赤ちゃんが楽しめるボールのおもちゃ。選ぶときのポイントや種類

赤ちゃんが楽しめるボールのおもちゃ。選ぶときのポイントや種類

月齢に合わせたボール遊びを楽しもう

赤ちゃんが楽しんで遊べるボールのおもちゃを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。大きさや素材、デザインなどさまざまな種類のボールがありますが、どのようなボールを選ぶか迷うこともあるかもしれません。赤ちゃんが遊ぶボールの種類や選ぶポイントをご紹介します。

赤ちゃんが使うボールのおもちゃを用意しよう

ボール遊びは、さわる、掴む、投げるなどさまざまな動作を楽しめます。赤ちゃんがハイハイをしたり、お座りをしたりなど、できることが増えてくるとボール遊びの幅も広がるでしょう。

素材やデザインなど、さまざまなボールのおもちゃがありますが、赤ちゃんが楽しめるボールにはどのようなものがあるのでしょうか。

赤ちゃんが遊ぶボールのおもちゃの種類

赤ちゃんが使うボールの種類をご紹介します。

格子状のボール

赤ちゃんが遊ぶボールを探すときに、格子状のものを多く目にするママやパパもいるのではないでしょうか。

お家で遊ぶ他にも、クリップやストラップを使ってベビーカーに取りつけて、おでかけするときに持ち運ぶこともできるようです。

格子状のボールは、赤ちゃんも掴みやすく楽しんで遊べそうですね。ボールのなかにおもちゃが入っていたりなど、しかけがあるものもあるようです。

布製のボール

布製のボール
iStock.com/Lazartivan
布で作られたボールのおもちゃには、コットンやパイル地などさまざまな素材のボールがあります。好きな柄の布を用意してボールを手作りすることもできるようです。

やわらかい布製のボールは、赤ちゃんが遊んでいるときに顔や身体に当ててしまっても安心でしょう。

音がなるボール

ボールを転がしたり、振ったときに音がなるものもたくさんあります。音がなるボールは、ガラガラとしても楽しめそうです。

ボールの中にビーズが入っていて振ると音がなるものや、袋のカサカサとした音がなるボールは、耳を使って楽しむこともできるでしょう。

赤ちゃん向けの球技モチーフのボール

赤ちゃんが遊べるようにやわらかい素材で作られた、サッカーボールやラグビーボールなどの球技をモチーフにしたボールもあるようです。

子ども向けのキャラクターデザインの、かわいらしい色味をしたサッカーボールもあります。赤ちゃんが歩きはじめた頃にやわらかいサッカーボールを用意したというママがいました。

ボール選びのポイント

赤ちゃんが使うボールを用意するとき、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。

安全な素材のボールを選ぶ

赤ちゃんが使うおもちゃを用意するときに、安全に遊べる素材かどうかよく確認しながら選ぶママやパパも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが遊ぶボールを選ぶときは、口に入れて舐めても安心な素材のボールを選びましょう。

月齢に合ったボールを選ぶ

赤ちゃんが遊ぶおもちゃを選ぶときは、対象月齢を確認しながら選びましょう。

小さいサイズのボールは、赤ちゃんが誤飲してしまう場合もあるため、赤ちゃんの口のなかに入らないサイズのボールを選ぶのもひとつのポイントです。

赤ちゃんが持ちやすいボールを選ぶ

おもちゃのボール
iStock.com/Bibica
赤ちゃんの小さい手で持ちやすいボールを選びましょう。格子状のボールやタグがついてるものなど、さまざまなデザインのボールがあります。

軽くてシンプルなデザインのボールは、赤ちゃんも掴みやすいかもしれません。

赤ちゃんが楽しめるデザインのボールを選ぶ

色鮮やかなボールは、見ているだけで楽しめそうですね。子ども向けのキャラクターデザインのボールもたくさんあります。

ボタンを押すと光ったり、音楽が流れる面白いボールもあるようです。しかけを楽しめるボールを選ぶのもよいでしょう。

お手入れしやすいボールを選ぶ

いろいろなものを舐める赤ちゃんが使うおもちゃは、清潔に保ちたいですよね。

ボールの素材やデザインによって水洗いできるか、消毒できるかなど、お手入れ方法は異なるようなので、洗い方を確認しながら選ぶのもひとつのポイントです。

ボールを使って赤ちゃんが遊んだシーン

赤ちゃんがボール遊びを楽しんだシーンについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
赤ちゃんがおすわりできるようになった頃、布製のやわらかいボールを赤ちゃんのところまで転がしていっしょに楽しみました。
30代ママ
ずりばいをしはじめた赤ちゃんの目の前でボールをころころと転がして、ボール遊びを楽しみながらハイハイの練習をしました。
30代ママ
ママやパパがボールを遠くに転がし、赤ちゃんがそのボールを目指してハイハイをしながら取るという遊びをしています。
ボールを使いながら、赤ちゃんといっしょにボール遊びを楽しんだママたちの声がありました。ねんね期やおすわり期、ハイハイ期など月齢に合わせたボール遊びを楽しめるとよいですね。

ボールを用意して楽しく遊ぼう

ビーチボールで遊ぶ家族
leungchopan/Shutterstock.com
赤ちゃんが遊ぶボールのおもちゃには、格子状や布製、音がなるものなどさまざまな種類がります。

月齢に合った安全な素材のボールを選びましょう。軽くてシンプルなデザインのボールは、赤ちゃんも遊びやすいかもしれません。

赤ちゃんが使うおもちゃは、ミルクの吐き戻しやよだれなどで汚れることもあるでしょう。清潔に保てるようにお手入れしやすいボールを選ぶのもひとつのポイントです。

ボールを使いながら、赤ちゃんといっしょに遊びを楽しめるとよいですね。

2019年10月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧