子どもの健康トラブルに関する記事を読むなら「KIDSNA」

トラブル

「子どもの健康トラブル」についての記事をまとめたページです。熱中症や食中毒、虫刺されなど、注意しておきたい子どもの健康に関する情報満載。熱中症の原因と症状、食中毒の種類や予防について、梅雨から夏に起きやすい虫トラブルなど、医師監修のもと提供させていただいております。

  • 【小児科医監修】集団保育前に接種しよう。肺炎球菌とヒブワクチンについて

    【小児科医監修】集団保育前に接種しよう。肺炎球菌とヒブワクチンについて

    生後2カ月から定期予防接種が受けられる肺炎球菌感染症とヒブ(Hib)感染症は2歳以下から集団保育を予定する子どもには、感染に注意が必要な病気です。上高田ちば整形外科・小児科副院長の千葉智子先生の監修のもと、ワクチンの同時接種や追加接種のタイミング、副反応について解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【小児科医監修】0歳の赤ちゃんの熱の主な病気と兆候。ホームケアと解熱のポイント

    【小児科医監修】0歳の赤ちゃんの熱の主な病気と兆候。ホームケアと解熱のポイント

    0歳の赤ちゃんが熱を出す理由や考えられる感染症について上高田ちば整形外科小児科副院長の千葉智子先生の監修をもとに解説します。また、0歳の赤ちゃんの発熱の兆候や適したホームケア、解熱剤(熱冷まし)を使う目安、熱が続くけれど赤ちゃんが元気なときの受診の目安についてもご紹介します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【皮膚科医監修】子どもやママのやけど。適切なホームケアと受診の目安

    【皮膚科医監修】子どもやママのやけど。適切なホームケアと受診の目安

    やけど(熱傷)にはレベルがあります。子どもやママがやけどをしたときの、やけどのレベルの見分け方や受診の目安、処置、看護方法や市販薬の選び方などについて皮膚科医、桐谷麻美子先生の監修のもと解説します。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育に関心はあるけれど、教材選びや進め方に迷って実際には取り組めていないママが多いのではないでしょうか?今回は、子どもの学習を研究してきた文理の「幼児ドリル」を用いて、子どもが興味をもち、さらに続けられる教材とはどのようなものなのかをご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 【小児科医監修】子どもに多いマイコプラズマ肺炎とは?症状や登園停止について

    【小児科医監修】子どもに多いマイコプラズマ肺炎とは?症状や登園停止について

    秋から冬にかけて子どもに流行する病気のひとつにマイコプラズマ肺炎があります。病名をきくと「肺炎とつくから大変な病気!」と思うママも多いのではないでしょうか。そこで、マイコプラズマ肺炎の症状や治療方法、さらに子どもがかかった場合、保育園や幼稚園は出席停止になるかになどについて解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】マイコプラズマ肺炎の治療法。安静にするなど看護やホームケア

    【小児科医監修】マイコプラズマ肺炎の治療法。安静にするなど看護やホームケア

    子どもがマイコプラズマ肺炎と診断されたら、通院や薬で治るのか、入院しないと完治できないのか心配に思うママは多いでしょう。マイコプラズマ肺炎の治療法や治るまでの治療期間、安静にするなどのホームケアを解説します。感染者の看護から大人も感染することもある、マイコプラズマ肺炎の看護のポイントもご紹介します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】子どものけいれんとてんかんの関係性。けいれんの原因と対処、後遺症

    【小児科医監修】子どものけいれんとてんかんの関係性。けいれんの原因と対処、後遺症

    子どもが全身を硬直させ、がくがくと震えるけいれん症状を起こすのは、どういった場面でしょうか?またけいれん症状の後遺症の有無、さらにてんかんの可能性を心配するママもいるでしょう。けいれんの原因、熱や病気によるけいれんとてんかんとの見分け方、てんかんと診断されたときの治療や対処方法などを解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】1歳児が40度の高熱に!子どもの熱が下がらない、続くときの対処法

    【小児科医監修】1歳児が40度の高熱に!子どもの熱が下がらない、続くときの対処法

    1歳の子どもが40℃を超すような高熱を出すと驚きますよね。さらに、なかなか熱が下がらなかったりするとママもパパも心配ですよね。1歳児が高熱を出したときに注意すること、看護のポイントや家での対処法を解説します。解熱剤を使うタイミングや熱が続くときの病院への再受診の目安もお伝えします。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】秋に子どもがかかりやすい病気。RSウイルス、気管支喘息など流行りの病気とは

    【小児科医監修】秋に子どもがかかりやすい病気。RSウイルス、気管支喘息など流行りの病気とは

    夏から秋の変わり目は寒暖差や空気の乾燥などから体調を崩しやすい季節でもあります。今回は、秋に子どもがかかることが多い流行りの病気や流行りやすい感染症の症状と潜伏期間、病気にかからないようにするための予防法をご紹介します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【皮膚科医監修】赤ちゃんのあせもの原因や種類別の症状、治療ポイントなど

    【皮膚科医監修】赤ちゃんのあせもの原因や種類別の症状、治療ポイントなど

    赤ちゃんの身体には、あせもができやすい特徴と理由があります。あせもができる原因とあせもの種類別の症状、首、足、腕などできやすい部位や理由をご紹介します。また、あせもをつくらないために、家庭でできる予防対策とあせもの治療のポイント、処方薬やワセリンなどの市販薬について解説します。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 【座談会】幼児教育ってどうしている?ママたちが絶賛する話題の教材とは?!

    【座談会】幼児教育ってどうしている?ママたちが絶賛する話題の教材とは?!

    幼児教育、みんなはどうしているのか気になりますよね。いつ、何から始めたらよいのか悩んでいるママもいるのではないでしょうか。今回は幼児のママに集まってもらい、幼児教育に対する悩みや気になることについて話してもらいました。子どもたちの幼児ドリル体験の感想も併せてご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 【皮膚科医監修】子どものアタマジラミ。原因や症状、流行時期と駆除・対処方法

    【皮膚科医監修】子どものアタマジラミ。原因や症状、流行時期と駆除・対処方法

    アタマジラミは幼児がかかりやすい子どもの感染症です。アタマジラミの感染経路やアタマジラミが増える原因や症状、流行時期などについて解説します。アタマジラミのときには皮膚科、小児科など何科を受診するか、またアタマジラミと診断されたときの登園やプールについて、駆除方法や家庭での対処法もご紹介します。

    加藤円香(恵比寿mamaクリニック)

  • 【小児科医監修】口内炎は何科を受診?口内炎を伴う病気や対策など

    【小児科医監修】口内炎は何科を受診?口内炎を伴う病気や対策など

    子どもに口内炎ができて痛みを訴えたり、なかなか治らないと、原因や、いつよくなるのか気になるものです。手足口病、ヘルパンギーナ、水疱瘡といった口内炎を伴う、子どもがかかりやすい病気を解説します。また、口内炎は市販薬で治るのか、口内炎の症状は何科を受診したらよいのか、口内炎のケアについてもご紹介します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】熱中症と熱射病の違いとは?子どもに出やすい症状や対策

    【小児科医監修】熱中症と熱射病の違いとは?子どもに出やすい症状や対策

    暑い毎日が続き、熱中症対策を気にしているママやパパもいるかと思います。今回は熱中症と熱射病の違い、原因、症状、重症化した症状の熱失神や熱疲労について解説します。また、対処法や室内で熱中症にかかる理由や注意点ついてもご紹介します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【産婦人科医監修】妊婦と冷え性の関係。冷えからくる、腹痛やお腹の張りへの影響や対策

    【産婦人科医監修】妊婦と冷え性の関係。冷えからくる、腹痛やお腹の張りへの影響や対策

    妊娠前は冷えとは縁がなかったのに、妊娠した途端に冷え性になり影響が心配という妊婦さんは少なくありません。妊娠中の冷えの原因や冷えからくる腹痛、お腹の張りといった気になる症状や妊娠中に有効な冷え対策をご紹介します。また妊娠中も熱中症を予防するためエアコンの上手な使い方や注意点を解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    エアコン掃除はどのようにしていますか?フィルターの掃除だけではエアコン内部の汚れやカビを完全にきれいにすることはできません。汚れたままのエアコンで汚い空気を子どもが吸い込むとさまざまな病気になる可能性もあります。内部にたまったカビ汚れまできれいに掃除できるエアコンのクリーニングについて紹介します。

    株式会社カジタク

    PR

  • 【皮膚科医監修】赤ちゃん、子どもの日焼けアフターケア。保湿や薬は有効?

    【皮膚科医監修】赤ちゃん、子どもの日焼けアフターケア。保湿や薬は有効?

    今年の夏は日差しが強く暑い日が続きますね。すでに赤ちゃんや子どもが日焼けしてしまったというママやパパもいるでしょう。日焼け後の肌の黒ずみや湿疹、皮がむけるなどのトラブルにはどのようなアフターケアが有効なのでしょうか。日焼けをしたときの受診の目安や保湿、薬の使用についても解説します。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 【小児科医監修】RSウイルス感染症の治療とは?検査や薬、予防法などについて解説

    【小児科医監修】RSウイルス感染症の治療とは?検査や薬、予防法などについて解説

    赤ちゃんや幼児に多いRSウイルス感染症。流行りの時期や周りの友だちが感染すると、「我が子も感染するかも」と心配になりますよね。RSウイルスの感染経路や、症状、感染期間をご紹介します。また、RSウイルスの検査やワクチン、治療薬の有無、発症から入院に至る可能性と治療法を解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【皮膚科医監修】子どもの水いぼが多い理由と病院での治療や治療後の注意点

    【皮膚科医監修】子どもの水いぼが多い理由と病院での治療や治療後の注意点

    夏に多い子どもの肌トラブルとして知られる水いぼとはどういった原因や症状なのでしょうか。水いぼにかかると気になる病院での治療や漢方、自然治癒について紹介します。また、水いぼはかゆいのか、水いぼを取ったあとは残るのかについても皮膚科医、桐谷麻美子先生に確認してみました。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 【皮膚科医監修】赤ちゃん、子どもの虫刺されで病院は大げさ?受診の目安や処方薬など

    【皮膚科医監修】赤ちゃん、子どもの虫刺されで病院は大げさ?受診の目安や処方薬など

    赤ちゃんや子どもが虫に刺されたとき、病院の受診が頭をよぎることもありますよね。虫刺されで受診なんて大げさだと思うかもしれませんが、症状によっては処方薬を使って治すことが大切です。子どもが刺されやすい虫の種類と特徴的な症状、虫刺されでは何科を受診するのか、受診の目安などをご紹介します。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 【小児科医監修】プール熱は何日で治る?初期症状や出席停止日数などについて

    【小児科医監修】プール熱は何日で治る?初期症状や出席停止日数などについて

    子どもがプール熱にかかると、学校保健安全法にしたがって保育園や幼稚園を何日か休むことになります。プール熱の感染力が強いため、きょうだいが感染すると、園によってはいっしょに休むように言われることもあるようです。プール熱の初期症状や何日で治るか、幼稚園や保育園の出席停止期間は何日間か、などを解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)