子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年05月03日

クワガタのエサについて。野菜など代用のエサや種類、エサのやり方のポイントなど

クワガタのエサについて。野菜など代用のエサや種類、エサのやり方のポイントなど

クワガタは子どもたちにとって飼ってみたい昆虫のひとつかもしれません。クワガタを飼うことになったとき、どのようなエサをあげればよいのか、気になるママもいるようです。今回の記事では、クワガタのエサの種類、エサの代用になるもの、子どもとのエサやりのエピソードなどを、ママたちの体験談と元にご紹介します。

クワガタのエサは何をあげている?

ママたちに聞くと、子どもが幼稚園や保育園などで飼っているクワガタを目にしたり、昆虫図鑑でクワガタに興味を持ったなどの理由から、家庭でもクワガタを買い始めたという家庭もあるようです。

いざクワガタを飼うことになったとき、どのようなエサをあげればよいのか知りたいママもいるかもしれません。クワガタのエサはどのようなものがあるのか、どのようなエサをあげていたのかママたちに聞いてみました。

昆虫ゼリー

「ホームセンターで昆虫ゼリーを購入してエサにしていました。手軽に購入できるので便利です」(30代ママ)

「子どもがお世話をすることを考えると昆虫ゼリーがあげやすいかなと思い、昆虫ゼリーをあげていました」(30代ママ)

昆虫ゼリーは、蓋を開けて飼育ケースに置くだけでよいので、簡単にクワガタにエサやりができそうです。比較的安い値段で買うことができ、ホームセンターや100円均一ショップなどいろいろな場所で売られているため、手軽に購入することができるようです。

野菜や果物

エサの代用
iStock.com/sommail

「ゼリーがないときに、バナナやすいか、きゅうりなどをゼリーの代用としてあげたことがありました」(30代ママ)

「熟した果物の匂いに寄ってくると聞いたことがあったので、バナナやりんごなどを切ってあげることがありました」(20代ママ)

バナナ、りんご、きゅうり、すいかなどの果物や野菜をクワガタのエサとしてあげたこともあるようです。昆虫ゼリーがないときの代用として果物をあげていたというママの声もありました。果物と野菜の中でもクワガタが好むものとそうでないものがあるようなので、よく調べてからあげられるとよいかもしれません。

手作りのエサ

「黒砂糖に焼酎を混ぜてよく煮詰めたものを、クワガタをとるときのエサとして作ったことがあります」(40代パパ)

「樹液の代わりとして、はちみつを水で少し薄めて脱脂綿に浸したものをケースにいれたことがあります」(30代ママ)

クワガタのエサは手作りであげていたというパパママもいました。砂糖やはちみつを水や焼酎で溶いたものや、つぶしたバナナに焼酎を混ぜたものが、よく知られている手作りのエサのようです。手作りのエサもゼリーがないときの代用と考え、クワガタが何を好むのかを調べてから手作りするとよいかもしれません。

エサを交換するタイミング

エサの交換はどのようにすればよいのでしょうか。エサを交換するタイミングについて、エサの種類別にご紹介します。

昆虫ゼリーの場合

「ゼリーの量が3分の1程度になったら交換するようにしていました。ゼリーが汚れてクワガタが全然食べないようなときも交換していました」(30代ママ)

昆虫ゼリーをあげる場合、ゼリーの残りの量や汚れ方などで判断して交換するとよさそうです。3日に1度、1週間に1度など、期間を決めて交換するのもよいかもしれません。

果物や野菜の場合

エサやり
iStock.com/Floortje

「ゼリーの代用としてバナナをあげたときは、ずっと置いていると匂いがしたり虫がわくこともあるので、一日で交換するようにしていました」(30代ママ)

果物や野菜は生ものなので、飼育ケースに入れたままにしておくと、ケース内の衛生環境が悪くなってしまうこともあるようです。変色や匂いを目安に、早めに交換をするようにするとよいかもしれません。

手作りの場合

「黒糖で作った手作りエサはドロドロしていて飼育ケースが汚れやすかったので、汚れたときは早めに交換していました」(40代パパ)

手作りのエサの場合も、汚れ方などで判断し、こまめに交換するようにしたほうがよさそうです。

エサ台の種類や特徴

エサ台には大きく分けて、木製とプラスチックがあるようです。どのようなものを選べばよいのでしょうか。

木製

クワガタのエサ台には、天然の木で作られたものがあるようです。ゼリーなどのエサがセットできる穴が開いており、クワガタが木によじ登ったりエサを食べているところを見ることができそうです。

エサ台によさそうな丸太を見つけたら、手作りでエサ台を作ってみてもよいかもしれません。どのようなエサ台にするか子どもと相談しながら作るのもよいかもしれませんね。

プラスチック

クワガタのエサ台には、プラスチックでできたものもあるようです。見た目は切り株や丸太に似せたようなデザインをしており、エサを入れる穴があいているようです。プラスチック製のエサ台は、汚れたら気軽に洗うことができるので、子どもでも管理がしやすいかもしれませんね。

子どもとエサやりはどうしてた?

クワガタ
Antonina Potapenko/Shutterstock.com

クワガタを育てるときに、子どもとエサやりをすべきかどうか、悩むママもいるかもしれません。ママたちの体験談をご紹介します。

親子でいっしょに

「うちの子はクワガタに触れなかったので、私が餌やりをしていました。それでもクワガタがエサを食べる様子は気になるようで、遠くから見ていました」(30代ママ)

「子どもが小さかったので、親子でいっしょにエサやりをしていました。エサの蓋を取るのは親がやり、ゼリーを選ぶ作業と、エサ台に乗せる作業は子どもがするようにしていました
」(20代ママ)

まだ自分でエサやりができない小さな月齢の子どもでも、ママやパパといっしょに餌やりをすることで、クワガタに興味を持ったり、クワガタに親しみを持つようです。エサをあげた後は、クワガタがエサを食べる姿を興味津々な様子で見ていたというママの声もありました。

子どもに任せる

「子どもが飼いたいと飼い始めたので、子どもが中心となってエサやりをしていました。エサやりの時間を楽しみにしているようでした」(30代ママ)

子どもが一人でエサやりができる年齢になると、子どもに任せるママもいるようです。子どもが忘れてしまうときなどは、声をかけてあげるなどしてフォローしてあげるとよいかもしれませんね。

子どもといっしょに楽しくエサやりをしよう

クワガタのエサやり
iStock.com/Qwart

クワガタのエサは昆虫ゼリーが一般的なようですが、ゼリーの代用として野菜やバナナ、はちみつ、手作りのエサなどをあげることもあるようです。

クワガタのエサやりは、エサの減り方や衛生面などを考えながら、定期的に交換してあげるとよさそうです。子どもといっしょにクワガタの成長を見守りながら、楽しく育てられるとよいですね。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧