子どもの知的好奇心を刺激する「サイエンス」の絵本11選

子どもの知的好奇心を刺激する「サイエンス」の絵本11選

子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

実験にチャレンジしてみよう

子どもの「やってみたい!」を上手に刺激して、家庭でもできる簡単な実験に親子で挑戦してみましょう。

かみなのに

かみなのに
身近な素材、紙を使って、小さい子どもからでもできる簡単な実験を紹介している絵本です。

私たちがイメージしがちな、すぐに破れてしまう薄っぺらい紙は意外にもはねるし、のびるし、本当はかたい……!のびのびした発想で、大人も驚く内容が満載。親子ではじめる実験の最初のステップとして、手に取ってほしい一冊です。

おうちで楽しむ科学実験図鑑

おうちで楽しむ科学実験図鑑
思わず親子で挑戦したくなるような、きれいでおもしろい実験がたくさん紹介されている、科学実験の図鑑です。

身近な材料や道具でできる実験だけを厳選しており、詳しい手順までしっかり掲載してくれているため、簡単にはじめることができます。どうしてそうなるのか、科学的な根拠を追求すると新たなひらめきがあるかもしれません。

園児と楽しむ はじめてのおもしろ実験12ヵ月

園児と楽しむ はじめてのおもしろ実験12ヵ月
1年各月の行事をテーマに全12章で展開した、未就学児でも楽しめる実験の絵本。

この絵本特有の構成で、子どもも季節を感じながら実験を楽しむことができるようになっています。小さい子どもでも分かりやすいように、イラストや図解、写真が満載なのもうれしいポイント。親子のコミュニケーションツールとしても最適な一冊です。

じっくり観察してみよう

じっくり観察することで、物事の変化を想像する楽しさを知ることができます。そしてそこから思いもよらない事実に出会えるかもしれません。

あしたのてんきは はれ? くもり? あめ?

あしたのてんきは はれ? くもり? あめ?
明日の天気は晴れ?雨?それとも曇り?天気は私たちの生活に密接に関係しています。そんな天気のことを小さい子どもにわかりやすく説明してくれる、こちらの絵本。

雲の形や動き、夕焼けや生き物の様子を観察することが、親子でいっしょに学ぶ楽しさにも繋がりそうな一冊です。

食べて始まる食卓のホネ探検

食べて始まる食卓のホネ探検
食べ終えた肉や魚のホネ。じっくり観察してみると思わぬ形に見えることがあります。それがこの絵本の伝えたい面白さ。また、動物の体のつくりの巧みさに気づき、いのちを食べていることへの実感にもなるでしょう。

子どもの洞察力と想像力をぐっと高める絵本です。

新たな発見をしよう

新たな発見は子どもたちの今までの生活をがらりと変える力があるかもしれません。身近なところの疑問をひも解いて、世界を変えるような発見に出会える絵本を集めました。

なぜ?どうして?かがくのお話1年生

なぜ?どうして?かがくのお話1年生
「あくびはどうして出るの?」「バナナに種はあるの?」「虹はどうしてできるの?」など、身近な疑問や科学の不思議など、知って楽しいお話が36話おさめられています。

写真やイラストが満載で、子どもの好奇心を刺激する内容。1年生と学年が書かれていますが、それに関係なく学ぶことができる、幼児期から大人まで幅広く楽しめる一冊です。

のぞいてみよう しぜんかがく みず

のぞいてみよう しぜんかがく みず
私たちの身近にありながら、実はあまりよく知られていない「みず」。どこから発生し、どこへ流れていくのか、「みず」の循環や特性を楽しく学べるようになっています。

イラストがとてもかわいらしく、色彩も明るいため、子どもにぴったり。大人も知らない「そうだったんだ!」がたくさんつまった、親子で楽しめる自然科学の絵本です。

7歳までに知っておきたい科学えほん

7歳までに知っておきたい科学えほん
植物や動物、人の体、光や音、宇宙など、身のまわりの科学を楽しく学べる絵本。

かわいい「科学虫」たちが案内人になって、さまざまな知識をカラフルで親しみやすいイラストとともに紹介します。環境、多様性、SDGsなど、これからを生きる子どもたちに欠かせないテーマも含まれており、小さい頃から考えるきっかけになるかもしれません。

はじめての なぜなにふしぎ えほん

はじめての なぜなにふしぎ えほん
日常の中で子どもがはじめて出会う70以上の疑問を、イラストでわかりやすく解説した絵本です。

大人も知らなかった身近な不思議を、読み進めるうちに「なるほど」と理解していくことができます。子どもが好きそうなかわいいイラストも魅力。興味をもつテーマから順に、科学のおもしろさについて知っていきましょう。

考える力を養おう

新たな発見は子どもの思考力を成長させるきっかけになります。考えることが好きになる絵本で子どもの能力を開花させましょう。

ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ かがくのお話

ぐんぐん頭のよい子に育つよみきかせ かがくのお話
たのしむ、わかる、やってみるの3ステップで科学に対する興味をぐんと高める科学絵本。おもしろいストーリーを絵本のように楽しみ、そのあとに図解ページをみて学ぶことができる構成になっています。

昆虫や動物、植物、食べものなど、子どもが好きなものがたくさんつまっているため、どのお話も飽きずに読み進めることができそうです。好奇心旺盛な年頃の子どもへのプレゼントにもおすすめです。

好奇心をそだて考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365

好奇心をそだて考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365
たくさんの楽しいイラストや図解で、読書や理科が苦手な子どもも自然と読み進められ、自分で考える力を養える一冊。

身近な科学のお話が1日1話、12カ月365日分掲載されているため、小さな子どもでも少しずつ科学にふれ、好奇心を広げていけるかもしれません。親子で一緒に読んだり、大人が子どもの疑問に答えるときのヒントにしたりしてもよいのではないでしょうか。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年09月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • 子どもにはたくさん本を読んでほしいと思うママやパパは多いですよね。一方で、本選びはどのようなポイントで選ぶと良いか迷うもの。今回の記事では、子どもの好奇心がぐんぐん広がるおすすめの本をご紹介します。

    株式会社エムディエヌコーポレーション

    PR

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ