子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

生後4ヶ月の寝かしつけ。就寝時間や泣く子の対処法。抱っこやおしゃぶりなどの体験談

生後4ヶ月の寝かしつけ。就寝時間や泣く子の対処法。抱っこやおしゃぶりなどの体験談

生後4ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけはどうしていますか?毎日同じ時間に決めたり、抱っこで寝かしつけたりしても、うまくいかない場合もありますよね。おしゃぶりを使う方法や泣く子どもの対処法など、周りのママたちに生後4ヶ月の寝かしつけ方法について聞いてみました。

生後4ヶ月の寝かしつけはこれが大変

生後4ヶ月ごろの寝かしつけはどのような苦労があるのでしょう。周りのママに話を聞いてみました。

授乳、抱っこの寝かしつけに時間がかかる

「添い乳で寝かしつけをしていました。生後4ヶ月の時期は飲む量も増えてきたのかすぐには寝てくれず、授乳中に何もできないことがつらかったです」(30代ママ)

「抱っこで寝かしつけをしていましたが、とにかく時間がかかりました。20時半頃寝かしつけを始めても、22時をすぎる日もありました。抱っこで家中を歩き回り、寝ない場合は外へ散歩、それでも寝ない日はパパに変わってもらう場合も多かったです」(30代ママ)

新生児から生後3ヶ月までの時期と比べ、授乳量が増えたり起きている時間が長くなったと感じるママは多いようです。寝かしつけに時間がかかり、自分の時間がもてずにつらいという声はたくさんありました。

パパの帰宅で目が覚める

iStock.com/chachamal

「20時くらいに就寝できても、パパが帰ってくる23時ごろには必ず起きていました。生後4ヶ月のころは夜に起きてからしばらくリビングで過ごさないと泣く場合が多かったので、この生活リズムのままで過ごしてよいのか当時は不安でした」(20代ママ)

「授乳をして20時半ごろ寝かしつけても、0時ごろにパパが帰宅する音で目が覚めてしまい大変でした。パパも気をつけてくれているとはわかっていても、子どもが泣くのでついイライラしてしまいました」(30代ママ)

せっかく寝かしつけられても、パパの帰宅で目が覚めてしまう場合も多いようです。寝かしつけに苦労しているなら、子どもの寝る場所を見直してみてもよいかもしれません。子どもとママだけではなく、パパも気持ちよく過ごせる環境作りができるとよいですね。

就寝時間にバラつきがある

「決まった時間に寝かしつけを始めても、子どもが寝る時間にバラつきがあり悩んでいました。どこまで気にしてよいかわからず『とにかく寝て欲しい』と思っていました」(30代ママ)

「生後4ヶ月の時期は産後崩していた体調も回復し、家事と育児の両立を目指していました。家事を優先すると子どもを寝かしつける時間が遅くなる日もあり、どうしたらよいか悩んでいました」(20代ママ)

寝かしつける時間と実際に子どもが寝る時間、いつも同じ時間にできず悩む声もありました。生活リズムを整えたいと思っても、思い通りにいかない場合も多いようです。

【ママたち実践】生後4ヶ月の寝かしつけ方法

生後4ヶ月の寝かしつけはどのようにすればよりスムーズにできるのでしょう。周りのママたちが実践した寝かしつけ方法をご紹介します。

子どもといっしょに外出

「生後4ヶ月ごろはできるだけ散歩に出るよう意識しました。私の気分転換にもなるし、子どもも程よく疲れるのか、外に出た日の方が寝かしつけの時間も短かったです」(30代ママ)

「生後4ヶ月前後のときは外に出ないと寝ない時期があり、パパといっしょに夜は散歩に行きました。家の中で泣く子どもの相手をするのも大変でしたが、今となってはよい思い出です」(30代ママ)

日中は子どもと外出を楽しんだり、寝かしつけの一つとして散歩へ出る場合は多いようです。子どもをずっと腕で抱っこしているのは大変かもしれません。抱っこ紐やベビーカーを利用しながら、ママやパパの負担を少しでも減らして外出できるとよいですね。

おしゃぶりを使用

iStock.com/Nerthuz

「生後3ヶ月から生後4ヶ月にかけて、寝かしつけにはおしゃぶりを使っていました。添い乳しつつ、子どもが眠そうにしたらその姿勢のままおしゃぶりに変更。変わったことに気がついてはいるようでしたが、そのまま寝てくれました」(30代ママ)

「寝かしつけの授乳がつらかったので、夜だけおしゃぶりを使っていました。抱っこしたまま歩いて、眠そうになったらベッドに移してお腹をトントンし、完全に眠ってしまう前におしゃぶりを外していました」(20代ママ)

おしゃぶりを使った寝かしつけをしたママもいるようです。「試したけれどおしゃぶりはくわえなかった」という声もありましたが、使い方や子どもによってはおしゃぶりをすると気持ちが落ち着くのかもしれませんね。

授乳方法の見直し

「寝かしつけのときにミルクと母乳をあげていましたが、夜中の頻回授乳がつらく生後4ヶ月のときにミルクの量を増やしました。母乳を飲む時間が短くなり、朝までぐっすり寝るようになりました」(20代ママ)

「ミルクと母乳の混合育児をしていました。母乳量が安定してきたのか、日中ミルクを飲む機会が減ったので思い切って寝かしつけ前のミルクもやめました。作る手間も省けたのでよかったです」(30代ママ)

寝かしつけの授乳方法を見直すことで、就寝前の時間を短くできる場合もあるようです。授乳がつらいと思ったら、適切な方法を探してみてもよさそうですね。

寝かしつけとどう向き合う?

生後4ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけに、ママたちはどう向き合っているのでしょう。

理想を求めすぎない

子どもは〇時に寝て欲しい、〇〇したら寝る合図とわかってほしい、など、いろいろと理想はありますよね。でもママたちに話を聞くと「思い通りに行かなくても仕方ない」と割り切っている場合もあるようです。ママと子どもが笑顔で過ごせるよう、理想を求めすぎない努力も必要かもしれません。

パパや家族を頼る

寝かしつけをママ一人だけで行ってはいませんか?ママが寝かしつけしたほうが子どもが落ち着きやすいのかもしれませんが、ママ一人では心身ともに疲れてしまう場合もあるでしょう。パパや家族を頼りながら、協力しあって赤ちゃんの寝かしつけができるとよいですね。

生後4ヶ月、今しかできない育児を楽しもう

iStock.com/Yagi-Studio

周りのママに話を聞くと、生後4ヶ月の子どもの寝かしつけに苦労していたご家庭は多いようです。抱っこをして散歩にでたり、おしゃぶりを使ったりしながら、子どもが泣く場合も上手に対応している様子がうかがえました。ママの負担が大きくなりすぎないよう、パパと相談しながらスムーズな寝かしつけ方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

2018年06月29日

しつけの関連記事
カテゴリ一覧