3歳の子どもにおもちゃを用意するとき。選び方や収納のコツ

3歳の子どもにおもちゃを用意するとき。選び方や収納のコツ

ママたちが3歳の子どもに選んだおもちゃ

3歳の子どもにおもちゃを用意するとき、どのようなおもちゃを選んだらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、3歳の子どもにおもちゃを選ぶときのポイントと、実際にママたちが用意したおもちゃの他に、おもちゃを収納するときに意識していることについてご紹介します。

3歳の子どものおもちゃで気になること

誕生日やクリスマスなど、3歳の子どもにおもちゃを用意したいと考えるママもいるかもしれません。3歳の子どものおもちゃを用意するときに気になることについて聞いてみました。

40代ママ
3歳の子どもにどのようなおもちゃを選ぼうか悩んでいます。おもちゃの選び方のポイントが知りたいです。
20代ママ
誕生日や帰省したときなどに、親戚からたくさんおもちゃをプレゼントしてもらうのですが、おもちゃの量が多くなってしまい収納方法に困っています。おもちゃの収納はどのようなことを意識したらよいのでしょうか。
ママたちに話を聞くと、3歳の子どもへのおもちゃの選び方や収納方法などについて気になる方がいるようです。ママのなかには、他のママたちはどのようなおもちゃを選んだのか気になるという声もありました。

そこで今回は、3歳の子どものおもちゃについてママたちの体験談をお伝えします。

3歳の子どもへのおもちゃの選び方

おもちゃ
Africa Studio/Shutterstock.com

3歳の子どもにおもちゃを用意するとき、どのようなことをポイントに選んだらよいのでしょう。おもちゃの選び方についてママたちに聞いてみました。

子どもが興味にあわせる

30代ママ
おもちゃを買うときは子どもが興味をもっているものを選ぶようにしました。3歳の娘とおもちゃ屋さんに行き、置いてあるサンプルで実際に遊んでどれを買うか考えるようにしています。
おもちゃ屋さんのサンプルで実際に遊び、子どもが興味をもったものを選ぶというママがいるようです。ママのなかには、普段の子どもの様子から興味のありそうなおもちゃを選ぶという声もありました。

いろいろな遊び方ができる

40代ママ
3歳の息子には、自分の考え次第でいろいろな遊びができるようなおもちゃを選びたいと思いました。創造力を膨らませたり工夫したりして遊んでもらいたいと考えています。
自分で考えて遊ぶことでいろいろな遊び方ができるおもちゃを選ぶのもよいかもしれませんね。ママのなかからは、飽きにくく長く使ってもらえるのではないかと思い、いろいろな遊び方があるおもちゃを選んだという声も聞かれました。

対象年齢を参考にする

40代ママ
3歳の子どもにどのようなおもちゃを選んだらよいのか悩み、おもちゃに記載されている対象年齢を参考に選ぶことにしました。対象年齢を参考にすることで、子どもの成長にあったおもちゃが用意できるのではないかと考えています。
おもちゃの対象年齢を参考に選んでいるママもいるようです。ママのなかからは、子どもの年齢にあったおもちゃを選ぶことで、楽しんで遊べるのではないかと考えているという声も聞かれました。

3歳の子どもに用意したおもちゃの種類

3歳の子どもにどのようなおもちゃを選んでいるのでしょう。実際にママたちが3歳の子どもに用意したおもちゃをご紹介します。

組み立てるおもちゃ

30代ママ
3歳の息子に、四角や三角のピースを組みあわせて形を作って遊ぶマグネットタイプのブロックを用意ました。最初はホワイトボードに貼りつけたり、私が立体を作ってあげたりしていましたが、徐々に自分で考えていろいろなものを作って遊ぶようになりました。
マグネットピースを組みあわせて遊ぶおもちゃを選んだママがいるようです。他には、ブロックや組み立て式のボール転がしなどを選んだという声もありました。

ごっこ遊びができるおもちゃ

ティーセットおもちゃ
Voronin76/Shutterstock.com
20代ママ
ごっこ遊びが好きな娘におままごと用のキッチンを用意しました。コンロや水道などがついているので、野菜を洗ったりコンロの上でフライパンを使ったりと嬉しそうに遊んでいます。
20代ママ
3歳の息子は、夫がDIYをする姿をまねして工具箱を欲しがったので、おもちゃの工具セットを誕生日にプレゼントしました。休日、夫がものづくりをする隣で息子も同じような作業をして遊んでいます。
ごっこ遊びが好きな子どもに、遊びがより楽しくなるようなおもちゃを選ぶのもよいかもしれませんね。他には、お医者さんセットやレジのおもちゃなど、身近なお仕事のごっこ遊びができるようなおもちゃを選んだというママもいました。

楽器のおもちゃ

30代ママ
子育て支援センターに行くといつもピアノを弾きたがるので、おもちゃのキーボードを用意しました。歌や音楽が鳴る機能がついているので、まだキーボードを上手に弾けない娘も楽しめます。
ピアノが好きな子どもにキーボードのおもちゃを選んだようです。ママのなかには、ドラムや木琴などの打楽器を3歳の子どもに用意したという声もありました。

おもちゃを収納するときに意識したこと

子どもが年齢を重ねていくと、おもちゃの量が増えて収納方法に悩むママもいるのではないでしょうか。ママたちにおもちゃの収納で意識していることについて聞いてみました。

おもちゃの量を決める

20代ママ
わが家では、おもちゃ箱に入る量のおもちゃだけをもつようにしました。新しいおもちゃを買うときは1つ手放すことが子どもとの約束事となっているため、よく考えてから新しいおもちゃを買うようにしています。
おもちゃの量を決めることでおもちゃが溢れずに収納しやすいかもしれません。ママのなかからは、定期的におもちゃ箱の中身を出して、もっているおもちゃの見直しをするという声も聞かれました。

子どもにとっての使いやすさを考える

30代ママ
どこに何のおもちゃが入っているかわかるように、おもちゃのケースにラベルを貼っています。ラベルにはひらがなとイラストで書き、3歳の子どもにもわかりやすくなるように工夫しました。
子どもにもどこに何が入っているのかわかりやすいように、イラストのラベルを貼っているママがいるようです。他にも、子どもの手が届きやすい高さにおもちゃを収納しているという声もありました。

3歳の子どもにあったおもちゃを用意しよう

おもちゃで遊び子ども
Rawpixel.com/Shutterstock.com

3歳の子どものおもちゃを選ぶときは、子どもの興味や対象年齢などを参考にするとよいかもしれません。ママたちに実際に用意したおもちゃの種類を聞くと、組み立てて遊ぶおもちゃや、ごっこ遊びができるおもちゃなどがありました。

子ども自身が出したり片づけたりしやすいようにおもちゃの収納方法を工夫し、3歳の子どもが楽しめるおもちゃを用意できるとよいですね。

2020年01月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧