親子で思いきり笑おう。ユーモアあふれる絵本9選

親子で思いきり笑おう。ユーモアあふれる絵本9選

あなたは毎日子どもと笑いあっていますか?「笑い」は心を軽くして、何よりも楽しい時間を作ってくれます。いつもの親子の時間を笑顔あふれる時間にしてくれる、ユーモアたっぷりの絵本をご紹介します。

赤ちゃんもにっこり

絵本の読み聞かせで、赤ちゃんが初めて笑ったというママやパパもいるのではないでしょうか。赤ちゃんの視覚や聴覚を刺激して、自然と笑顔になるような絵本で、読み聞かせの時間を楽しみましょう。

すまいる

すまいる
笑顔がたくさんつまった赤ちゃんのための一冊。

ページをめくるたびにあらわれる動物たちの笑顔に、自然と赤ちゃんも笑ってしまうでしょう。相手が笑顔だと自分も笑顔になれますよね。最後のページ、ミラーに映る赤ちゃんの笑顔に大人も必ずにっこり笑顔になるはずです。

笑顔が幸せを呼ぶことを改めて感じられるかもしれません。

ごぶごぶ ごぼごぼ

ごぶごぶ ごぼごぼ
グラフィックデザイナーとして世界的に活躍している駒形克己さんによる赤ちゃん絵本。

不思議な音の響きとカラフルな丸。ふたつの絶妙なしかけに、気づけば赤ちゃんも興味津々でしょう。それぞれのページにあいた穴は、見るだけでなく触れて楽しむこともできそうです。

「ぷーん」「ぷく ぷく ぷく ぷくん」「ぷぷぷ」「ごぶ ごぶ ごぼ ごぼ」・・・読み聞かせの声に強弱をつけて、赤ちゃんの笑いのツボを探ってみて。

リズミカルなことばで笑い出す

まだことばの意味をはっきり理解するのが難しい年齢の子どもでも、声に出して読むと音からイメージしやすいこともあるでしょう。リズミカルなことばの心地よい響きと面白さで、いつも以上の笑いを親子で。

えがないえほん

えがないえほん
この本には、タイトル通り、絵は一切ありません。ですが、シンプルな表紙からは想像もできない笑いと楽しさがあなたを待っています。ただひとつだけ、「書かれている言葉を、声に出して読むこと」。このルールは忘れないようにしてください。

読んでいるあいだ、子どもたちはずっと笑いっぱなし! 全米70万部突破の画期的な読み聞かせ本を親子で楽しく体験してみてはいかがでしょう。

おならうた

おならうた
リズミカルな文章と迫力のある絵が子どもの笑いをめいっぱい引き出してくれそうな一冊。

「ぼ」「ば」のような濁音は子どもたちにとって笑える要素のひとつなのかもしれません。そんな濁音の響きと勢いがこの作品を無条件に面白くしています。ジェスチャーをつけながら読み聞かせると子どももさらに笑ってしまうはず。

ことば遊びで笑いの幅を広げる

ことばのセンスを磨ける「ことば遊び」。日本語の面白さを感じながら、クスッと笑えるそんな絵本が子どもたちにも人気のようです。ユーモラスなストーリーで、笑いといっしょに学びも自然と身につきそうです。

まほうのれいぞうこ

まほうのれいぞうこ
突然しゃべりだした、新しい冷蔵庫。この冷蔵庫にはあるしかけがあるようで・・・

読者の心にゆとりと笑顔を与えてくれる、だじゃれ満載の一冊。親子で歌を歌いながら、オリジナルのだじゃれで楽しんでみませんか?

誕生日のプレゼントにもぴったりな絵本です。

なぞかけどうじょう

なぞかけどうじょう
トランプとかけて、のこぎりととく。そのこころは・・・

江戸時代からある、ことば遊び「なぞかけ」。ひらめきとユーモアいっぱいの中身で、なぞかけを知らない子どもも夢中になれそうです。大人もいっしょにことばのセンスを磨いて、なぞかけ名人になりましょう!

カッパのあいさつ

カッパのあいさつ
とにかくおもしろいストーリーにコミカルな絵も魅力的な絵本。

だじゃれも楽しく、笑いがたえない一冊です。カッパという実在しない登場人物に子どもも自由に発想力を働かせそうです。ページをめくるごとにどんどん絵本の世界に入り込んで、読み終わると子どもの「もう一回読んで!」が聞かれるかもしれません。

親子で笑いあう

子どもといっしょにいると、ふとした表情や言動に思わず笑ってしまうことってありませんか?絵本の読み聞かせの時間にも、子どものユーモアを思いっきり感じて親子で笑顔あふれるすてきな時間をすごしましょう。

でっこりぼっこり

でっこりぼっこり
インパクトのある絵と誰にも思いつかないようなおもしろい設定で、子どもはもちろん大人も何度も読みたくなるようなストーリー。

短い文章をじっくりと、絵をしっかり見せながら読み聞かせると、子どもならではの視点で、読むたびに新しい発見を与えてくれそうです。

かおはめえほん たすけてー!

かおはめえほん たすけてー!
観光地やレジャースポットでよく見かける顔はめパネルがしかけ絵本に。

絵本の中の主人公になりきって、「たすけてー!」と叫んでみましょう。それぞれの表情豊かな表現に、必ず笑顔になるはずです。親子や友だちとのコミュニケーションにおすすめの一冊。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年05月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧