝すぎていて起こした方がよいか悩んだときは、脱水症状になっていないかを確認しました。おむつを替えてから時間が経っているのに濡れていなかったら、赤ちゃんを起こして授乳をするようにしていました」(30代ママ)

赤ちゃんのおしっこの量が普段より少ないときは、起こすようにしていたというママの声もありました。体の中の水分が不足することで、おしっこの回数や量が減っているかもしれないので、心配なときは赤ちゃんを起こして授乳をするとよいかもしれません。

肌の状態

iStock.com/Yuji_Karaki

「新生児の頃よく寝ていて心配になったときは、赤ちゃんの唇を触ってみてカサカサしていないか確認しました。カサカサしていなくて潤っているときは、そのまま寝かせていました」(20代ママ)

「朝授乳をして寝てから昼前までずっと寝ていることがありました。赤ちゃんの様子を見ると汗をかきながら寝ていたので、水分補給をさせたいと思い起こしました」(30代ママ)

赤ちゃんが寝すぎるときは、肌の状態や顔色が悪くなっていないか確認したというママの声もありました。赤ちゃんが寝すぎているときは、具合が悪くなっていないか顔や体の状態を確認するとよいかもしれません。

寝ている時間

「新生児の頃、5時間くらい寝たままのときが数回ありました。赤ちゃんが寝た後、自分もいっしょに寝ていましたが、起きたときに赤ちゃんはまだ寝ていたので、さすがに心配になり起こしました」(20代ママ)

「いつもは約3時間毎に起きたり寝たりを繰り返していたのですが、5時間以上まとめて寝ていたときがありました。出産のときの入院中に、3時間以上経ったら起こして授乳するようにと言われていたので起こして授乳しました」(30代ママ)

寝ている時間を計っていなくても、昼過ぎから夕方までずっと寝ていて気になって起こしたというママの声もありました。寝ている時間が5、6時間以上の場合は、水分補給のためにも起こして授乳などをしてもよいかもしれません。

寝すぎる新生児への母乳やミルクのタイミング

新生児の頃の授乳は2、3時間おきにあげているママもいるようですが、寝すぎる新生児への授乳はどのタイミングであげていたのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

泣いたとき

「3時間以上経っても寝ているときは、赤ちゃんの状態を見て大丈夫そうならそのまま寝かせておいて、起きて泣いたら母乳をあげていました」(30代ママ)

赤ちゃんが泣いたときに授乳していたママもいるようです。寝ていてもお腹が空いたときは泣いてママに知らせるのかもしれませんね。

体重が増えていないとき

k r e f/Shutterstock.com

「赤ちゃん用の体重計を買って、新生児の頃毎日計っていました。最初の頃は泣いたら母乳をあげていましたが体重が増えなかったので、定期的に起こして母乳をあげていました」(20代ママ)

「赤ちゃんが産まれてから10日ほどして、出産した病院で赤ちゃんの体重測定がありました。そのとき体重があまり増えていなかったので、規則正しくあげようと思い3時間毎に起こしてミルクをあげていました」(30代ママ)

産まれてからある程度日数が経っても体重が増えていないときに、数時間毎に起こして授乳をしていたママもいるようです。赤ちゃんとママの授乳のリズムを早くつかむために、新生児の頃からなるべく規則正しい授乳間隔で母乳をあげていたというママの声もありました。

ママの胸が張るとき

「母乳をあげていますが、授乳から2時間くらい経つと、おっぱいが張って痛かったので、どうしようもないときは赤ちゃんを起こして授乳していました」(30代ママ)

胸が張っているのを放っておくと乳腺炎などならないか心配になるママもいるようです。胸が張って痛いとは、搾乳して母乳を保存しておく方法もありますが、授乳のリズムをつけるためにも赤ちゃんを起こして授乳するとよいかもしれません。

寝ている新生児を起こすときの工夫

寝ている新生児を起こしたいときに、どのように起こせばよいのか気になるママもいるかもしれません。よく寝ている赤ちゃんを起こすときに工夫していたことをママたちに聞いてみました。

声をかける

「起こすときは、赤ちゃんの名前を優しく呼びながら声をかけていました。声かけは起こすときの最初に行う手段で、敏感になっているときだとパチっと目を見開いていました」(30代ママ)

赤ちゃんを起こすときに声をかけていたママもいるようです。起こすときに明るい歌を歌ったというママの声もありました。優しく語りかけるように声をかけてあげるとよいかもしれません。

おむつを替える

「寝すぎている赤ちゃんを起こすときは、おむつを替えていました。寝ているときだと交換がしやすかったです。起きると泣いてしまうので、おむつをすばやく替えていました」(30代ママ)

赤ちゃんを起こすきっかけとしておむつ替えをしていたというママもいるようです。おむつを替えてもまだ起きないときは、おむつを開けたままにして、うちわで仰いで股に刺激を与えて起こしていたというママの声もありました。

顔や足をくすぐる

「赤ちゃんを起こしたいときは、肌への刺激になるかと思い、顔や足の裏をくすぐって起こしました。くすぐると顔や足をちょっと動かして起きてくれました」(20代ママ)

顔や足などの体をくすぐる起こし方は簡単にでき、赤ちゃんとのスキンシップにもなってよいかもしれません。くすぐる以外にも、頭をなでたり、体にフーっと息を吹いたりとさまざまな起こし方ができるようです。

新生児が寝すぎるときは様子を見よう

iStock.com/Satoshi-K

新生児の中には寝すぎたり、寝すぎて寝ない赤ちゃんもいるようです。寝すぎて心配なときは肌の状態を確認したり、ママの胸が張るときや赤ちゃんの体重の増えない場合は、起こして母乳など授乳をしたりするとよいかもしれません。寝すぎる赤ちゃんを起こすときは優しく触れたり声をかけたりしながら、気持ちよく赤ちゃんを起こせるとよいですね。

2018年08月16日

家族の関連記事

カテゴリ一覧