ママのヘアスタイルについて。美容院事情や意識していること

ママのヘアスタイルについて。美容院事情や意識していること

子育て中のママたちのヘアスタイル

家事や育児で忙しく、美容院へ行く頻度が少なくなるかもしれないと考え、黒髪にしたほうがよいのかや、どのようなヘアスタイルにしたらよいのかなど悩んでいるママもいるのではないでしょうか。今回は、ママの美容院事情やヘアスタイルで意識していることと、前髪の長さなどママたちのヘアスタイルについてご紹介します。

ママのヘアスタイルで気になること

子どもが小さいうちは、家事や育児などが忙しくなかなか美容院に行かれなかったり、手のかからないヘアスタイルにしたいと考えたりするママもいるかもしれません。ママたちに、ヘアスタイルについて気になることを聞いてみました。

40代ママ
子どもが小さくなかなか美容院へ行くことができません。他のママたちは、どのくらいの頻度で美容院へ行っているのか気になります。
20代ママ
赤ちゃんが生まれてから今度初めて美容院へ行こうと思っています。子育て中のヘアスタイルはどのようなことを意識して決めたらよいのでしょうか。
30代ママ
今はロングヘアなのですが、ショートヘアの方がお手入れが楽なのではないかと思い、どのようなヘアスタイルにしたらよいか悩んでいます。他の方は、どのようなヘアスタイルにしているのか知りたいです。
ママたちに話を聞くと、美容院へ行く頻度やヘアスタイルを決めるときに意識することの他に、他のママたちがどのようなヘアスタイルをしているのか気になる方がいるようです。

そこで今回は、ヘアスタイルについてママたちに話を聞いてみました。

ママの美容院事情

ママたちはどのくらいの頻度で美容院に行き、どのようなメニューでお手入れをしているのでしょう。

美容院へ行く頻度

美容室
iStock.com/TonTectonix
30代ママ
私はショートヘアで1カ月経つとヘアセットがしづらくなるので、月1度は美容院へ行くようにしています。休みの日は夫が子どもたちのお世話をしてくれるので、美容院に行くことがリフレッシュにもなっています。
40代ママ
3カ月に1度の頻度で美容院に行きます。個室のある美容院なので子どもいっしょに連れて行き、私の施術中はおもちゃで遊んだりDVDを見たりしてすごしています。
美容院へ行く頻度は、月1回や数カ月おきなどさまざまなようです。ママのなかには、カラーリングした髪の毛の根本が伸びてきたら行くという声もありました。

美容院で行なうメニュー

20代ママ
赤ちゃんの授乳があり長時間美容院にいることができないので、カットだけお願いしています。美容師さんたちも事情をわかってくれているので、なるべく早く終わるように施術してくれます。
30代ママ
頻繁に美容院へ行くことができないので、日々のお手入れがしやすい髪型になるように、美容師さんに悩みや予算などを相談しながらメニューを決めます。自分でメニューを決めるよりも満足度の高いヘアスタイルになるように感じます。
自分で決めたメニューをお願いする他に、美容師さんと相談して決めるママもいるようです。他には、疲れているときはヘッドスパを行なうというママもいました。

ママがヘアスタイルで意識していること

ママたちにヘアスタイルを決めるとき、どのようなことを意識しているのか聞いてみました。

ヘアセットしやすい髪型

40代ママ
朝は子どもの準備や朝食の支度などで忙しくて自分のヘアセットに時間を使うことができません。ヘアアイロンやドライヤーを使わずに短時間でセットできるヘアスタイルを意識しています。
子育て中のママにとって朝は忙しく、自分のために使える時間は少ないことから短時間でヘアセットができるような髪型であることは、大切なポイントのひとつかもしれません。ママのなかからは、長さだけでなく髪の毛の量は調節してもらうという声も聞かれました。

ダメージケアをする

トリートメント
iStock.com/Anna-Ok
20代ママ
髪のダメージが気になるので、傷んでいる髪を切ってもらいトリートメントをするようにしています。美容院だけでなく自宅でもお手入れができるようにホームケア用のトリートメントも使っています。
髪の毛のダメージケアを意識しているママもいるようです。ママのなかからは、ホームケアの方法などを美容師さんから教えてもらうという声も聞かれました。

トレンドを取り入れる

30代ママ
子育てが忙しくファッション雑誌など見る時間がないので美容院でトレンドを聞いています。ヘアスタイルも流行りを取り入れたいと思い、前髪を短めにしました。
トレンドを取り入れたヘアスタイルで、おしゃれを楽しみたいと考えるママもいるようです。ママのなかからは、パーマやカラーに新しいメニューが出たらチャレンジするという声も聞かれました。

ママたちのヘアスタイル

ママたちに、どのようなヘアスタイルをしているのか聞いてみました。

ショートボブ

20代ママ
今まではロングヘアだったのですが、ショートヘアにしました。髪を短くしたことで髪を洗ったり乾かしたりする時間が短くなり、赤ちゃんといっしょにお風呂に入るとき、赤ちゃんがグズる前にお世話ができるようになりました。
髪の短いショートヘアはお手入れが楽になると感じたママがいるようです。他には、赤ちゃんを抱っこしたとき髪の毛が赤ちゃんにかかる心配がないというママの声もありました。

ミディアム

40代ママ
短めの前髪にAラインを意識したミディアムヘアにしました。髪の毛を頭の後ろで束ねることができるので、料理や掃除をするときはまとめています。
髪の毛が邪魔に感じたときひとつにまとめられるとすっきりしますよね。ママのなかには、自分のなかでミディアムヘアが一番お手入れしやすく感じているという声もありました。

ロング

40代ママ
子育て中は頻繁に美容院に行けないかもしれないと思ったので、黒髪のロングヘアにしています。ロングヘアは寝癖がつきにくく感じます。
美容院へ行く頻度が少なくても、様になるように黒髪のロングヘアにしているママもいるようです。ママのなかからは、ヘアアレンジを楽しむことが息抜きになっているという声も聞かれました。

自分にあったヘアスタイルをみつけよう

ベンチに座るママと赤ちゃん
iStock.com/Satoshi-K

子育て中のママが美容院へ行く頻度や行なうメニューは、ヘアスタイルや子どもの様子などによってさまざまなようです。ヘアスタイルを決めるときは、ヘアセットのしやすさやヘアケアなどを意識するとよいかもしれません。

トレンドを意識した前髪や美容院に行く頻度を考えた黒髪など、ママたちはさまざまなことを考えてヘアスタイルを決めているようです。生活スタイルや自分の好みなどを考えて素敵なヘアスタイルにできるとよいですね。

2019年10月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧