1歳の男の子や女の子へのおもちゃ。選び方や贈るときに工夫したこと

1歳の男の子や女の子へのおもちゃ。選び方や贈るときに工夫したこと

知育おもちゃや乗り物、手作りのおもちゃ

1歳の男の子や女の子におもちゃを用意するとき、どのようなものが遊びやすいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、1歳の子どもへのおもちゃ選びのポイントや、知育おもちゃや車などの乗り物、手作りなど実際に用意したおもちゃ、おもちゃを贈るときに工夫したことを体験談を交えてご紹介します。

1歳の子どもにおもちゃを用意するとき

1歳の男の子や女の子と暮らしていると、子どもが喜ぶおもちゃを用意したいと考えるママやパパもいるようです。ママたちに、1歳の子どもにおもちゃを用意したいシーンを聞いてみました。

30代女の子のママ
子どもが1歳を迎えるとき、誕生日プレゼントとしておもちゃを用意したいと思いました。1歳の記念になるような特別感のあるおもちゃを贈りたいです。
20代男の子のママ
友だちの家に遊びに行くとき、相手の子どもにちょっとしたプレゼントとしておもちゃを用意したいと思いました。気軽に受け取ってもらいやすいおもちゃがあれば知りたいです。
子どもの誕生日や友だちの子どもへの手土産としておもちゃを用意したいと考えることがあるようです。他にも、普段遊びに使っているおもちゃに興味を示さなくなったときに、新しいおもちゃがほしいと感じるというママの声もありました。

1歳の子どもへのおもちゃ選びのポイント

1歳の男の子や女の子におもちゃを用意するとき、選び方が知りたいママやパパもいるようです。ママたちに聞いた、1歳の子どもへのおもちゃ選びのポイントをご紹介します。

子どもの興味があるものにする

おもちゃ
Africa Studio/Shutterstock.com
20代男の子のママ
うちの子は車が好きなので、いろいろな車がキャラクターになっているおもちゃを選びました。車がモチーフとされているおもちゃを用意すると、いつも大喜びしてくれます。
子どもの興味があるものからおもちゃ選びをしたママがいるようです。ママのなかからは、子どもと散歩をしているときに自転車や車、飛行機などさまざまな乗り物に興味を示す様子を見て、乗り物のおもちゃを選んだという声も聞かれました。

自宅にないおもちゃを選ぶ

40代女の子のママ
新しいおもちゃを用意するときは自宅にあるおもちゃを確認しました。折角用意するなら、自宅にないような新しい遊びにつながるおもちゃを選びたいです。
自宅にないジャンルのおもちゃを選ぶと、今までとは違った遊びができそうですね。子どもにとっても新しいおもちゃとの出会いは、遊びが広がるきっかけになるかもしれません。

長期間使いやすいものにする

30代男の子のママ
おもちゃを選ぶとき、対象年齢を意識して選びました。対象年齢が「1歳・2歳・3歳から」と記載されているものは、3歳以降まで長期間使いやすそうです。
長期間使いやすいおもちゃを選びたいと考えるママもいるようです。年齢にあわせた拡張キットが別売りされているおもちゃもあるようなので、子どもが大きくなったときの遊びをイメージして選んだというママの声もありました。

1歳の男の子や女の子に用意したおもちゃ

実際に、ママたちが1歳の男の子や女の子に用意したおもちゃをご紹介します。

知育おもちゃ

30代女の子のママ
1歳向けの知育おもちゃとして、姪の誕生日にビーズコースターをプレゼントしました。指先を使って迷路のようにビーズを動かすところが気に入ったようで、集中して遊んでいるそうです。
30代男の子のママ
息子にマグネット式のパズルを用意しました。今はくっつけたり離したりするだけですが、三角や四角のマグネットを使っていろいろな形にできるので、成長してからも遊びやすそうです。
知育おもちゃとしてビーズコースターやマグネット式のパズルを用意した家庭があるようです。子どもの考える力をつけたいという思いから、1歳という年齢にあわせた知育おもちゃを用意したというママの声もありました。

乗り物

乗り物おもちゃ
Lorelyn Medina/Shutterstock.com
40代女の子のママ
うちの子は自宅で遊ぶことが好きなので、室内用の乗り物を用意しました。動物の形になっている車は、座面を開くとおもちゃなどを収納できる場所があるので、お気に入りのおもちゃを入れるなどして遊んでいます。
20代男の子のママ
1歳になって伝い歩きを始めた息子のために、乗り物としても使える手押し車をプレゼントしました。手で押すと音楽が流れる仕組みだったので、その音楽にあわせてよちよちと歩く姿が愛らしいです。
動物をモチーフにした乗り物や、乗り物としても使える手押し車を用意したママがいるようです。屋外用の乗り物にもなる手押しハンドルつきの三輪車を用意すると、1歳の子どもとの外出がより楽しくなるかもしれません。

手作りおもちゃ

20代男の子のママ
私は指人形を手作りして息子との遊びを楽しんでいます。カラー軍手の指先にフェルトで作った家族の顔を貼りつけ、歌にあわせて踊るように動かすと息子は大喜びでした。
指人形を手作りしたママもいるようです。ママのなかからは、空のペットボトルにビーズを入れてマラカスを作ったり、ティッシュの空き箱に結んだハンカチを入れたりと、身近な材料を使っておもちゃを手作りしたという声も聞かれました。

1歳の子どもにおもちゃを贈るときに工夫したこと

1歳の子どもにおもちゃをプレゼントしたいとき、喜んでもらえるような工夫が知りたいママもいるようです。ママたちに、1歳の子どもにおもちゃを贈るときに工夫したことを聞いてみました。

渡すタイミング

40代男の子のママ
普段会う機会が少ない親戚の子どもにプレゼントを用意したときは、子どもが私に慣れた頃に渡しました。子どもが自分から私のそばに来るなど距離が縮まったタイミングでおもちゃを渡すと、より喜んでくれたので嬉しかったです。
おもちゃをプレゼントとして渡すタイミングを工夫したママがいるようです。他にも、食事の後などおもちゃですぐに遊び始められるタイミングで渡すと、子どもも喜んでくれるかもしれませんね。

ラッピング

20代女の子のママ
おもちゃを渡すときは、中身が見えないようにラッピングをしています。何が出てくるのかわからない状態からおもちゃを取り出すと、子どもは思いがけないものが飛び出してきたように感じるのか喜んでくれました。
箱や袋に入れておもちゃが見えないようラッピングをしたママがいるようです。収納としても活用しやすい箱に入れてラッピングすると、子どもといっしょに楽しくおもちゃを片づけやすくなると考えたママもいました。

1歳の男の子や女の子におもちゃを贈ろう

1歳の子どもとおもちゃ
leungchopan/Shutterstock.com

1歳の男の子や女の子におもちゃを選ぶとき、子どもの興味にあわせたものを用意するとよさそうです。知育おもちゃや車などの乗り物おもちゃは、対象年齢を確認して長期間使いやすいものを選ぶとよいかもしれません。

子どもとの遊びに活用するため、指人形を手作りしたママもいました。1歳の子どもが喜んで遊ぶ姿を想像しながら、シーンにあわせたおもちゃを用意できるとよいですね。

2019年10月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧