貯金は習慣で成功する。ファイナンシャルプランナーが教える「先取り貯蓄」の方法

貯金は習慣で成功する。ファイナンシャルプランナーが教える「先取り貯蓄」の方法

前回に引き続き今回は、「家計簿の役割」から「お金が貯まる人の共通点」「今からできるオススメの習慣」をファイナンシャルプランナーである伊達有希子さんに教えていただきました。

前回記事:貯金は無理せず楽しみながら。子どもの成長に寄り添ってお金を貯める方法は?

家計簿は必ず必要?

家計簿がなくても家計の管理は可能ですが、まずは1ヵ月間、家計簿をつけてみることをお勧めします。

最近ではアプリなども増えてきていますが、まずは手書きのメモで十分ではないでしょうか。

具体的には、下記項目でいくら使っているかを書き出してみましょう。

・光熱費
・食費・住居費
・被服費
・交際費
・雑費

そうすることで「毎月いくらあれば生活できるか」が分かります。

不定期に出て行く出費があれば、それもまとめてみましょう。

その結果、何に使ったかわからないお金(使途不明金)が多くある場合はもう1ヵ月家計簿を続け

何に使っているのか

を注意深く探ることも必要です。

「お金が貯まる人」に共通する特徴

筆者のこれまでの経験から、お客様に「毎月の支出(生活費と不定期な出費)がいくらですか?」と聞いて、「大体◯◯円です。」と答えられる人のほとんどは、お金が貯まる方です。

さらに、毎月の支出だけではなく、

毎月の貯蓄額が決まっている

というのもお金の貯まる人の特徴です。

まずは家計簿で毎月の支出を把握しましょう。収入よりも支出が多ければ早急に家計の改善が必要です。

収入よりも支出が少なく、貯蓄している金額がある場合は

「毎月いくら貯めているのか?」

その貯蓄額をしっかり把握しましょう。

今からできるオススメ習慣

みなさんはお金を貯める時にどちらの方法で貯めていますか?

①先に貯める分を取っておく

②残った分を貯める

どちらも間違いではありませんが、お金を貯めることを習慣化するには、是非①の方法を試していただきたいと思います。

先に貯める分をとっておく、ということは収入から貯蓄を引いて、残った分を支出にまわすということですね。

この①の方法を

「先取り貯蓄」

と呼びましょう。この先取り貯蓄が習慣となると、年間の貯蓄額もだいたい決まってくることになります。

今まで漠然と貯まらない…と思っていた人も、この先取り貯蓄を始めればすぐに、

お金を貯める達成感を感じることが出来ることでしょう。

この方法は早く成果が出るので、長続きしやすいです。

お金を貯める習慣が全くない人は、まずは

少額から先取り貯蓄を始めてみましょう。

すでに貯蓄をしていたけれど、毎月の金額を把握していなかった人は一定額を決める所からスタートしましょう。

無理ない金額で貯金をする

貯金をしようと考える時、最初に決めた金額の通りに貯められなくても諦めないで下さい。何ヵ月か試して一番無理のない金額で、まずは3ヵ月、そして1年と続けていくことに意味があるのです。金額ではなく、まずはお金を貯める習慣を身につけることが一番大切です。無理せず楽しく貯金をして「お金を貯める達成感」を味わいたいものですね。

執筆:伊達有希子

伊達有希子の記事一覧(バックナンバー)

1982年茅ヶ崎生まれ。2004年専修大学英米文学科卒業後、呉服屋に入社。AFP取得をきっかけに、2009年企業系FPとして保険会社に転職のち、2013年にyou&me partners(ユメパートナーズ)設立。2016年には起業家サポートとしてFPコモンズのサイトを立ち上げる。
資格:CFP・1級FP技能士 趣味:旅行・食べ歩き

you&me partners
FPコモンズ

2017年05月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧