身近なアイテムを使った1歳児向けの手作りおもちゃ

身近なアイテムを使った1歳児向けの手作りおもちゃ

1歳の子ども向けに、おもちゃを手作りしてみたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、布やフェルト、マジックテープなど使った手作りおもちゃの簡単な作り方や、身近なアイテムを使って手作りできるお風呂で使える水遊びおもちゃなどについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

1歳の子どもが遊ぶおもちゃを手作りしたい

布
Africa Studio/Shutterstock.com

1歳の子どもが楽しめるおもちゃを、手作りしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママのなかには、1歳児向けにおもちゃを手作りするときに、どのような工夫をしてあげるとよいか気になる方もいるかもしれません。

今回は、1歳児向けの手作りおもちゃにぴったりな素材や、お風呂で使える水遊びおもちゃの簡単な作り方、おもちゃを手作りするときのポイントなどについてご紹介します。

1歳児向けのおもちゃ作りに使える材料

どのような材料を使っておもちゃを手作りしたか、ママたちに聞いてみました。

布やフェルト

20代ママ
1歳半の娘の手作りおもちゃ用に、サイズアウトしたベビーウェアを切った布を活用しています。愛着のある服を再利用したおもちゃは、子どもが大きくなっても記念として取っておきたい、お気に入りの品です。
30代ママ
おもちゃを手作りするときは、100円均一ショップで購入したフェルトを使っています。つまんだり引っ張ったりしても破れにくいので、1歳の息子用のおもちゃにぴったりな素材だと思います。
1歳児向けの手作りおもちゃには、布やフェルトといった肌触りのやさしい素材を使うママもいるようです。フェルトはほつれることもないので、裁縫をあまりしないママにとっても扱いやすい素材かもしれませんね。

マジックテープ

30代ママ
マジックテープを手作りおもちゃに活用することがあります。貼ったり剥がしたりして繰り返し遊べるうえ、接着剤つきのマジックテープは裁縫に慣れていなくても簡単に接着できて便利でした。
マジックテープの特性を、手作りおもちゃに活かしたママがいました。他にも、マジックテープと布で知育絵本や、繰り返し遊べる布製のおままごとセットを作ったママもいるようです。

牛乳パックやペットボトル

20代ママ
お風呂での水遊び用に、空になった牛乳パックやペットボトルでおもちゃを手作りしています。穴を開けてじょうろにしたり、船に見立てて水遊びを楽しんでいます。
身近にある材料を使って、お風呂で遊べる水遊びおもちゃを手作りしたママがいました。ペットボトルには固くて穴を開けにくい種類もあるので、作る際にケガをしないように気をつけるとよいでしょう。

1歳の子どもが楽しめる手作りおもちゃの作り方

布おもちゃ
Africa Studio/Shutterstock.com

身近な物を使って、簡単に手作りできる1歳向けのおもちゃの作り方をご紹介します。

もぎとりフルーツ

  1. 子どもの好きなフルーツの形にカットしたフェルトを、それぞれ2枚ずつ用意します。
  2. フェルトの片面にマジックテープを縫いあわせます。
  3. マジックテープのついた面と、もう1枚を途中まで巻きかがり縫いします。
  4. 中に綿を入れて、残り部分を縫いあわせたらフルーツの完成です。
  5. 大きめのフェルトを木の形に切り抜き、残りのマジックテープを縫いつけて台紙の完成です。
貼ったり剥がしたりして遊べるおもちゃは、1歳の子どもが指先を使って楽しめそうですね。 土台部分は、はぎれ布に縫いつけたり、厚紙に固定すると安定するようです。

布のドーナツ

  1. 厚紙に直径20cmと7cm程の円を書き、それぞれカットして型紙を用意します。
  2. 大小2種類の型紙を使って、ドーナツ型に布をカットします。
  3. 布を中表で重ねあわせて、外側を1周縫いあわせたら布を裏返します。
  4. 穴の内側に布を折りこみながら、かがり縫いしていきます。
  5. 途中まで縫ったら、綿をつめて残り部分を縫いあわせて完成です。
布製のドーナツは、わなげをしたり、紐を通したりしてさまざまな遊び方が楽しめそうですね。使用する布素材は、サイズアウトした服や、ほつれの心配がないフェルトなどで作ったママたちもいるようです。

ペットボトルシャワー

  1. 空のペットボトルをよく洗います。
  2. 底にキリなどを使い、8箇所くらい穴を開けます。
  3. 油性マジックで好きな色や模様を描けば完成です。
お風呂やプールで使えそうな水遊び用のシャワーは、ペットボトルを活用すれば簡単に作れるようです。1リットル以上の大きなペットボトルは、適度にカットして持ち手のついたバケツ状に加工してもよさそうですね。

ペットボトルをカットするときは、目印にビニールテープなどを巻くと切りやすかったというママの声もありました。

牛乳パック船

  1. 空の牛乳パックを、中性洗剤などを使ってよく洗います。
  2. 乾かした牛乳パックを、カッターで縦半分にカットします。
  3. 船のような形になるように、注ぎ口をビニールテープでしっかり貼りあわせます。
  4. 外側全体にビニールテープを巻いたら完成です。
お風呂での水遊びにぴったりな船も、牛乳パックの形や特性を活かせば簡単に作れそうですね。ビニールテープを巻くときは、隙間がないように余分に巻きつけるのがポイントのようです。

1歳向けのおもちゃを手作りするときのポイント

1歳向けにおもちゃを手作りするときは、どのようなことを意識したのかママたちに聞きました。

安全面に気をつける

20代ママ
1歳2カ月の娘は、手にしたおもちゃを舐めたり口に入れたりすることがあります。おもちゃを手作りするときは、誤飲しないようにサイズを大きめにしたり、表面に接着剤を使わないように気をつけています。
1歳の子どもがおもちゃを口に運ぶことを考え、サイズや使う材料に配慮したママもいるようです。他にも、ペットボトルの断面をビニールテープで保護し、切り口でケガをしないよう工夫したというママの声もありました。

お手入れのことも考える

30代ママ
牛乳パックで手作りしたおもちゃは、水がしみにくいように表面に透明テープを貼りました。お風呂での水遊びのあとは、簡単に水を拭き取るだけなので遊んだあとのお手入れが簡単でした。
遊んだあとのお手入れのことも考えて、おもちゃを手作りしたママがいました。他にも、布や洗えるフェルトはこまめにお洗濯ができるので、おもちゃを衛生的に保てたというママの声もありました。

1歳の子どもが遊ぶおもちゃを手作りしよう

フェルト 手作り
Dmitry Kalinovsky/Shutterstock.com
1歳の子ども向けのおもちゃを、布やフェルト、マジックテープなどを使って手作りしているママがいました。お風呂やプールでの水遊び用には、牛乳パックやペットボトルなど身近なものも活用できそうですね。

安全面やお手入れのしやすさなどをポイントに、子どもが楽しめるおもちゃを手作りできるとよいですね。

2020年04月18日

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧