てるてる坊主は雪も関係ある?雪だるまモチーフのてるてる坊主の作り方

てるてる坊主は雪も関係ある?雪だるまモチーフのてるてる坊主の作り方

雪の日や晴れの日を願いながら飾ろう

雨が降ることや降らないことを願って飾るてるてる坊主は雪にも関係があるのか、知りたいママもいるでしょう。雪を降らせるためにてるてる坊主を飾りたいと考えることもあるかもしれません。てるてる坊主作りに使える身近なアイテムや、雪だるまモチーフのてるてる坊主の作り方についてご紹介します。

てるてる坊主は雪も関係ある?

雨が降らないように、または雨が降るように願って、子どもとてるてる坊主を作ったことがあるママやパパもいるかもしれません。

てるてる坊主といえば雨ですが、雪が降らないように、または雪が降るように願いながらてるてる坊主を飾ってもよいのでしょうか。

てるてる坊主の由来は、中国から日本に伝わったのが始まりとされています。

中国には、「掃晴娘(せいそうじょう)」と呼ばれる中国の伝説上の人物をモチーフにした人形を、雨が降り続けているときに吊るして、晴れるように願う風習があったようです。

この中国の風習が江戸時代頃に日本に伝わり、「照る照る法師」「照る照る坊主」と呼ばれるようになったと言われています。

てるてる坊主の由来には諸説ありますが、雪も関係するかどうかは定かではないようです。

おまじないとして楽しむてるてる坊主は、作り方や飾り方などに決まりはないため、雪が降らないように、または雪が降るように願いながら、自由に楽しむとよいでしょう。

てるてる坊主作りに使える身近なアイテムと作り方

てるてる坊主作りに使える身近なアイテムと作り方についてご紹介します。

ハンカチや手ぬぐい

ハンカチや手ぬぐいを使っててるてる坊主を作ることができるようです。

正方形のハンカチ、または正方形に折りたたんだ手ぬぐいの中心に、丸めたティッシュや綿を置いて包みます。

ゴムや紐などを使っててるてる坊主の首部分をとめましょう。油性ペンを使って目と口を描きます。目の形をしたシールを貼るのもよいでしょう。

ハンカチや手ぬぐいは、色や柄などデザインが豊富なため、簡単にかわいいてるてる坊主を作ることができるようです。

靴下

靴下 子ども
Lisa-S/Shutterstock.com
子ども用のかわいい柄の靴下を使っててるてる坊主を作ってみましょう。

片方の靴下を丸めて、もう片方の靴下のなかに入れます。てるてる坊主の頭が丸くなるように形を整えましょう。

ゴムや紐を使って、てるてる坊主の首部分をとめます。丸い形のシールを、てるてる坊主の顔に2枚貼って目を作ります。

目と同じシールを半分に切り、目の下に貼って口を作りましょう。

長さの違う靴下を使うと、さまざまなサイズのてるてる坊主を作ることができるようです。

家族に見立ててサイズの違うてるてる坊主を作るのも面白いかもしれませんね。

ビニール袋

家にあるビニール袋を使って、てるてる坊主を簡単に作ることができるようです。ビニール袋に取っ手がある場合は、取っ手部分を切りましょう。

ビニール袋のなかに丸めた新聞紙や折り紙などを入れます。てるてる坊主の首部分をゴムや紐を使ってとめましょう。

長めに切ったPTテープなどをてるてる坊主の大きさに合わせて切り、首に巻くアイテムを用意するとよいでしょう。

ビニール袋の色や、なかに入れるアイテムの色を工夫することによって、カラフルなてるてる坊主を作ることができるようです。

ペンで目や口を描いたり、自由にシールを貼ってデコレーションするのも楽しいでしょう。

雪だるまモチーフのてるてる坊主の作り方

雪だるま
Smit/Shutterstock.com
冬の雰囲気を楽しめるように、雪だるまのようなデザインのてるてる坊主を作りたいと考えるママやパパもいるかもしれません。

雪だるまモチーフのてるてる坊主の作り方をご紹介します。
  1. 白色のフェルトや布を用意して正方形に切る
  2. 1の中心部分に丸めたティッシュや綿を置いて包む
  3. 好きな色のリボンを使っててるてる坊主の首部分をとめる
  4. 丸く切った黒色のフェルトを2枚、半円に切ったものを1枚作る
  5. 接着剤を使って、てるてる坊主の目と口の位置に4をつける
  6. オレンジ色のフェルトや布を小さな三角形になるように切る
  7. 接着剤を使って、てるてる坊主の目と口の間に6を貼る
  8. コーヒーシロップやミルクの小さい空き容器に、ペンを使って好きな色を塗る
  9. 8の縁の部分に接着剤をつけて、てるてる坊主の頭の上に乗せ固定する
ポーションタイプのコーヒーシロップやミルクに使われている、小さい空き容器を帽子に見立てると、より雪だるまらしいてるてる坊主を作ることができるのではないでしょうか。

フェルトを長細く切って、マフラーのようにてるてる坊主の首部分に巻くのもよいかもしれません。

てるてる坊主の体にボタンをつけるのもよいでしょう。アイディア次第で、かわいい雪だるまモチーフのてるてる坊主を作ることができそうですね。

雪を願いながらてるてる坊主を作ってみよう

冬 子ども
XiXinXing/Shutterstock.com
てるてる坊主は、雨だけではなく雪も関係があるのか気になるママやパパもいるかもしれません。

てるてる坊主の飾り方に決まりはないため、雪が降らないように、または雪が降るように願いながら自由に飾るとよいでしょう。

雪を願っててるてる坊主を用意するときに、子どもに「てるてる坊主は雨じゃないの?」などと質問されることがあるかもしれません。

「てるてる坊主は雨を願いながら飾るものだけど、雪を願って飾ってもいいんだよ」と話しながら、子どもといっしょにてるてる坊主作りを楽しめるとよいですね。

2020年02月07日

専門家のコメント
15
    すみっこ先生 保育士
    てるてる坊主は晴れを願っているときに吊るしていましたし、娘たちもそうしています🤔
    逆さに吊るすと「雨が降る」と認識しています😳

    昔から自然と知っていたものなので、由来を考えたことはなかったです😳改めて考えると面白いですね。
    かんな先生 保育士
    遠足や運動会、晴れを願って作りました。記事を見て中国から伝わったのを知りました。

    ちょうど最近香港から来た人と
    てるてる坊主の話をしました。
    香港の人はてるてる坊主を不思議に
    思っていたと言っていました。

    中国は、広いので一般に広まっていないこともあるのでしょうか?

    香港の人が知らなかったのは、
    香港がイギリス領だったことも
    関係しているのかも知れないですね。
    こと先生 保育士
    てるてる坊主の由来は考えてたことなかったので、作るときにこどもたちに伝えるのもおもしろいと思いました😊✨
    わたしの地域では今年は雪が全く降ってないので、雪が降りますように!と作ってみたいです💕
    りお先生 保育士
    てるてる坊主、懐かしい✨✨

    私が子どもの頃はほんとよく作ってました😁

    我が子たちは作らないし、知らないかもしれません💦
    上が男の子なのであまり興味なく😓

    今度、一緒に作ってみようかと思います😁

    まずは、晴れを願って🌞
    のんの先生 保育士
    てるてる坊主の由来を教えながら子供たちとてるてる坊主を作りコミニュケーションをとるのも良いなと思いました。
    私たちは当たり前のように知っているてるてる坊主でも、教わったことのない子供たちは「てるてる坊主って何?」と聞いてきます。
    せおみ先生 保育士
    我が子達も、楽しみにしている日が近づいてくると天気を気にしています。天気予報が雨だとてるてる坊主を大量に作り始める、窓辺に吊り下げています。医学的な根拠はないですが、晴れを願う姿がとても微笑ましいですよね。
    いちぽ先生 保育士
    てるてる坊主は遠足、運動会などの行事の日に雨予報が出ているときに作っていました!
    みんなで晴れますようにと願いを込めて飾っていました。
    雪を願ってもいいんですね。
    今年はまだうちの地域では雪が積もってないので願ってみようかな。
    ゆか先生 保育士
    晴れてほしいときに作っていました。
    子どもたちは運動会前や友達とキャンプにいく前とかですね。

    前に家に帰ったら黒いてるてる坊主が下がっていました。
    えっ?とおもって理由を訪ねたら明日は雨になってほしいからだと言われました。
    わたしは雨が降ってほしいときは逆さにするという認識だったのでビックリしました。

    次女的には晴れは白で作るから雨の場合は反対の黒で作るだそうです。
    面白い発想😄固定概念がないって素晴らしいことだと思いました😆
    ぽんた先生 保育士
    保育園では運動会や遠足の行事の前に、みんなで作って楽しんでいます。わたしが子どものときは、やたらティッシュを使って作って、もったいなかったですが、、、。古布や、宅急便の梱包に入っている資材などを活用してみるといいですよー
    ぺち先生 保育士
    雪の日につくりたいと子どもたちから言われたことはないです。梅雨になると、行事の前などにてるてる坊主を作って、みんなで晴れますようにとお願いしたりしていました。由来など知らせた事なかったので、教えてあげたいと思います。
    のの先生 保育士
    てるてる坊主は雨の時にしか作らなかったです。と言っても長く降り続けたことがないので作る機会もありませんでした。ティッシュで手軽に作れるのでいいですよね。
    のんの先生 保育士
    遠足の前の日や、卒園式の日に「てるてる坊主をつくろう」といって、
    てるてる坊主の絵本の読み聞かせをした後に作っていました。
    意味や由来などは、絵本を使うと子どもたちもわかりやすそうです。
    ろろ先生 保育士
    これまで何気なく子どもたちと作っていましたが、由来を知るとさらに興味関心が持てますね‼
    『おうちの人にお話したらきっとびっくりすると思うよ!!』と伝えればよろこんで記憶し、アウトプットすることができそうですね(*˙﹀˙*)
    ゆきな先生 保育士
    てるてる坊主よく作っていました!!簡単に作れるしリボンなんかもつけると大喜びです!!
    園で遠足前日に新聞紙で遊んだあとそれをゴミ袋に入れゴミ巨大てるてる坊主をつくったこともあります!
    なー先生 保育士
    てるてる坊主を逆さに吊るすと雨が降る、というのを聞いたことがあります。雨を楽しみにしてる時は、敢えて逆さまに吊るすてるてる坊主を作ってみると良いかもしれませんね!
おすすめユーザーのコメント
1
    チーズ
    雪だるまモチーフのてるてる坊主、可愛くていいですね〜〜

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧