幼稚園の保育時間はどのぐらい?教育時間や預かり保育の有無

幼稚園の保育時間はどのぐらい?教育時間や預かり保育の有無

保育時間が短いときの工夫や選ぶポイント

子どもを幼稚園に入れようか考えるとき、幼稚園の保育時間について気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、文部科学省の資料を参考に幼稚園の教育時間のしくみや預かり保育の有無、保育時間が短いときの工夫と幼稚園を選ぶときに意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

幼稚園の保育時間が気になるとき

子どもを幼稚園にいれるか保育園にいれるか考えるとき、保育時間について気になるママもいるかもしれません。幼稚園の保育時間について気になることを、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
子どもが幼稚園に入園する予定でいますが、保育園より保育時間が短いと聞きました。二人目を妊娠しているので、幼稚園ではどのようなスケジュールなのか気になっています。
30代ママ
共働きですが、子どもを幼稚園に入れようかと考えてます。幼稚園でも預かり保育などで保育時間が延長できると聞いたので、詳しく知りたいと思っています。
子どもを幼稚園に入れることを検討しているママのなかには、幼稚園の保育時間が短いことが気になっている方もいるようです。共働き家庭で幼稚園へ入れたいと考えているママやパパにとっては、保育時間の長さは重要なポイントかもしれません。

そこで今回は、文部科学省の資料を参考にしながら、幼稚園の保育時間や預かり保育の有無などについてママたちの体験談を交えてご紹介します。


幼稚園の保育時間のしくみ

幼稚園の保育時間のしくみがどのようになっているのか、気になるママもいるかもしれません。

文部科学省の資料によると、幼稚園の1日の教育課程に係る教育時間は、4時間を標準としているようです。「教育課程に係る教育時間の終了後等に行う教育活動(いわゆる預かり保育)」に関しても、教育課程に基づく活動との関連や幼児の心身の負担、家庭との緊密な連携に配慮して実施することとされています。

幼稚園では基本となる4時間程度の教育時間を終えた後に、希望者のみに預かり保育を実施することもできる、というしくみのようです。教育時間も預かり保育時間もそれぞれの幼稚園の方針で変わってくるかもしれません。

実際に、子どもが幼稚園に通っているママたちに話を聞いてみると、朝は8時半から9時頃までに送り、お迎えは14時から15時頃という幼稚園もあるようです。他にも、毎週1回12時までの半日保育があるというママの声もありました。
出典:幼稚園教育要領/文部科学省
出典:教育課程に係る教育時間の終了後等に行う教育活動(いわゆる預かり保育)及び子育ての支援関係資料/文部科学省

【体験談】幼稚園の保育時間について

保育時間
asharkyu/Shutterstock.com

幼稚園の保育時間について、実際に幼稚園に子どもが通っているママたちに聞いてみました。

平日の保育時間

40代ママ
うちの子の通った幼稚園は、朝8時半から14時までが保育時間でした。朝は7時半から早朝保育があり、夕方も18時まで希望があれば延長することができていたので、パートで働いていた私は助かりました。
30代ママ
うちの幼稚園は、8時から15時半までが通常の保育時間でした。土曜日も予約すれば別料金で預かってくれるので、残業や休日出勤のときも安心して預けることができました。
平日の保育時間は、14時や15時くらいまでの幼稚園があるようです。ママのなかからは、夕方の預かり保育を実施していない幼稚園に通っていたという声も聞かれました。他にも、上の子の小学校の行事で通常の時間にお迎えに行けないときも、希望すれば預かり保育を頼めるというママの声もありました。

長期休暇と預かり保育の有無

40代ママ
我が子の通う幼稚園の長期休みは、夏休みは1カ月、冬休みは10日間、春休みは3週間程度ありました。夏休みと春休みは希望者のみ預かり保育があり、通常と同じ18時まで預かってくれました。
幼稚園は、小学校などと同じように長期休みがあるようです。ママのなかには、長期休みに預かり保育を行っている幼稚園と行っていない幼稚園があるため、事前に確認をするとよいという声がありました。

幼稚園の保育時間が短いときの工夫

共働きの場合など、子どもの通う幼稚園の保育時間が短いと困るママやパパもいるかもしれません。幼稚園の保育時間が短いときの工夫について聞いてみました。

祖父母に預かってもらう

祖父母に頼む
Monkey Business Images/Shutterstock.com
40代パパ
息子の通う幼稚園は、まれに半日保育の日がありました。仕事を休めない場合は私の両親にお迎えを頼み、夜まで預かってもらえるよう頼んでいました。
幼稚園のお迎え時間に間にあわない場合は、祖父母にお願いしてお迎えなどをサポートしてもらうこともあるようです。ママのなかからは、祖父母が積極的に預かってくれるので助かっているという声も聞かれました。

ファミリーサポートなどを活用する

30代ママ
祖父母は遠方に住んでいるので、保育時間の短いときはファミリーサポートを利用するようにしていました。毎回同じ方が預かってくれるので、子どもも楽しくすごしているようです。
祖父母などに頼めない場合は、ファミリーサポートなどを活用しているママもいるようです。他にも、保育園の一時預かりを利用しているというママの声もありました。

幼稚園を選ぶときに意識したこと

幼稚園を選ぶときは、保育時間以外にどのようなことを考えておくとよいのでしょうか。園選びで意識したことについて、ママたちに聞いてみました。

園の内容で検討する

30代ママ
子どもの入園前には、幼稚園保育園問わずさまざまな園へ見学に行きました。それぞれの園の教育方針や在園児の子どもの様子などを見て、子どもにあう園を選びたいと思いました。
子どもの通う園を選ぶときに幼稚園か保育園かではなく、それぞれの園の特色をみて決めているというママもいるようです。ママのなかからは、実際に園開放などに通って、先生の子どもへ関わり方や遊んでいる子どもたちの楽しそうな雰囲気で、通う園を決めたという声も聞かれました。

共働き家庭でも入園可能か確認する

30代ママ
共働きですが、子どもは幼稚園に入れたいと考えています。通えそうな幼稚園をいくつか訪問し、園長先生とお話ししながら共働きでもよいかなど、確認するようにしています。
幼稚園の預かり保育の有無や時間などは、それぞれの園の教育方針によっても変わってくるようです。通いたいと思う幼稚園での預かり保育への考え方などを聞きながら、より通いやすい幼稚園を選べるとよいかもしれません。

ライフスタイルと子どもにあわせた幼稚園を選ぼう

子どもが笑顔になる幼稚園
szefei/Shutterstock.com

幼稚園の保育時間については、朝8時から14時、15時くらいまでが通常の教育時間という場合があるようです。それ以降の預かり保育は、文部科学省の資料にもあるように、幼稚園によってさまざまという声がありました。

幼稚園の保育時間は短いというイメージをもつ方もいるかもしれませんが、最近では、教育時間終了後に預かり保育を実施している幼稚園も増えているようです。パパやママのライフスタイルと子どもにあわせて、幼稚園選びができるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2020年2月10日の記事作成時点のものです。

2020年02月10日

専門家のコメント
15
    すみっこ先生 保育士
    勤めていた幼稚園は預り保育をしていました。14時30分~最長18時まで実施しており、預かり保育担当で別に先生が来ていました。夏休みも預かり保育をしていましたが、ほとんどの子が登園していたんじゃないかなと思います👀

    娘の通っている幼稚園は預かり保育はありません。フルで仕事をしていないので困ることはありませんが、お迎えまでの時間があっという間!!子どもも体力がまだ有り余っています…😂💦
    めい先生 保育士
    だいたい2時くらいまでが幼稚園時間でしょうか。その後認定こども園や預かりなどしてる場所は夕方まで保育時間があると思います。
    細かいところは園によるので、要確認ですね。
    ゆきな先生 保育士
    お迎えは大体14時ですね!
    その後の延長保育は19時までやっていました!!どんどん人数が減ってそれに合わせてクラスを合体して異年齢を1クラスに、、という感じでしょうか。
    製作などする場合もありますが基本は外遊びや室内でのおもちゃでの遊びやゲームでした!!
    異年齢の関わりも見られますよ!
    延長がだいたいお決まりメンバーになってくるのでそのメンバーで仲良い子がおおいです!
    わい先生 保育士
    幼稚園は2時30まででした。
    そこから17時まで預り保育になります。預り保育の担当の先生がおり、担任が保育することはありませんでした。
    おはぎ先生 保育士
    勤めていた所は14:30がお迎えの時間でした。お預かりのは先生達が当番制でまわしていて、外遊び、おやつ、室内遊びでおもちゃを自由に出していました。保育後の時間は保育の準備や片付けなどもあり大変だったんですが、今では預かり専門の先生がいらっしゃるところが多いようなので良かったです。
    とーち先生 保育士
    息子が通っている園は14時30分から15時30分までの迎え。


    そこからはお預かりになるみたいです。
    預かり保育を利用している園児も結構いるようで、比較的働きやすい環境なのかなと思います。
    のんの先生 保育士
    基本的には9時30から2時半までです。
    幼稚園によっては延長保育があり、園で定められた料金を払い延長保育が可能です。
    うちの子は、バスが遅いので、9時半に迎えに来てもらい、4時半頃に帰ってきます。
    2019年10月より保育料無償化になりました。3歳以上、など他にもいろいろ条件はありますが、とても助かる制度ですね。
    のの先生 保育士
    早朝保育は8時から。通常の登園時間は9時からです。降園時間は14時半。その後お預かり保育は18時まで行っていました。園によってお預かり保育や降園時間は異なりますので、問い合わせた方がいいと思います。
    いちご先生 保育士
    多くの園が14時〜15時には下園ではないでしょうか。もちろん、園によってや下園方法によっても変わるでしょうが。
    預かり保育を実施している園だと、18時頃まで預かってくれますよね。14時とかだと、登園してすぐ帰ってくる感じにはなるので、お母さんもなかなかゆっくりは出来ないですよね(笑)
    りお先生 保育士
    現在、娘の通っている幼稚園は、

    8時から9時 預かり保育1時間200円

    9時から13時50分 通常保育

    13時50分から16時50分 預かり保育1時間200円

    預かり保育を使って働いているママも多いですよ!
    無償化の制度で、就業していれば1日450円までは無料です。

    うちは、働いていませんが、昼間長く出かけた時は、下の子のお昼寝時間確保のために預かり保育を利用しています。
    本人は預かり保育が大好きで、毎日預かりがいい!と言っています💦さすがに毎日はお金もかかるのでやりませんが😅
    ゆか先生 保育士
    下の子が年中の時に仕事復帰したので預かり保育利用していました。
    子どもが通っていた幼稚園は通常保育は14時までですが、そこから最長で19時30分まで延長出来ました。

    復帰一年目は週3~4程度におさめ、仕事の時は19時30分まで預けていました。
    土曜日も長期休暇も利用していました。
    ぺち先生 保育士
    うちの幼稚園は、10時までに登園し、2時半降園でしたが、そこから5時までは預かり保育があり、先生も預かり保育の先生が来てくださっていました。朝は8時半以降ならいつでもきて良い形をとっていたので、仕事がある人は早く登園していました。
    幼稚園によっては預かり保育をやっていないところがあったり、曜日によって降園時間が早かったりするところもあるみたいなので、要確認だと思います。
    はなこ先生 保育士
    園によって違うと思うので確認したほうがいいですし、もしこれから幼稚園を決める方はそういったところも視野に入れて考えるといいと思います!
    大体の園が14時〜14時半くらいに終わって、それ以降は預かり保育です!預かり保育の時間も終わりさまざまです。
    無償化になったので、延長保育も補助がでます!これも住んでいる地域によって違うと思うので確認するといいですね!
    いちぽ先生 保育士
    朝と帰りの預かり保育を除けば、5時間半ですね。
    子どもによって預かりを使えば、さらに長くなります。
    朝は7時半で帰りは6時45分までです。
    ひよひよ先生 保育士
    園によって違いますね!
    幼稚園は、基本、9時から14時ぐらいまでですね。
    私の勤務先の幼稚園は、預かり保育をやっています。なので、預けているお子さんもいました。
    預かり保育は、14時から17時半までです。
    ほとんどの子は17時ごろ帰りますが、仕事しているお母さんは17時半の子もいました。
    基本的に預かり保育は別料金です。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧