電車好きの子どものあるあるエピソード。子どもと電車のおもちゃで遊んだシーン

電車好きの子どものあるあるエピソード。子どもと電車のおもちゃで遊んだシーン

子どもがよころぶ電車モチーフのアイテム

電車の名前を覚えたり、電車のおもちゃを使って遊ぶことが好きという子どももいるでしょう。電車好きの子どもとすごすなかで、あるあるのエピソードが思いつくというママやパパもいるかもしれません。子どもとおもちゃで遊んだシーンやおでかけした場所、あるあるエピソードをママたちの体験談を交えてご紹介します。

電車好きの子どものあるある

電車 おもちゃ 子ども
Rawpixel.com/Shutterstock.com
子どもとすごすなかで、電車好きの子どものあるあるだなと感じるときがあるママやパパもいるのではないでしょうか。

電車好きの子どものあるあるをママたちに聞いてみました。
30代ママ
ニュース番組やバラエティ番組で電車の映像が流れると、幼児向けの番組を見ているときよりも子どもが夢中になって見ていました。
30代ママ
息子は走っている電車を見ることが好きなのですが、電車に乗ると外の景色しか見えなくなるため、急にテンションが下がることがよくあります。
30代ママ
子どもが電車のおもちゃで遊ぶときは、基本的に寝転がって遊んでいます。目線を下げて真剣に電車を走らせていました。
電車を見ることが好き、電車に乗ることが好きなど、子どもによって電車の楽しみ方はそれぞれでしょう。

幼児向けの電車モチーフのキャラクターが描かれたアニメを、子どもが繰り返し見ているというママの声もありました。

子どものお気に入りの電車モチーフのアイテム

電車のイラストが描かれた服やズボンなど、子どもがよろこぶ電車モチーフのアイテムはたくさんあるようです。

子どものお気に入りの電車モチーフのアイテムについてママたちに聞いてみました。

リュック

30代ママ
祖父母が、電車のデザインのリュックを子どもにプレゼントしてくれました。子どもも気に入ったようで、おでかけをするときはいつもそのリュックを背負っていました。
電車のデザインの子ども用リュックはさまざまあり、実際の電車がモチーフになっていて、窓の形や模様などのデザインが表現されているものもあるようです。

子どもの好きな電車のデザインのリュックは、よろこんで使ってくれるかもしれませんね。

30代ママ
電車のデザインの靴を買いました。実際の電車がモデルになっており、子どもが『これは〇〇!』と電車の名前を言ってよろこんでくれました。
靴の他に、電車がデザインされたサンダルもあるようです。電車のデザインの靴は、子どもがおでかけのときによく履いていたというママの声がありました。

衣類

30代ママ
電車が描かれたTシャツやズボン、靴下など、子どものお気に入りの衣類はたくさんあります。その日に着る服を子どもが選ぶと、全身電車柄になるということがよくあります。
電車や線路などがデザインされた子ども用の衣類はさまざまあるでしょう。おでかけ用の衣類の他に、パジャマやスリーパーなど電車がデザインされたアイテムもあるようです。

食器

30代ママ
電車のデザインのスプーンやフォーク、お弁当箱を用意しました。家で食事をするときに子どもが『お弁当箱にご飯入れて!』と言うことがあるので、気に入ってくれたんだなと思いました。
幼稚園で使うお弁当箱や、箸とスプーン、フォークがいっしょになったトリオセットを用意するときに、電車モチーフのものを選んだというママの声がありました。

子どものお気に入りの食器を用意すると、子どもも楽しんで食事ができるかもしれませんね。

電車のおもちゃを使って子どもと遊んだシーン

電車 おもちゃ
Tatiana Popova/Shutterstock.com
子どもと電車のおもちゃを使って遊んだシーンをママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもと電車のおもちゃで遊ぶときはママやパパもいっしょにレールを繋げてコースを作るのですが、その時に作ったコースを思い出せるように必ず写真に撮っています。おもちゃで遊ぶ子どもの真剣な表情も写真に残せるので、よい思い出になります。
30代ママ
子どもが運転手役で、私がお客になりきってごっこ遊びをしてます。子どもが電車のおもちゃを手で押して走らせながら、『次止まります!』と言って楽しんでいました。
30代ママ
子どもが足を開いて自分の体をトンネルに見立てて、電車を走らせて遊んでいました。走る電車を夢中になって見ている子どもの姿がかわいらしかったです。
電車好きの子どもと遊んでいるうちに、大人も夢中になって楽しむようになったというママの声がありました。

電車のレールを組み立てる作業は、どこを繋げたらコースを作れるか子どもといっしょに考えながら遊べるでしょう。

電車好きの子どもとおでかけを楽しんだシーン

電車好きの子どもとどこへおでかけをしたのかママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもといっしょに鉄道博物館に行きました。子どもがお気に入りの電車を見つけたようで、同じ場所でずっと夢中になって見ていました。
30代ママ
家族で電車のおもちゃのイベントに行きました。たくさんの電車のおもちゃが走っており、真剣な表情で辺りを見渡している子どもの姿がかわいかったです。遊園地にあるような乗り物のおもちゃなどもあり、子どもも思う存分楽しめたようでした。
電車好きの子どもが楽しめるスポットはさまざまあるようです。博物館や展示会、電車のおもちゃのイベントなど、子どもが楽しめる催し物を探してみてはいかがでしょうか。

電車好きの子どもといっしょに遊びやおでかけを楽しもう

電車 おもちゃ 子ども
Zurijeta/Shutterstock.com
電車好きの子どものエピソードや、子どものお気に入りの電車モチーフのアイテムについてママたちの体験談を交えてご紹介しました。

子どもが遊ぶ電車のおもちゃは、レールや駅、トンネルや橋などたくさんのアイテムがあるようです。

子どもといっしょに遊んでいるうちに、大人も夢中になって楽しむようになったというママの声もありました。

電車好きの子どもが楽しめるスポットはさまざまあります。子どもと遊びやおでかけを楽しみながら思い出を作れるとよいですね。

2020年01月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧