節分の日はいつ?節分にまつわる意味や由来。家族で楽しむアイディア

節分の日はいつ?節分にまつわる意味や由来。家族で楽しむアイディア

子どもと豆まきや恵方巻きを楽しもう

節分の日に豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりする家庭も多いでしょう。節分とはどういう意味を持っているかや何を由来としているのか、子どもに聞かれた経験があるママやパパもいるかもしれません。今回は、節分の起源をまとめ、家族みんなが楽しめるアイディアを併せてご紹介します。

2月3日は節分の日

節分の日は、「季節を分ける日」を意味しており、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指しているようです。

節分の日はいつなのか、疑問に感じる方もいるかもしれませんが、一般的に節分の日は立春の前日と決まっており、毎年日にちは変わるようです。2020年の節分の日は2月3日の月曜日になります。

節分の日とは

節分の日には豆まきをして恵方巻きを食べると認識しているママやパパも多いでしょう。では、節分にはなぜこのような習慣があるのでしょうか。

節分は、昔、大豆を鬼の目に投げつけて鬼を退治したという話から、「魔の目(魔目)」に豆を投げつけて、「魔を滅する(魔滅)」ことに通じているようです。

昔は季節の変わり目に邪気が入りやすいと考えられ、その大事な日に豆まきなどの悪鬼を払う行事をすることが根付いたようです。

節分の日に行うことや食べるものの由来

節分の日に豆まきをしたり、太巻きを食べることなどにはどのような由来があるのでしょうか。

豆まき

節分
iStock.com/Wako Megumi

豆まきをするとき、「鬼は外、福は内」と言うように、豆まきは鬼を退治する昔の話に基づいています。

また、五穀(コメ・ムギ・アワ・キビ・マメ)の一つである大豆には、「穀霊(こくれい)」が宿るとされており、そのような神聖な豆を鬼の目、すなわち「魔の目」にぶつけることで「魔を滅する」ことができると信じられてきたようです。

節分に使われる豆が炒ったものでなくてはいけないのは、「炒る=射る」ことに通じるから、つまり「豆を炒る」ことで「魔目を射る」と言う意味を持たせています。

恵方巻き

節分の日に恵方巻きを食べる習慣や発症には諸説あるようですが、一般的に恵方巻きは、節分の日に食べると縁起がよいとされている巻き寿司で、その年の恵方を向いてしゃべらずに願い事をしながら1本食べきるとよいといわれています。

恵方巻きの恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん)という神様がいる方位とされていて、その年によって方角が変わります。

その年の一年間は、何かを行う時、恵方を向いて行ったり、恵方に向かって出かけると吉と言われることもあるようです。

柊イワシ

柊イワシは魔除けや厄除けを目的として伝わる風習で、節分に柊イワシを飾る家庭もあるようです。

柊イワシを飾る時期については、小正月の翌日から節分まで飾る場合や節分の日のみ飾るなど違いがあるようで、地域によっては次の節分の季節まで飾っておくこともあるようです。

節分の楽しみ方

節分の日は豆まきをしたり、恵方巻きを食べるという家庭も多いでしょう。少しの工夫で、節分を家族みんなで楽しめる家族行事にしてみてはいかがでしょうか。

鬼のお面を作る

豆まきをする際に、ママやパパが鬼の役をしているという家庭も多いのではないでしょうか。子どもといっしょに鬼のお面を自由に工作してみましょう。豆まきがより楽しいイベントになるかもしれません。

恵方巻を手作りする

節分
iStock.com/Wako Megumi

恵方巻きには子どもが好きな具を入れて、思いっきり丸かぶりしましょう。子どもに合わせた大きさにしたり、飾り巻きにすると、家族みんなが楽しい食卓になりそうです。

ゲームをする

節分を楽しむアイディアとして、ゲームを取り入れるとよいかもしれません。一般的な豆まきだけでなく、豆まきで的当てゲームにしたり、鬼に見立てたトイレットペーパーの芯を玉で転がし倒すと、子どもが喜ぶ楽しいゲームになります。

身近なものを使って簡単に手作りできるので、ママやパパもいっしょにゲームに参加してみましょう。

家族みんなで節分の日を楽しもう

節分
iStock.com/Milatas

節分の日に豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりすることは、子どもが節分とはどのようなものなのかを知るよい機会になるかもしれません。子どもの素朴な疑問に答えられるように、節分の日はいつなのかや節分の起源を知っておくとよいですね。

また、家族で恵方巻きやおもちゃなどをいっしょに手作りすることで、節分がより楽しい行事になりそうです。節分の日を元気よく過ごして、季節を存分に感じることができるとよいですね。

2020年01月20日

専門家のコメント
26
    あーちん先生 保育士
    1月もあっという間に過ぎ去ろうとして、もうすぐ節分ですね!
    保育園では鬼のお面を作って当日は豆まきをしていました。給食も節分の特別メニューでしたよ。

    子どもたちに節分の由来をしっかり伝えて伝統行事を楽しみたいですね!
    ゆか先生 保育士
    去年の節分は由来を説明する代わりに寸劇をして子どもたちに理解してもらいました。
    小さい子もいるなか難しい由来を話されても理解できませんからね。
    劇だとくいついてみてくれていました。
    そのあと豆まきもしました。
    豆の箱は製作の一貫で全員につくってもらいました。
    すみっこ先生 保育士
    園では鬼のお面を作ったり、豆箱を製作して豆まきをしました✨ 家では、娘が小さい頃はパパが鬼になって豆まきをしました。(頼んではいませんが)徹底的に鬼になりきってくれたので、娘が大泣きして大変でした…笑 最近は、恵方巻きを一本自分で作る&豆を食べるだけです😂💕
    きらり先生 保育士
    園から持ち帰ってきたお面と枡を使って家でも豆まきをして楽しみす(^o^)また節分の週の日曜日、近くのお寺で節分行事があるので、必ず参加しています☆本当の節分の豆まきは、鬼は外と言わずに、福はうちばかりを言うみたいですよ☆
    はなこ先生 保育士
    我が家は毎年パパが鬼役に変装して家にやってきます!
    去年はなくの我慢して、一生懸命豆を巻いてました!!

    今年は妹もいるので楽しみです!
    園に通ってる子は鬼のお面作ると思うのでそれを使って出来ると1番いいですよね❣️
    我が家も今年は娘たちと作ってつけて、パパ鬼退治しようかな?!
    ぽん先生 保育士
    わたしは本格的な鬼をします!笑
    怖いものがあるって時には大切な事だと思います。
    年に一回ですが、本格な鬼がくることによって気が引き締まり、怖いことを知っているからこそ優しい気持ちも生まれてくると思います。
    いちご先生 保育士
    我が家には毎年パパ鬼がやってきます(笑)去年は2人とも大泣きで、豆まきどころではありませんでしたが、しばらくは鬼のおかげで大人しかったです(笑)今年は去年より成長もして、どうなるか楽しみです♩(笑)
    のあ先生 保育士
    保育園ではこの時期丁度鬼のお面の制作をしています。
    家では毎年パパが鬼をしてくれて、手作りの豆(新聞紙を丸めたもの)で豆まきをします😉掃除が楽なので💦笑
    そして、巻き寿司を子供と一緒に作ります!楽しい節分になるといいですね( ´͈ ᵕ `͈ )
    ぽんた先生 保育士
    保育園では、節分の、あとに鬼がトラウマになって、保育園行きたくない子が出たこともかつてはありました。。。なので、最近は、鬼がきても、みんなで追い払ったから大丈夫だねーと、しめるようにしているところが多いですねー。
    ゆう先生 保育士
    お子様と一緒に恵方巻きを作ると、お手伝いしたい!という欲求も満たされるので、おすすめです。
    甘い厚焼き卵など通常の具のほか、ウインナーや唐揚げ、チーズといった変わり種もおいしいです。
    おはぎ先生 保育士
    公民館の子育て支援広場で鬼のお面を子どもと作りました。絵本も読んでくださって、支援広場での活動とても助かります。前の園では鬼が先生を連れて行こうとするのを全力でで泣きながら手作りの豆で追い払う‥というものでしたが、今聞くと怖い鬼は少ないみたいですね。泣き虫鬼やワガママ鬼など面白い鬼達が寸劇をしてくれるそうです。
    あゆみ先生 保育士
    幼稚園では園庭に向かってみんなで豆まきをしていました!園長先生が毎年イワシの頭と柊で飾り物を作って下さり、鬼が嫌いなんだよと話してもらうと、子どもたちも興味津々で見ていました。
    保育園では実際に鬼がやってきて、子どもたちは大泣き!お面を作ったり、乳児は誤飲防止のため新聞紙で豆を作ったりして楽しみました。給食も特別メニューで、嬉しそうでした!
    みき先生 保育士
    図書館などで節分に関する優しい絵本などを探して見せてあげるといいかもしれませんね。日本の風習を感じられるイベントですが、たまにリアルな鬼が苦手で泣いてひきつけを起こしてしまう子も、、泣いている姿は可愛いですが、抱っこして参加するなど、その子に合わせた安心できるような対応をしていました。
    みぃ先生 保育士
    現在、鬼のお面を作って豆まきごっこして遊んだり、鬼のパネルシアターを見たりして楽しんでいる子どもたち。遊びの中で行事の由来を学んでいるようです。
    園長が鬼になって皆を脅かしに行き泣いてしまう子もいますが、怖がりながらも豆を頑張って投げている子もいます。
    さと先生 保育士
    保育園で年長クラスを担任したときに子どもたちと鬼のお面を作って被り他クラスを周りました。
    乳児クラス担当は怖くないように優しい顔の鬼にしたり、幼児クラスは怖い顔にしたりと子どもたちで工夫していましたよ。

    最近では室内で豆まきをする際はそうじが楽な落花生を使う北海道式が人気ですね。
    める先生 保育士
    保育園では、節分会を行います!全園児が鬼のお面を作り、節分を楽しみますよ^^ 鬼に投げるのは安全面を考え、本物の豆ではなく、新聞紙を小さく丸めたものを使用します。その後、以上児クラスの子どもたちだけ、本物の豆を拾ったり、食べたりして節分の雰囲気を味わえるようにしていますよ!
    でぶいも先生 保育士
    離乳食も終盤なので、今年は恵方巻きを手づくりして一緒に食べたいなとおもっています。もう少し大きくなったら友だちとホームパーティーを兼ねてみんなで日本の行事を楽しむのも良いなと思います。
    こうじん先生 保育士
    子どもたちが鬼のパンツの歌が大好きで、その流れで節分の説明をペープサートで行いました。 小さいながら、大事な行事である事はわかってくれたようでした。
    なー先生 保育士
    園では恵方巻きを食べたり、その日には節分会をして鬼(に変装した保護者の方)が登場してまめを投げてやっつける行事があります。
    日常では鬼の的当てのようなものを作り、鬼退治の練習を楽しんでしていますよ!
    のんの先生 保育士
    2月3日に、家族みんなで、お菓子やお豆を巻きます。
    こどもたちは毎年楽しみに参加してます!
    豆まきをする前に、豆を入れる袋を作ったり、
    お面をつくったりして楽しんでいます。
    めい先生 保育士
    勤めた保育園では園行事のひとつとして、職員が鬼役に扮して毎年豆まきをしていました。自宅で親子一緒に話題にすると園でも○○したんだよ、などお話ししてくれそうですね。
    ぽんた先生 保育士
    昨日、勤務先の保育園で、サラダ菜が給食にぺろっと、一枚出ました。、うえにポテトサラダが載っていたのですが、どう考えても、そのサラダ菜残しが多そう~。そこで、ポテトサラダをサラダ菜で巻いて、ほーら!恵方巻き♪といってあげたら、結構喜んでノリで食べてくれて大成功でした~
    いちぽ先生 保育士
    保育園や幼稚園に行っていると、節分の由来を教えてくれた行事に組み込まれているのでとても良いですね。
    うちはまだ通ってないので家庭で豆まきをしたいと思います。
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    ご家庭でも鬼のお面を手作りして豆まきを楽しんでみましょう✨
    家庭だと豆そのものを投げるとあとで掃除が大変だったり小さいお子さんやペットがいると心配ですが、スーパーで小袋に入った豆なら大丈夫です。大豆を投げられない公立学童でも、カルディや成城石井で買った小袋を投げて行事を楽しんでいました☺️
    大切なのは、行事に親しみながら楽しむことだと思います🍀
    せんせい 保育士
    由来は難しいですよね☺︎年齢が低くなればなるほど🌞自分たちの中にいる鬼を想像してもらって、それに向かって投げるようにしてます☺︎鬼をお面をつけて、豆まきしてると「何で鬼を退治するのに鬼を頭につけてるの?鬼と鬼が戦うの?」と言われハッとさせられたことがあります☺︎たしかに矛盾してますね🤩さすが天才達
    せおみ先生 保育士
    冬は日本独自の行事が多くなりますね。我が子も園で鬼のお面を、作ってきて遊んだり、豆まきをしてきたようです。自宅では豆まきまではなかなかできないので、園で楽しく経験してきてほしいです。

イベントの関連記事

カテゴリ一覧