子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

保育園の入園式の服装。0歳、1歳の子どもやパパママが着た服とは

保育園の入園式の服装。0歳、1歳の子どもやパパママが着た服とは

服装について意識したことなど

保育園の入園式にはどのような服装で行けばよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、実際に0歳や1歳の子どもやママパパの服装として選んだ色やカジュアルスーツなど服のタイプ、服装について意識したことなど体験談を交えてご紹介します。

保育園の入園式の服装について

保育園の入園式の内容は園によって異なるようですが、園長先生のあいさつや保育士の紹介、集合写真の撮影などがあり、新入園児の歓迎会のようなアットホームな雰囲気で行われることが多いようです。

保育園の入園式に参加するにあたり、パパやママのなかには自分の服装や子どもの服装について悩むこともあるかもしれません。特に園服など指定の服がない場合の0歳や1歳などの子どもの入園を控えたママからは、服装を考えるときのポイントを知りたいといった声も聞かれました。

実際に、保育園の入園式に用意した服装についてパパやママたちに聞いてみました。

【子ども編】保育園入園式に用意した服装

幼稚園の園児と先生
iStock.com/maroke

0歳、1歳児の入園式の服装については、保育園からの指定が特にない場合や「普段着でよい」とされる場合もあるようです。実際に、ママたちが入園式のときに0歳、1歳児に用意した服装について聞いてみました。

0歳児

「せっかくの入園式なので、フォーマルな雰囲気を出したいと思いました。タキシード風のプリントがされたロンパースを用意すると、息子がいつもと違う雰囲気に見えました」(生後10カ月の男の子のママ)

「保育園の入園式に、少しおめかしして参加したいと思いチュチュスカートのついたロンパースと白タイツを用意しました。春らしい淡いピンクを選ぶと、とてもかわいらしくなりよい記念写真も撮れました」(生後8カ月の女の子のママ)

0歳児の服装として、フォーマル感のあるロンパースなどを用意したママもいるようです。他にも、オムツ替えなどのお世話もあることから、着脱しやすい服装をポイントに服のタイプを選んだというママの声もありました。

1歳児

「シャツとジャケット、ズボンがセットになっているベビースーツを選びました。ジャケットは綿でやわらかくできているタイプを選ぶと、息子も違和感なく着てくれたようでした」(1歳の男の子のママ)

「私は、娘に大きめの襟がついたデザインのブラウスとボレロ、タイツつきスカートを用意しました。落ち着いたデザインにしたことで大人びて見え、入園式らしいフォーマルな雰囲気が出ました」(1歳の女の子のママ)

1歳児の服装として、男の子はスーツ風の服やシャツとズボン、女の子はワンピースやブラウスとスカートなど普段着よりフォーマルな雰囲気の服装を選んだママもいるようでした。

ママのなかには、子どもが歩き回ることを考えて動きやすい服装になるよう意識して選んだという声もありました。

【両親編】保育園入園式に用意した服装

ママパパ赤ちゃん
iStock.com/itakayuki

保育園の入園式に、保護者としてどのような服装を用意すればよいのでしょうか。0歳児と1歳児のパパやママに聞いてみました。

パパ

「子どもを抱っこすることも多いと考えて、カジュアルすぎない普段着で行きました。無地のシャツに綿のジャケット、チノパンという服装を選ぶと、実際に子どもも抱っこしやすく動きやすかったです」(生後9カ月の女の子のパパ)

「保育園の入園式はカジュアルな服装で行くパパも多いと聞きましたが、どのような服を選べばよいのか悩んだのでグレーのスーツで行きました。お祝いの席なので、ネクタイの色を淡いブルーにするなど重たい印象にならないよう意識して小物も選びました」(1歳の男の子のパパ)

保育園の入園式に参加したパパは、スーツやカジュアルすぎない普段着を選んだようでした。

他にも、子どもを抱っこしたときによだれなどで汚れても手入れがしやすい素材の服装を選んだというパパもいました。

ママ

「入園式の前後にオムツ替えなどのお世話をすることも考えて、パンツスーツを用意しました。パンツにしたことで、子どものお世話などでかがんだりしゃがんだりするときにも周りを気にしなくて済みました」(1歳の女の子のママ)

「入園式のとき、うちの子はまだ生後8カ月で授乳が必要だったので、授乳口つきのワンピースを用意しました。実際に、式の前後にも授乳ができたので落ちついて式に出席できたと思います」(生後8カ月の男の子のママ)

0歳、1歳の子どものママのなかには、オムツ替えや授乳などお世話のしやすさを意識した服装を選んだママもいるようでした。

お世話をするときの他、入園式では子ども用の小さな椅子やカーペットの上に座る場合もあるようなので、丈の短いスカートなどは避けたほうがよいかもしれません。

保育園の入園式の服装で意識したこと

保育園の入園式の服装を選ぶときのポイントはあるのでしょうか。パパやママたちに、意識したことを聞いてみました。

保育園の雰囲気にあわせる

「保育園からの入園式の案内のなかに、『保護者の方は華美な服装を避けてください』と指定がありました。それを踏まえて、落ちついた色を意識したシンプルな普段着で参加しました」(1歳の男の子のママ)

入園式の服装を、保育園からの指定や雰囲気にあわせて選んだママもいるようです。特に園からの指定もなく、雰囲気もわからないときは、在園児のいるママ友やご近所さんから話を聞いておくのもよいかもしれません。

家族で服装のテイストを揃える

「子どもにベビースーツを用意したので、パパも私もスーツを着ました。テイストをあわせることで統一感が出て、お祝いらしい写真も残せました」(1歳の男の子のママ)

入園式に参加するとき、家族で服装のテイストを揃えることを意識したママもいるようでした。ママのなかには、パパのネクタイと子どもの蝶ネクタイ、ママのスカーフの色味をあわせてさりげないお揃いコーディネイトを楽しんだという声もありました。

服装も楽しみながら保育園の入園式に参加しよう

スーツのパパとお揃いコーデのママと子ども
iStock.com/maroke

0歳や1歳の子どもと保育園の入園式に参加したパパやママは、服装として落ち着いた色のスーツやカジュアルすぎない普段着を用意したようでした。子どもの服装は、タキシード風ロンパースやワンピースなどを用意しておめかしを楽しむのもよいかもしれません。

保育園の雰囲気や家族での服装の統一感も意識しながら、入園式の服装を選んでみてはいかがでしょうか。

2018年12月23日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事