赤ちゃんに毛布は必要?綿やポリエステル素材など毛布の選び方

赤ちゃんに毛布は必要?綿やポリエステル素材など毛布の選び方

着るタイプの毛布を使うなど蹴るときの対応

冬が近づくにつれ、赤ちゃんに掛け布団だけでなく毛布は必要なのかや、どのようなものを用意したらよいのか気になるママやパパもいるかもしれません。今回は、綿やポリエステルの素材で赤ちゃんが好きな肌触りなどの毛布の選び方と、着るタイプの毛布を使うなど赤ちゃんが毛布を蹴るときの対応についてご紹介します。

赤ちゃんの毛布は必要?

冬が近づくと、赤ちゃんが寝るときに掛け布団の他に毛布が必要かどうか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。ママたちに赤ちゃんの毛布は必要だったかどうかを聞いてみました。

30代ママ
うちはお昼寝のときや朝晩寒い時期に毛布を使っています。毛布をかけてあげると暖かくて気持ちがよいのかご機嫌になるときが多く、毛布が好きなようです。
30代ママ
毛布が必要かどうかわからず用意していなかったのですが、やはり寝ているときに掛け布団だけでは寒そうなので、毛布が必要かなと思っています。毛布を買うときに、どういう毛布を選んだらよいのか知りたいです。
20代ママ
私の住んでいる地域は、冬でもさほど寒くなく感じず毛布を使わずすごしています。真冬でも、タオルケットと掛け布団で十分です。
赤ちゃんの毛布が必要かどうかは、環境によってもさまざまなようです。他にも、毛布が必要というママのなかからは、赤ちゃんにどのような毛布を選んだらよいのか知りたいとう声が聞かれました。

今回は、赤ちゃんにどのような毛布を選んだらよいのかや、赤ちゃんが寝ているときに毛布を蹴ってしまうときの対応などについてママたちの体験談を踏まえてご紹介します。

赤ちゃんが使う毛布の選び方

毛布
Anton Starikov/Shutterstock.com

赤ちゃんに用意する毛布はどのようなものを選んだらよいのか気になるママもいるようです。ママたちに毛布を選ぶポイントについて聞いてみました。

素材

30代ママ
綿は吸収性がよく、オールシーズン使えそうだったので綿素材の毛布を選び、お昼寝のときにも使っています。綿毛布の肌触りが気に入ったのか赤ちゃんも好きなようです。
30代ママ
季節によって日中でも部屋の中がひんやりすることがあるので、温かそうなポリエステルの毛布を購入しました。ふんわりしているので、毛布をかけてあげたときに心地よさそうです。
汗を吸い取ってくれる綿素材やふんわりして温かいポリエステルの素材を選ぶママもいるようです。また、素材によって肌触りが違うので、実際にお店に行き、触り心地を確かめて選んでいるという声も聞かれました。

サイズ

40代ママ
あまり大きいサイズのものだと赤ちゃんにかけたときに重く感じてしまうかと思い、縦70センチ、横100センチのサイズものを選びました。車でお出かけするときにもちょうどよいサイズだと思います。
毛布を選ぶときにサイズを意識したママもいるようです。寝るときだけでなく、車やベビーカーでの移動のときなど、さまざまなシーンで使いやすいサイズを考えてもよいですね。

お手入れ方法

30代ママ
赤ちゃんの使う毛布は、常に清潔にしたかったので、手軽に家で洗えるのもがよいなと思いました。洗濯表示を見て、家の洗濯機で洗える毛布を選びました。
お手入れ方法を考慮し毛布を選んだママもいるようです。冬でも寝ているときによく汗をかくため、手軽に洗濯できるとママも助かるかもしれません。

赤ちゃんが毛布を蹴るときの対応

赤ちゃんに毛布をかけているときに、蹴ってしまうこともあるのではないでしょうか。ここでは赤ちゃんが毛布を蹴るとき、どういう対応をしているのかママたちに聞いてみました。

着るタイプの毛布を使う

30代ママ
夜寝ているときに毛布を蹴ってしまうことが多くなり、寝冷えが心配になったので、スリーパーを着るようにしています。スリーパーは毛布を着るようなイメージで使え、お尻もすっぽり覆われて温かそうです。
着るタイプの毛布を使って対応をしているママもいるようです。ママのなかからは、着るタイプのスリーパーは比較的デザインがゆったりしているものが多く、寝ているときも動きやすそうに感じたという声も聞かれました。

腹巻やレッグウォーマーを使う

レッグウォーマー
Maria Kovalets/Shutterstock.com
40代ママ
朝晩冷え込むようになってきたので、お腹の冷えが気になり腹巻つきのパジャマを着ることもあります。真冬はレッグウォーマーを使い、足元も温かくしています。
毛布を蹴ってしまうとき、腹巻やレッグウォーマーを使うのもよいかもしれません。赤ちゃんが毛布を蹴ってしまい、寝冷えが気になるときは、腹巻つきのパジャマを着るなどさまざまなアイテムを利用してあげるとママも安心かもしれませんね。

赤ちゃんの毛布を使うときに意識したこと

赤ちゃんの毛布を使うときに意識したことをママたちに聞いてみました。

室内の温度

30代ママ
毛布を蹴ってしまうことを考えて、部屋を暖かくしていましたが、赤ちゃんが寝汗をかいていました。毛布をかけても暑くないか部屋の温度を考え、寝る前は暖房を切って、赤ちゃんが快適に眠れるように考えました。
赤ちゃんが快適に眠ることができるように、室内の温度を意識したママもいるようです。毛布や布団をかけて眠ることを踏まえて、赤ちゃんの様子を見ながら調整できるとよいですね。

季節にあう組みあわせ

20代ママ
春や秋は朝晩冷え込む日もあるので毛布とタオルケットにして、冬は毛布と布団で調整しています。季節によって寝具を使い分けることで快適にすごせるかと思います。
シーズンにあわせて毛布などかけるものを決めるとよいかもしれません。ママのなかからは、重い布団は赤ちゃんが寝てるときに身動きがとれなくなってしまうかと思い、軽めの布団を重ねるように意識したという声もありました。

赤ちゃんの様子を見て毛布を用意しよう

赤ちゃん 毛布
leungchopan/Shutterstock.com

赤ちゃんの毛布は必要かどうかや、必要な場合は選び方が気になるママもいるようです。

毛布を用意するときは、綿やポリエステルなどの素材で赤ちゃんが好きなものやお手入れ方法なども確かめて使いやすいものを選ぶとよいかもしれません。冬など寒い時期に毛布を蹴るときは、着るタイプの毛布を利用しているというママの声もありました。

室内の温度を見ながら、毛布や布団を調整して赤ちゃんが快適にすごせるとよいですね。

2020年01月10日

専門家のコメント
10
    みぃ先生 保育士
    秋冬シーズンは朝晩が寒く毛布を掛けてますが、ずっと掛けていると背中が赤くなってしまうので昼は掛け布団のみにしています。
    毛布は触り心地の良いものを選び、ゴワゴワしてるものは避けています。
    きいちゃん先生 保育士
    ポリエステル素材のものは肌触りがよく、赤ちゃんが心地よく入眠するのに一役買ってくれるイメージがあります。特に汗かきの赤ちゃんの場合には、綿毛布の方が汗も吸ってくれて快適なのかもしれませんね。いずれも洗いやすいサイズのものだと清潔が保てていいですね(^^)
    まいこ先生 保育士
    保育園のお話として…

    毛布は使わないところが多いです◡̈
    乳児はSIDS(乳幼児突然死症候群)防止の1つとして顔にかかっても苦しくないタオルが大半です。

    また、室温と湿度を管理し寒くない環境にしているためそれで十分に寝ています!!保育士も必ず1人はそこにつくので、保育士にとっても寒くない室内環境になっています♪
    ぽんた先生 保育士
    赤ちゃんもさわって気持ちがいいものがあると、喜んでお布団に入ってくれるので、お気に入りがあるといいですねー。ですが、お気に入りすぎると、朝から晩までずるずる引きずって持ち歩く子も。。。それも考えると、小さめで洗い替えもある方が便利ですー。毛布があると、布団に入ったときのひやっと感がないので、寝かしつけに苦労している場合は使うとすんなり寝てくれることもありです。完全に必要とはいわないですが、まああるといいかな。でも、しゃぶしゃぶする子もいるので、あまり、毛が抜けないのがいいですね
    いちぽ先生 保育士
    うちの子はすぐ汗をかいて汗疹ができやすいため、分厚い毛布は使わず肌触りの良いブランケットなどを寒い日は使っています。
    もこもこふわふわで気持ちがよいみたいです。
    ひで先生 保育士
    肌触りが良いものは添い寝やあやす際に保護者側にもメリットありますね。保温性が高い毛学繊維は乾燥し肌荒れの原因となりますので避けてます。
    せおみ先生 保育士
    くっついて寝るので大人と同じ物になっています。ただ、大人より子どもの方が暑がりで汗をかいている時があったので一枚減らしています。赤ちゃんはなにも言わないですが、幼児期になると、気持ち良い素材や暖かい素材がわかってきて喜んでいる使っています。
    はなこ先生 保育士
    昼寝の時は室内が暖かいので厚手のものはかけません。
    夜寝るときは暖房はつけないので、洋服とかけるもので調整しています。
    毛布もあまり厚手のものは怖いので肌触りが良くあまり重くないものにしています!
    赤ちゃんは特に体温が高いので、汗をかいてたりしたら少しかけるもの、着るものを調整していくといいですね♥︎︎∗︎*゚
    ちぃ先生 保育士
    汗もかくので綿毛布のスリーパーを使用しています。お昼寝のときははだざわりのいい毛布をかけて寒くならないように心がけています。
    スリーパーは寝相の悪いうちの子は役に立っています。
    すみっこ先生 保育士
    小さな膝掛けを毛布として使っていました。フワフワで触り心地の良いものを選びました。また、洗濯は細めにして清潔に保つことを心がけました。毛布で防寒するというよりは、室温の調節が大事だと思います。赤ちゃんは体温調節が未熟で、寒さも暑さも言葉では表すことができないので大人が気がつくことが大事ですね✨

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧