ベビーカーに付けるおもちゃ選び。クリップやひもを使った付け方

ベビーカーに付けるおもちゃ選び。クリップやひもを使った付け方

1歳や2歳の子どもが楽しめるおもちゃ

子どもとおでかけを楽しめるように、ベビーカーに付けるおもちゃを用意したいママやパパもいるかもしれません。1歳や2歳の子どもが飽きずに楽しめるおもちゃや、クリップやストラップを使ったおもちゃの付け方、手作りできるおもちゃのアイディアについてご紹介します。

子どもとおでかけするときに持っていくおもちゃ

ベビーカーで子どもとおでかけをするときに、出先で子どもがぐずって泣いても、おもちゃがあることで気持ちを落ち着かせることができるかもしれません。

ベビーカーに付けて手軽に持ち運べるおもちゃにはどのようなものがあるのでしょうか。

ママたちが選んだベビーカーに付けるおもちゃ

歯固めやラトル
iStock.com/Beo88
ベビーカーに付けるおもちゃにはさまざまな種類がありますが、どのおもちゃを選べばよいのでしょうか。

実際に用意したベビーカーに付けるおもちゃと付け方についてママたちに聞いてみました。

格子状のボール

20代ママ
格子状になっているボールがお気に入りでよく遊んでいたので、チェーンタイプのストラップに付けておでかけしていました。
30代ママ
格子状のボールは軽くて子どもの小さい手でも持ちやすく、外でも安心して遊べます。
格子状になっているボールはクリップやストラップを付けやすいため、手軽にベビーカーに付けられます。

なかには、ビーズが入っていてカラカラと音が鳴るデザインのボールもあるようです。

簡単に取り外せるので、おでかけ先でもボール遊びを楽しめそうですね。

布絵本

30代ママ
ベビーカーに付けられるかどうかを確認しながら、持ち運びできるようにリングが付いた布絵本を用意しました。
布絵本には、色がたくさん使われてるものや、カサカサと音が鳴るものもあるようです。素材がやわらかく紙より破れにくいため、子どもも安心して遊べそうです。

簡単に洗濯ができる布絵本もあるようなので、外出時に汚れてしまった場合でも、洗濯で清潔な状態を保つことができます。

ベビーカーに付けられるようにリングが付いているものを選ぶとよいでしょう。

ぬいぐるみ

30代ママ
ひもを引っ張ると振動するくまのぬいぐるみを、クリップを使ってベビーカーに付けました。お気に入りのようで、飽きずに遊んでいます。
動物や子どもの好きなキャラクターなど、ぬいぐるみにはさまざまな種類がありますが、小さいサイズだとベビーカーに付けやすそうですね。

仕掛けがあるぬいぐるみもあるようなので、子どもがお気に入りのぬいぐるみを選んでみてはいかがでしょうか。

歯固め

20代ママ
普段よく遊んでいる歯がためを、100円均一ショップで買ったストラップを使ってベビーカーに付けていました。
アイスクリームなどの食べ物の形をしたかわいい歯固めや、キャラクターデザインのものなどいろいろな種類があります。

ベビーカーに付けて持ち運びできるように、クリップやストラップが付いているタイプの歯固めもあるようです。

おでかけ中におもちゃがあって良かったシーン

ベビーカーで買い物をするママ
Have a nice day Photo/Shutterstock.com
ベビーカーにおもちゃを付けておでかけしたときの赤ちゃんの様子や、おもちゃがあって良かったと感じたシーンをママたちに聞いてみました。
30代ママ
息子はベビーカーに乗っているとだんだん飽きてくるタイプです。音が鳴るおもちゃがあると気持ちを切り替えて遊んでくれるので、おもちゃを持ってきて良かったなと思いました。
30代ママ
ベビーカーにおもちゃを付けておくと好きなように遊んでくれて、ゆっくり買い物ができました。
30代ママ
口におもちゃを入れて舐めると落ち着くようだったので、外出先でもぐすることが少なかったです。
ベビーカーに乗って子どもといっしょに買い物に行くことも多いですよね。外出中、長時間になると子どももだんだん飽きてしまうかもしれません。

子どもの気持ちを落ち着かせながら楽しく遊べるおもちゃがあると、ママやパパといっしょにおでかけを楽しめそうです。

ベビーカーに付ける手作りおもちゃ

ベビーカーに付ける手作りおもちゃのアイディアをご紹介します。

ひも通し

フェルトを用意して、丸や四角など好きな形に切って中心部分に穴を開けます。同じ形のフェルトを2枚縫い合わせましょう。

中に綿を入れたり、いろいろな形を複数作ってもよいようです。

中心部分の穴にひもを通して完成です。穴部分にクリップやストラップを取り付けるとベビーカーに付けることができます。

ドーナツデザインや、車や電車などの乗り物モチーフのひも通しもかわいいですね。子どもが好きなデザインのひも通しを手作りしてみましょう。

布ボール

布を切って5cmの正方形を12枚作ります。2枚を縫い合わせて、中に綿を入れましょう。

ベビーカーに付けられるように、正方形のどれか1枚にリボンやひもを縫いつけます。ボールの形になるように、正方形の角を縫い合わせましょう。

お気に入りの柄や子どもの好きなキャラクターの布を用意すると楽しいですね。着なくなった服をリメイクして作ることもできそうです。

布ボールは汚れてしまっても洗うことができます。やわらかい素材のボールは、1歳や2歳の子どもも安心して遊べるでしょう。

手作り布絵本

フェルトを使ってオリジナルの布絵本を手作りしてみましょう。

シンプルな図形や食べ物、乗り物や線路など子どもの興味に合わせてデザインし、布に縫い合わせます。

縫わずに貼り付けられる裁縫用の接着剤を使うと簡単に作れるようです。

フェルトを使って数字や文字の形を作り、オリジナルの知育布絵本を作るもの面白そうですね。

ベビーカーに付けられるように布絵本にリボンやひもを縫いつけるとよいでしょう。

ベビーカーにおもちゃを付けておでかけを楽しもう

お出かけが楽しい赤ちゃん
HappyChildren/Shutterstock.com
ベビーカーに、格子状のボールや布絵本、ぬいぐるみや歯固めを付けておでかけしているママたちは複数人いました。

飽きないでよく遊んでいるお気に入りのおもちゃをベビーカーに付けると、子どもと楽しくおでかけできるかもしれませんね。おもちゃの付け方に迷うこともあるかもしれませんが、クリップやストラップを使うと簡単にベビーカーに付けられるようです。

1歳や2歳の子どもが楽しんで遊べるおもちゃ手作りすることもできます。子どもといっしょにおでかけを楽しめるとよいですね。

2019年09月05日

専門家のコメント
18
    せんせい 保育士
    降ると音がなるものや
    鏡がついてる自分が見えるものや
    あとはカラーセロファンとか喜びますよ
    くじら先生 保育士
    オーボールは鉄板ですね。道ゆくベビーカーにたいてい付いています。引っ張ったり、握るとカシャ
    いちぽ先生 保育士
    ベビーカーにオーボールをつけていました。かじったりにぎったりして遊んでました。
    ブルブル震
    とまと先生 保育士
    ぬいぐるみのようなおもちゃと歯固めをつけていました。同じものだと飽きるので、別のに持ってき
    あー先生 保育士
    こどもとベビーカーでお出かけするようになったら、ベビーカーにつけるおもちゃを用意しておくと
    きらり先生 保育士
    揺れるとガラガラと音がなるものや歯固めなどをつけています。音が鳴るたびにすごく嬉しそうに見
    すー先生 保育士
    引っ張り揺れたりすると音がなるおもちゃをベビーカーにつけていました。またその日のお気に入り
    みー先生 保育士
    年齢に合わせてベビーカーにつけるオモチャもかえていました。
    最初の頃は揺れると音が鳴る布製
    りお先生 保育士
    引っ張るとブルブルするおもちゃや握って音が出るおもちゃなどをつけて、ぐずり出したらそれで気
コメントをもっと見る

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ