抱っこに使うヒップシートとは。種類や特徴を調査

抱っこに使うヒップシートとは。種類や特徴を調査

いつから使える?抱っこ紐との違いは?

子どもの抱っこを助けるアイテムとして、ヒップシートの購入を検討しているママやパパも多いのではないでしょうか。従来の抱っこ紐と比べ何が違うのかや、いつからいつまで使えるかなど、気になる点もありますよね。ヒップシートの種類や特徴など、購入前に知りたいポイントを調査しました。

ヒップシートが気になる

子どもを抱っこするアイテムとして、ヒップシートが気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。すでに持っている抱っこ紐とは別に、2本目として購入を検討している場合もあるかもしれません。今回はヒップシートの種類や使用期間など、事前に知っておきたいポイントについてご紹介します。

ヒップシートとは

ヒップシートは子どもを抱っこするときに使われる育児グッズです。これまで抱っこ紐やスリングなどのアイテムがありましたが、新しい抱っこスタイルとして最近話題となっているようです。

子どものお尻を乗せる台座がついているのが特徴で、従来の抱っこ紐と比べ安定して抱っこできると言われています。台座部分がポケットになっている商品もあり、収納力があるのも抱っこ紐との大きな違いと言えるでしょう。

ヒップシートの種類

抱っこ
iStock.com/KEN226

ヒップシートにはどのような種類があるのでしょう。特徴とあわせてご紹介します。

抱っこ紐タイプ

従来型の抱っこ紐に台座がついたようなヒップシートは、比較的月齢が低いころから使用できる商品もあるようです。子どもを覆う面積が多い分、安心して使いやすいかもしれません。商品によっては腰ベルトだけを切り離して使える場合もあるので、家や外でのちょい抱きにも便利そうですね。子育て期間中長く使うことを想定しているなら、抱っこ紐タイプを選んでみてはいかがでしょうか。

ショルダー(肩ベルト)タイプ

台座にショルダーバッグのような肩ベルトがついたヒップシートもあるようです。使用時は必ず子どもを支える必要がありますが、抱っこ紐タイプよりかさばらず気楽に装着しやすいかもしれません。子どもがしっかり一人座りしてきてからの使用を考えているなら、ショルダータイプでもよさそうですね。

ウエストポーチ(腰ベルト)タイプ

ウエストポーチのように腰ベルトだけで支えるのが単体タイプのヒップシートで
す。抱っこ紐タイプなどと比べコンパクトに収納できるため、持ち歩きしやすいのが特徴と言われています。使用時は子どもを自分だけで支える必要があるので、子どもがある程度成長してからの方が使いやすいかもしれません。歩き疲れた子どもをすばやく抱っこしたい、状況に応じて子どもの向きを変えたい場合、単体タイプのヒップシートを検討してみてもよいでしょう。

ヒップシートの対象年齢

男の子
iStock.com/KEN226

ヒップシートを購入するなら、いつからいつまで使えるのかも気になるポイントですよね。新生児でも使えるか、3歳まで使えるかなど、使いたいタイミングはご家庭によってさまざまかもしれません。

一般的に腰ベルトのみでヒップシートを使用する場合、縦抱きなら腰が座ってからの使用を勧めている場合が多いようです。横抱きなら首が座ってから使える商品や、抱っこ紐のように新生児シートとの同時使用で生後0カ月から使える商品もありました。2歳や3歳など、いつまで使えるかも商品によってさまざまです。子どもの成長や抱っこの時間を考えながら、対象月齢や年齢を選んでみてはいかがでしょうか。

ヒップシートならではのよさ

従来の抱っこ紐やスリングと比べ、ヒップシートにはどのようなメリットがあるのでしょう。一般的に言われている特徴をご紹介します。

簡単装着でちょい抱きしやすい

子どもが歩いたり走れるようになると、少し抱っこして少しだけ歩く、を繰り返す場合も多いかもしれません。抱っこをせがまれ抱っこ紐などをつけても「おろして」とすぐに言われる場合もあるでしょう。

ヒップシートは抱っこ紐などと比べ装着しやすく、子どものちょい抱きにも対応しやすい特徴があるようです。外出で抱っこ紐を持参するか迷う時期などでは、あると便利かもしれませんね。

横抱きもしやすい

従来型の抱っこ紐は、専用シートがないと横抱きしにくい場合もありますよね。首がすわったら抱っこ紐を使い始めた人も多いのではないでしょうか。ヒップシートは台座がついているため、横抱きをサポートする特徴もあるようです。横抱きで寝かしつけるときや首座り前の抱っこなど、ママやパパの負担を減らしてくれるのはうれしいメリットですね。

子どもを締め付けない

抱っこ紐やスリングを使用中、子どもが苦しくないか、太もも部分の締め付けや股関節への負担など気になる場合もあるかもしれません。ショルダータイプや腰ベルト単体のヒップシートは子どもを締め付けるパーツがなく、それらの心配が解消される場合が多いようです。夏の暑い時期は暑さ対策も必要ですから、締め付けがないぶん親子で涼しく利用できるかもしれませんね。

ヒップシートで快適な抱っこ

抱っこ
iStock.com/itakayuki

ヒップシートには抱っこ紐やスリングとは異なる特徴があるようです。身体的に子どもの抱っこをサポートしてもらえたら、パパやママも抱っこしやすくなるかもしれません。いろいろなタイプや商品があるようなので、いつからいつまで使いたいかなどを考えつつ検討してみてはいかがでしょうか。

2019年08月02日


1

    Y.K
    日本ではあまり馴染みのない商品ですが、海外ではよく使われているようですね。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧