子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年02月15日

男の子や女の子にも人気の習い事、幼児から始められるギター教室の選び方

男の子や女の子にも人気の習い事、幼児から始められるギター教室の選び方

ギター教室は幼児期から男の子や女の子問わず習うことができ、音が楽しめる人気の習い事のようです。子ども向けギター教室はいつから通えるのか、時間帯、メリット、親の送迎の有無などの選び方をご紹介します。

ギターの習い事を始めるきっかけ

子どもの習い事としてギター教室へ通い始めるきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。

テレビや生演奏を見て

子どもにギターを習わせたいと考えるきっかけに、テレビや生ライブなどでギターの演奏を見て興味が湧き、子どもから習いたいと言い出す場合もあるようです。

人とちがった習い事

保育園や幼稚園、これからの小学校生活で触れる鍵盤楽器ではなく、習う機会の少ない楽器を習いたいと考えて、ギターを子どもの習い事にしようと思う人もいるようです。

ギターの習い事は何歳から?

ギターは何歳から
eggeegg/Shutterstock.com

ギター教室にはいつから通うことができるのでしょうか。

小学生からスタート

ギターを弾くためには一定の手の大きさが必要とされていて、男の子や女の子問わず小学生を対象にしている教室があります。小学生の低学年にはサイズの小さいギターが用意される場合が多く、体の成長に合わせてギターのサイズを変更できるようになっているようです。

幼児向け教室も

小さいサイズの子ども向けギターを使用すれば、幼児でもギターを弾くことができるようです。体験レッスンを行う教室もあるようなので、幼児向けのギターのサイズ感を一度体験してみてはいかがでしょうか。幼児向けの教室では簡単な曲、親しみのある曲からスタートする場合が多く、子どもも興味を持って始められるようです。

ギター教室に行ってよかった点、メリット

子どもをギターの習い事へ通わせてみて良かった点には、どのようなことがあるのでしょうか。

音楽への関心が高まる

ギターはさまざまな音楽に使われている楽器なので、普段聞く音楽にも興味が高まり、子どもの関心が広がることもメリットかもしれません。子どもがギターを習い始めてから、経験が長くなるにつれ、曲を聴くだけでどのコードを弾いているのかわかるようになったというママの声もありました。より音楽への関心が強くなる子もいるかもしれません。

人前で演奏する経験ができる

多くのギター教室が年に数回発表会を開催しているようです。人前でギターを発表することにより、緊張感や達成感を経験できるのではないでしょうか。

ギター教室の費用

ギター教室
MIA Studio/Shutterstock.com

子どもの習い事としてギター教室を考えた際の費用や、その他必要になるお金はいくらくらいなのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

ギター教室の月謝

ギター教室の費用には、月謝制と時間制があるようです。月謝制の教室ではグループレッスンと個人レッスンが設定されている場合があり、地域や教室によっても差がありますが、グループ制で月4回7000円~12000円、個人レッスン制で10000円~15000円くらいのようです。1時間のレッスンで1回ごとにレッスン料を支払う時間制の教室に通っているというママの声もありました。

その他の費用

ギター代が必要ですがたくさんの種類があるので、どれを購入するかはギターの習い事がある程度続いてから先生にアドバイスしてもらうのがよいかもしれません。それまでギターを貸し出してくれる教室もあるようです。

その他の費用として、1000円~3000円程度の教材楽譜が必要な教室もあります。

教室の選び方

ギター教室の選び方のポイントには、どのような点があるのでしょうか?

送迎のしやすさ

全国的に展開しているギター教室は、駅から近かったり商業施設に併設した教室もあり、この場合は送迎がしやすく、授業が終わるまでの間待っていることもできて便利というママの声がありました。個人レッスンなら家が近いなど、送迎のしやすさも選び方のポイントではないでしょうか。

時間帯と週末の活用

ギター教室は1時間程度のレッスン時間が平均的です。レッスン開始時間は、幼児や小学生を対象としたクラスであれば、幼稚園や学校が終わる昼すぎから夕方の時間帯にかけてが多いようです。週末には定期的に発表会を行う教室や、レッスン時間を設けるギター教室もあるようなので調べてみるとよいでしょう。

続かないときの解決法

子どもがギター教室を嫌がり、続かない場合の解決法をご紹介します。

嫌がる理由を探る

ギター教室を辞めたいと子どもが言い出した場合、まずは理由を子どもの口から聞くことが大切なのではないでしょうか。習い事を続けるうちに自分には合わないと感じる場合もあるので、理由を探り、話し合いをすることが解決法のひとつかもしれません。

辞めるタイミング

辞めたい理由がわかっていても、辞めるタイミングをしっかり考えることが子どものためにもよいでしょう。辞める時期を子どもと話し合った上で決め、最後までやりきる経験も子どもにとって貴重ではないでしょうか。

男女問わず長く続けられる習い事

ギター教室
JpegPhotographer/Shutterstock.com

男の子や女の子関係なく始めることのできるギターは、幼児期から始めることもでき、長期間にわたり続けることのできる習い事のひとつかもしれません。いつから始めるのか、子どもの年齢に応じたギターが用意されているか、レッスン時間の長さや、親の送迎の有無、続かない場合の対応法など、メリットなどもしっかり踏まえてギター教室を検討してみてはいかがでしょうか。

習い事の関連記事
カテゴリ一覧