子どものスポーツの習い事は?親子の関わり方やウェア・グッズ選びについて

子どものスポーツの習い事は?親子の関わり方やウェア・グッズ選びについて

幼児の頃から子どもにスポーツに取り組んでもらいたいというママやパパがいるかもしれません。スポーツの習い事の種類や身につけられることが気になる方もいるでしょう。今回は、子どものスポーツの習い事の種類や子どものスポーツウェアやスポーツ用品の選び方、ママやパパの子どものスポーツとの関わり方についてまとめました。

子どものスポーツの習い事の種類

子どものスポーツの習い事にはどのようなものがあるのでしょうか。人気のある子どもスポーツの習い事をまとめました。

水泳

iStock.com/flyingv43
iStock.com/flyingv43
水泳の習い事は、男女問わず人気が高いようです。水泳は、水圧のかかる水の中で全身を動かすことにより、丈夫なからだ作りや体力向上につながります。幼児の頃から水泳をはじめることで、幼稚園や小学校の水泳の時間で少しでも楽しく泳げるようになってもらいたいというママの声がありました。

野球・サッカー

野球やサッカーなどの習い事は、男の子に人気があるようです。チームプレイのスポーツは、協調性や積極性などを学ぶことができるという声もありました。仲間と練習や試合を共に頑張ることで、精神力や忍耐力、仲間を信頼する気持ちが育っていってほしいと願う保護者もいました。

野球は軟式と硬式がありますが、幼稚園や小学校から習い始める場合は軟式野球が多いそうです。

テニス

iStock.com/Hakase
iStock.com/Hakase
テニスは年齢が大きくなってからも男女問わず人気がある習い事のようです。テニスをはじめるきっかけは、家族がテニス経験者であったり、近くにテニス教室があったりという理由が多いかもしれません。

テニス教室は、未就園児の2歳頃から通える幼児クラスがあるところや保護者同伴で親子で一緒にテニスを習えるところもあるようです。また、テニスはフォームやボールコントロールなどから全身の筋肉を鍛えられ、体力をつけられるでしょう。

体操

体操は、バランス感覚や柔軟性が身につき、表現力が豊かになることが期待されているようです。また、体操で運動神経の基礎がつくられるともいわれています。子どもが体操教室に通っているママの中からは、挑戦する気持ちや達成感、できなかったときの悔しさを持てるようになったという声がありました。

バレエ・ダンス

女の子に人気があるバレエやダンスは、全身の筋肉を使うので体幹が鍛えられ、美しい姿勢やバランス感覚が身につきます。また、演技力や表現力を磨くことができるでしょう。

音楽に合わせて全身運動をする動きによって、筋肉を鍛えられるだけでなく、振付や表情などからリズム感や表現力が豊かになる点も魅力ではないでしょうか。

ダンスには、さまざまなジャンルがあり、中にはチアダンスやフラダンスが学べるところもあるようです。

ママやパパの子どもへの関わりとサポート

習い事の他に、ママやパパたちは子どものスポーツとどのように関わりながらサポートをしているのでしょうか。

いっしょにスポーツを楽しむ

地域や学校のイベントの中には、スポーツ大会が開催されるところもあるようです。思い出作りや周囲の人とのコミュニケーションにつながりそうです。からだを動かすことやチームプレーを子どもと一緒に楽しめたら嬉しいですね。

スポーツ大会は、屋外や屋内で開催されるものなどさまざまな内容があります。普段から地域の広報誌やチラシ、学校からの手紙などでからだを動かすイベントをチェックしておくと、子どもに声をかけやすいかもしれません。

健康的な食事を用意する

スポーツをしている子どもの食事は、元気にからだを動かせるように健康的な食事を心がけて用意するとよいかもしれません。怪我なくスポーツをするためには、健康なからだ作りが必要です。主食と主菜、副菜などの栄養バランスのよい食事を心がけ、食事面から子どものスポーツを応援しましょう。

子どもに必要な栄養素が豊富な食事は、スポーツをする上で大切なからだの基礎を作ります。スポーツをしている子どものママからは、一生懸命練習してきた努力の成果を最大限に発揮できるように試合前の食事には、生ものや脂が多そうなものを避けるようにしているという声も聞かれました。

また、食事内容や食事時間の他に子どもの好きなメニューを取り入れれば、子どもが喜んでくれるかもしれませんね。

子どものスポーツウェアの選び方や購入場所

子どものスポーツウェアを用意するとき、どのようなことをポイントに選べばよいのでしょうか。ママやパパの体験談をもとに子どものスポーツウェアの選び方についてまとめました。

サイズ

スポーツウェアを用意するときのポイントは、子どものからだに合うサイズを選ぶことが大切です。場合によっては子どもが成長することを考えて、大きいサイズを選ぶこともあるかもしれません。ですが、ぶかぶかのものや丈が長いものは、見栄えがよくないだけでなく動きにくかったり、裾を踏んで転倒しやすかったりするので注意しましょう。

スポーツウェアはジャストサイズを選ぶと、動きやすくてよいかもしれません。ママの中からは、半袖や半ズボンの場合は少し丈が長くても動きにくくならないと考え、1サイズ大きいものを選んだという声も聞かれました。

素材

iStock.com/Ivan_Neru
iStock.com/Ivan_Neru
子どものスポーツウェアを用意するとき、素材選びも大切です。スポーツウェアは、運動して汗をかくことを考えて乾きやすいものがよいでしょう。速乾性のある素材を選べば、汗をかいてもべたつきにくく、快適に過ごしやすいようです。

他にも、伸縮性のある素材を選べば窮屈さを感じず、動きやすいでしょう。また、着心地のよさもスポーツ中に快適に過ごすために重要なポイントかもしれません。スポーツウェアを購入するときは、実際に試着して素材の肌当たりや着心地を確認しましょう。

季節

子どものスポーツウェアを選ぶとき、季節に合わせたものを用意しているというママの声も聞かれました。夏用は半袖とハーフパンツ、冬用に長袖と長ズボン、必要に合わせて長袖の上着の組み合わせが多いようです。春や秋は、暑くなったり、肌寒かったりすることも考えて、薄手の長袖や五分丈のトップスを用意するのもよいかもしれません。

また、季節を問わず運動中は体温が変化しやすいため、いつでも脱いだり着たりができるように上着を準備しておくのもよさそうです。運動中に子どもが過ごしやすいように季節だけでなく、気温や天候を考えてスポーツウェアを選びましょう。

購入場所

iStock.com/baona
iStock.com/baona
子どものスポーツウェアの購入場所は、アイテムや家庭の都合によってさまざまなようです。デパートの子ども服売り場、スポーツ用品専門店、量販店など、アイテムや予算、アクセスのしやすさなど家庭の都合に合った場所で購入しましょう。

デパートやスポーツ用品専門店などは、有名なスポーツメーカーや人気のあるブランドアイテムが豊富なようです。価格帯は高めですが、機能性やデザイン性に優れたものが多いところが特徴です。また、スポーツウェアに関する知識が豊富な販売員の方に接客してもらえることもあるかもしれません。

少し予算が高くなってしまっても、より理想に近いものを購入したい場合は、デパートやスポーツ用品専門店での購入を検討してみるとよいでしょう。

子どものスポーツウェアを量販店で購入するメリットは、比較的低価格の商品が多いところかもしれません。複数枚揃えたいときや行事で使う場合など着る頻度が低いときは、量販店で購入するのもよさそうです。

また、お店に買いに行く時間がとれないときには、インターネットで購入するのもよさそうです。いつでもどこでも買い物でき、さまざまな種類を一覧で比較しやすい特徴があります。ですが、試着ができないためサイズや素材などをよく確認して利用しましょう。

子どものスポーツ用品の選び方

子どもがスポーツするとき、スポーツウェアの他にスポーツサンダルやスポーツメガネなどのスポーツ用品が必要なシーンもあるかもしれません。スポーツサンダルやスポーツメガネの選び方についてご紹介します。

スポーツサンダル

スポーツサンダルは、主にアウトドア向けに作られたサンダルのことです。スポーツシーンの中でも、水辺でのスポーツをするときに履く機会があるようです。夏やプール教室に行くなどに履いていくのもよいかもしれません。

子ども用のスポーツサンダルは、機能面や履き心地を重視して選ぶとよさそうです。ママのなかからは、子どもが自分で履きやすいか、ベルトやマジックテープの使いやすさ、クッション性や素材のやわらかさなど足へのやさしさを基準に選んでいるという声が聞かれました。

スポーツメガネ

スポーツをしているとメガネが動いて運動に集中できないこともあるでしょう。特にボールがメガネにぶつかる危険性のある球技をするときは、メガネを外す場合もあるようです。だからといってメガネを外すと、周囲が見えづらいというデメリットもあります。

スポーツに集中しやすいようにスポーツメガネの購入を検討してみるとよいかもしれません。スポーツメガネは、主にゴーグルタイプとスポーツ専用メガネの2種類に分かれるようです。ゴーグルタイプのメガネは、目にしっかりフィットするようベルトがついています。スポーツ中にズレを感じにくく、激しいスポーツをする際にも適しているかもしれません。スポーツ専用メガネは、スポーツの特徴に応じた機能が備わっている高性能ものもあります。

また、通常の眼鏡のような形をしながら、強度の高い特殊な素材で作られているタイプもあるようです。子どもがしているスポーツに合う機能性、掛け心地やデザインなどをポイントに選びましょう。

子どもが好きなスポーツを応援しよう

iStock.com/eggeeggjiew
iStock.com/eggeeggjiew
子どもは幼児の頃からさまざまなスポーツを体験する機会があるでしょう。運動をすることで、からだが鍛えられ体力向上につながります。また、挑戦する気持ちや達成感を得られるでしょう。チームプレイのスポーツでは、協調性や積極性を育めそうです。

子どもが興味があるスポーツがわからない場合、積極的に地域や学校のスポーツイベントに参加したり、スポーツの習い事教室の体験に行ったりしてみるのもよいかもしれません。子どもが好きなスポーツを見つけたときは、スポーツに熱中できる環境を整えたり、食事面に気を使ったりなどして応援しましょう。

2021年01月21日

習い事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ