【KIDSNA編集長×ママ座談会】子どもの“ひらめき”を育むために、親としてできること

【KIDSNA編集長×ママ座談会】子どもの“ひらめき”を育むために、親としてできること

子どもの好奇心は学びを広げる原動力になりますが、これからの時代はその好奇心をカタチにする力が必要です。どんなに素晴らしいアイディアも、実現できなければアイディア止まり…。カタチにすることで、はじめて価値が生まれます。そこで今回「ひらめきをカタチに」をテーマにKIDSNA編集長×ママ座談会を実施。子どもの好奇心を伸ばす方法、それをカタチにするための思考力についてトークしました。

[PR] e-Craftシリーズ embot(エムボット)

KIDSNA編集長が考える、これからの時代に必要な力

グローバル化やIT化が進み、自分が子どもだった時代と今とでは、求められる能力も変化しています。

ーーこれからの時代、どんな力がより必要になるのでしょうか?
ドコモ
子育てメディアKIDSNA編集長加藤
KIDSNA編集長加藤
わたしたちが子どもの頃は、暗記型の教育が主流でしたが、ここ20年くらいで、『非認知能力(=好奇心、やりぬく力、コミュニケーション力など)』も一緒に育んでいくことが必要という考え方が浸透してきました。

なかでも『これなんだろう?』『やってみたい!』『もっと知りたい!』という好奇心は、学びを広げる大きなきっかけになります。

『やってみたい!』をカタチにできると、それが自信となり、さらに成長できますよね。そのためには、やはり『考える』が必要だと思います。

「考える力」はどう身に付けるか

ーーでは、「考える力」はどう身に付ければよいのでしょうか。
ドコモ
左からKIDSNA編集長加藤、仲野さん(10歳女の子のママ)、野田さん(8歳男の子のママ)
仲野さん
『自分で考えなさい!』みたいなことって、つい言ってしまいがちだけど、考えるって漠然としていて難しいですよね。
野田さん
わかります。つかみどころがないというか。考える方法を学んだことってないですもんね。
KIDSNA編集長加藤
そうですよね。人によって考える力の定義はさまざまですが、個人的には、『何か疑問や課題を見つけたときに、自分なりに状況を分析して、進むべき道を自分で決める力』のように捉えています。

でも理屈はわかっても、じゃあ親として何ができるの?と聞かれたら困ってしまいますよね。
ドコモ
仲野さん
できればお勉強のような形ではなく、楽しみながら身に着けてほしいです。
野田さん
そうじゃないと続かないですもんね。考える力といえば、去年から小学校でプログラミング教育がスタートしましたよね。
KIDSNA編集長加藤
プログラミング教育は、まさに「論理的に考える力」を育むことが主な目的とされていますね。ちなみに皆さんはどのように取り組んでいますか?
仲野さん
図書館でプログラミングの本を借りて、子どもといっしょに少し勉強してみたのですが、難しくてそっとページを閉じました(笑)。
ドコモ
野田さん
わたしたちはプログラミングを習ってきてないので、子どもにどう教えればよいか戸惑いますよね。
KIDSNA編集長加藤
子どもにどうやって教えればいいかわからない…という声は、ママたちからよく聞きますね。
近年ではさまざまなプログラミングのおもちゃやサービスが登場していますが、今回は工作とプログラミングを掛け合わせた、ユニークなプログラミング教育ロボットembot(エムボット)をご紹介します。

工作×プログラミング?「embot」でものづくりにチャレンジ

ドコモ
embot(エムボット)は、ダンボールなどの身近な素材で組み立てて、プログラミングで動かすロボット。 付属のダンボールを使い、切り取る、折る、差し込むといった簡単な行程で組み立てることができます。
遊ぶほどプログラミングが楽しくなる!
embot(エムボット)

実際に親子でembot(エムボット)を体験してもらいました。

ドコモ
ダンボールの印に沿ってくりぬいて、折って、差しこんで
ドコモ
つないだモーターをはめ込みながらロボットのパーツを組み立てれば、
ドコモ
基本のロボットの完成!
ドコモ
完成したロボットにembotアプリを接続すると…
ドコモ
アプリで自分がつくった指示にあわせてロボットが動くよ!
ドコモ
「バイバイ」もできちゃう!
付属のダンボールに限らず、紙コップや空き箱、牛乳パックなどの身近な素材を使って、自分だけのオリジナルロボットを作れるembot(エムボット)。

工夫次第でいろいろなロボットを作ることでき、アイデアをカタチにしやすいところが特徴です。

プログラミングのレベルは全部で5段階あり、徐々にレベルアップできるから、やる気が続きやすいのも魅力。
まずはアプリを無料ダウンロード!
ひらめき次第でつくれる作品は無限大!ユーザー向けサイトembottersでは、どんなプログラムがつくれるのかをチェックできます。
作り方は無限大!楽しい参考動画はコチラ

遊べば遊ぶほど、プログラミングに夢中に

ドコモ
仲野さん
親子で一緒に楽しめるところがいいですね。はじめてで、ここまでできると思わなかったです。
野田さん
お子さんすごい集中してましたよね!うちは、子どもより私の方が夢中になってしまいました(笑)。
KIDSNA編集長加藤
それぞれ個性が出てましたよね!こういうのって意外とパパが得意だったりするので、パパと子どものコミュニケーションツールとしてもいいかもしれないと思いました。
野田さん
たしかに…!
KIDSNA編集長加藤
パソコンやアプリで完結するのではなく、目の前でリアルに動くロボットを観察しながら学ぶことで、よりプログラミングの理解も深まりそうです。
プログラミング教育は、プログラミング技術を身に付けることが目的ではなく、生涯にわたってやりたいことを実現していく力を育てるためのひとつのツール。

プログラミング的思考があれば、目的に向かって物事の道すじや解決法を導き出すことができます。

プログラミング的思考を身に付けられる、ものづくりプログラミングサービスembot、ぜひ親子で体験してみてはいかがでしょうか。
子どもの“ひらめき”をカタチに!
embot(エムボット)

2021年03月17日

アンケート

「embot」について

Q1. 「embot」はご存知でしたか?
Q2. 「embot」のどのような点に魅力を感じましたか?
Q3. 記事を読んで「embot」を使ってみたいと思いましたか?
Q4. その他今回の記事を読んだ感想や、商品に関するご意見などお聞かせください (任意)
ご回答いただきありがとうございます!

関連記事

  • 「語彙力」が高いとは、多くの言葉を知っている状態を連想しますが、実はそれだけではなく、知っている言葉を適切に使う力も含まれている言葉です。よく本を読む人は語彙力が高いイメージがありますが、その他にも語彙力を高める方法はあるのでしょうか。また、語彙力が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

  • 昨今、重要性が叫ばれている家庭での性教育。子どもが疑問を持ち始めた頃が始めどきとはいえ、保護者自身も学校で十分に教わっていないことから、どう教えたらよいか悩む方も多くいるのではないでしょうか。幼児期に性教育が必要な理由から子どもへの性の伝え方、性犯罪から子どもを守る防犯対策までをまとめました。

  • 1990年代後半に生まれ、スマートフォンやSNSが当たり前にある中で育ったソーシャルネイティブである「Z世代」。今回は、そんな多方面で活躍するZ世代の10人へ、これまでに取材した記事をまとめました。彼らが育ってきた環境やマインドセットから、我が子への接し方や子育てのヒントを見つけてみては。

  • ゆっくりと過ごす時間のある冬休みを使って、子どもにドリルをやらせたいと考えるママ・パパもいることでしょう。今回は、小学校の科目とは違う、子どもが遊び感覚で取り組めるような8つのドリルを紹介します。楽しんで取り組める工夫もたくさんあり、自主的にやりたがる子どもも多いかもしれません。

  • 近年話題になることの多い、幼少期からの性教育。小さいうちからの取り組みが大切などと聞くけど、実際にはどうしたらいいのか分からない保護者も多いでしょう。今回は「お風呂ではじめる性教育」をテーマに、中学校や高校で性教育の講演活動を行う産婦人科医の遠見先生に、性教育への取り組み方について話を聞きました。

    株式会社ノーリツ

    PR

  • 子育てに関するママパパのさまざまなお悩みに、現役保育士のてぃ先生とKIDSNA編集長・加藤が赤裸々にトークするKIDSNA TALK。今回はスペシャルゲストとして花まる学習会代表の高濱正伸先生との対談が実現!教育をテーマに「コロナ禍で子どものためにできること」「生涯にわたって役立つ力の育み方」について、てぃ先生と熱くトークします。

    KIDSNA TALK

カテゴリ一覧