赤ちゃんが楽しめるボールのおもちゃ。選ぶときのポイントや種類

赤ちゃんが楽しめるボールのおもちゃ。選ぶときのポイントや種類

月齢に合わせたボール遊びを楽しもう

赤ちゃんが楽しんで遊べるボールのおもちゃを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。大きさや素材、デザインなどさまざまな種類のボールがありますが、どのようなボールを選ぶか迷うこともあるかもしれません。赤ちゃんが遊ぶボールの種類や選ぶポイントをご紹介します。

赤ちゃんが使うボールのおもちゃを用意しよう

ボール遊びは、さわる、掴む、投げるなどさまざまな動作を楽しめます。赤ちゃんがハイハイをしたり、お座りをしたりなど、できることが増えてくるとボール遊びの幅も広がるでしょう。

素材やデザインなど、さまざまなボールのおもちゃがありますが、赤ちゃんが楽しめるボールにはどのようなものがあるのでしょうか。

赤ちゃんが遊ぶボールのおもちゃの種類

赤ちゃんが使うボールの種類をご紹介します。

格子状のボール

赤ちゃんが遊ぶボールを探すときに、格子状のものを多く目にするママやパパもいるのではないでしょうか。

お家で遊ぶ他にも、クリップやストラップを使ってベビーカーに取りつけて、おでかけするときに持ち運ぶこともできるようです。

格子状のボールは、赤ちゃんも掴みやすく楽しんで遊べそうですね。ボールのなかにおもちゃが入っていたりなど、しかけがあるものもあるようです。

布製のボール

布製のボール
iStock.com/Lazartivan
布で作られたボールのおもちゃには、コットンやパイル地などさまざまな素材のボールがあります。好きな柄の布を用意してボールを手作りすることもできるようです。

やわらかい布製のボールは、赤ちゃんが遊んでいるときに顔や身体に当ててしまっても安心でしょう。

音がなるボール

ボールを転がしたり、振ったときに音がなるものもたくさんあります。音がなるボールは、ガラガラとしても楽しめそうです。

ボールの中にビーズが入っていて振ると音がなるものや、袋のカサカサとした音がなるボールは、耳を使って楽しむこともできるでしょう。

赤ちゃん向けの球技モチーフのボール

赤ちゃんが遊べるようにやわらかい素材で作られた、サッカーボールやラグビーボールなどの球技をモチーフにしたボールもあるようです。

子ども向けのキャラクターデザインの、かわいらしい色味をしたサッカーボールもあります。赤ちゃんが歩きはじめた頃にやわらかいサッカーボールを用意したというママがいました。

ボール選びのポイント

赤ちゃんが使うボールを用意するとき、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。

安全な素材のボールを選ぶ

赤ちゃんが使うおもちゃを用意するときに、安全に遊べる素材かどうかよく確認しながら選ぶママやパパも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが遊ぶボールを選ぶときは、口に入れて舐めても安心な素材のボールを選びましょう。

月齢に合ったボールを選ぶ

赤ちゃんが遊ぶおもちゃを選ぶときは、対象月齢を確認しながら選びましょう。

小さいサイズのボールは、赤ちゃんが誤飲してしまう場合もあるため、赤ちゃんの口のなかに入らないサイズのボールを選ぶのもひとつのポイントです。

赤ちゃんが持ちやすいボールを選ぶ

おもちゃのボール
iStock.com/Bibica
赤ちゃんの小さい手で持ちやすいボールを選びましょう。格子状のボールやタグがついてるものなど、さまざまなデザインのボールがあります。

軽くてシンプルなデザインのボールは、赤ちゃんも掴みやすいかもしれません。

赤ちゃんが楽しめるデザインのボールを選ぶ

色鮮やかなボールは、見ているだけで楽しめそうですね。子ども向けのキャラクターデザインのボールもたくさんあります。

ボタンを押すと光ったり、音楽が流れる面白いボールもあるようです。しかけを楽しめるボールを選ぶのもよいでしょう。

お手入れしやすいボールを選ぶ

いろいろなものを舐める赤ちゃんが使うおもちゃは、清潔に保ちたいですよね。

ボールの素材やデザインによって水洗いできるか、消毒できるかなど、お手入れ方法は異なるようなので、洗い方を確認しながら選ぶのもひとつのポイントです。

ボールを使って赤ちゃんが遊んだシーン

赤ちゃんがボール遊びを楽しんだシーンについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
赤ちゃんがおすわりできるようになった頃、布製のやわらかいボールを赤ちゃんのところまで転がしていっしょに楽しみました。
30代ママ
ずりばいをしはじめた赤ちゃんの目の前でボールをころころと転がして、ボール遊びを楽しみながらハイハイの練習をしました。
30代ママ
ママやパパがボールを遠くに転がし、赤ちゃんがそのボールを目指してハイハイをしながら取るという遊びをしています。
ボールを使いながら、赤ちゃんといっしょにボール遊びを楽しんだママたちの声がありました。ねんね期やおすわり期、ハイハイ期など月齢に合わせたボール遊びを楽しめるとよいですね。

ボールを用意して楽しく遊ぼう

ビーチボールで遊ぶ家族
leungchopan/Shutterstock.com
赤ちゃんが遊ぶボールのおもちゃには、格子状や布製、音がなるものなどさまざまな種類がります。

月齢に合った安全な素材のボールを選びましょう。軽くてシンプルなデザインのボールは、赤ちゃんも遊びやすいかもしれません。

赤ちゃんが使うおもちゃは、ミルクの吐き戻しやよだれなどで汚れることもあるでしょう。清潔に保てるようにお手入れしやすいボールを選ぶのもひとつのポイントです。

ボールを使いながら、赤ちゃんといっしょに遊びを楽しめるとよいですね。

2019年10月25日

専門家のコメント
6
    ひまわり先生 保育士
    格子状のボールは月齢が低い赤ちゃんでも握りやすいです♪ 最初は、たまたま指が引っ掛かった感じですが、持てたね、すごいね♪って褒めることで子どもは喜びます! 実際、私の子どもには1ヶ月から格子状のボールを買いました。最初は親が音を鳴らして楽しませ、2ヶ月からは時々自分で持つように。3ヶ月の今は自分で持ちぶんぶん振り回したり、口に持っていって舐めたりしていますよ。
    ユキ先生 保育士
    やっぱり音の鳴るボールはどこの保育園を見ても人気だなぁと思います。ボールから音が出る、でもどこから出てるんだろう…?と不思議に見つめる顔を見てると可愛いなぁと思いますね^_^
    メグミ先生 保育士
    安全で衛生的にも考えられたものが良いですよね。 布製だと洗えたり清潔を保てそうですし 音のなるものは子どもたちは大好きですよね! 大きさも選ぶときに口にいれても安全な大きさを選びたいものです。 壊れてたり怪我をしないものとにかく安全第一ですね。
    ふじ先生 保育士
    顔にぶつかったり、踏んでも痛くない安全面がしっかりしたもの。 口に入れても大丈夫で洗える衛生面が確保されるもの。 あとは握れるような大きさなのか、小さすぎると口の中に入ってしまうし、その辺りをしっかり考えて用意してあげるといいかもしれませんね。 私は子どもがボールに興味持った時いろんなボールを買いすぎて妻に怒られましたw たくさん買うのではなくその子に合ったのがあればいいですね🤩
    いちぽ先生 保育士
    低い月齢の時からオーボールは掴みやすかったようで、にぎって遊んでいました。一歳近くなると、丸い小さいやわらかいボールを投げてあげると喜んで拾いにいっていました。
    くじら先生 保育士
    オーボールは鉄板ですね。格子状になっているので赤ちゃんでも掴みやすく、プラスチックなので舐めても除菌が簡単です。
おすすめユーザーのコメント
1
    ぺいぺい先生
    赤ちゃんと言うより少し大きい子向けかも百均で売ってる発砲スチロールのボールは洗えるし、軽くて投げても蹴っても安全、家の物が壊れたり大きな音がしたりすることもありません、もちろんほぼ痛くもなく怪我もしないはず。

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧