イヤイヤ期を絵本で楽しく!種類や選び方、読み聞かせのコツ

イヤイヤ期を絵本で楽しく!種類や選び方、読み聞かせのコツ

どのような絵本がよい?

イヤイヤ期の子どもに絵本を読んであげたいけれど、どのような絵本がよいかや、じっとして聞いてくれないときの対応について悩むママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、イヤイヤ期の子どもに読んだ絵本の種類や選ぶときに意識したこと、読み聞かせるときのコツなどについて体験談を交えてご紹介します。

イヤイヤ期の子どもに絵本を選ぶとき

イヤイヤ期の子どもといっしょに楽しく読める絵本を選びたい、と考えている方もいるのではないでしょうか。イヤイヤ期の子どもに選ぶ絵本について、ママやパパの声を聞いてみました。

30代ママ
何をするにも「いや」の連続で、ついイライラしてしまいます。イヤイヤ期によい絵本があると聞きましたが、どのようなものがあるのか気になります。
30代ママ
イヤイヤ期真っただ中で、絵本を読み聞かせようとすることもイヤイヤします。どうしたら絵本に興味をもってくれるのか知りたいです。
子どもがイヤイヤ期のときに選ばれている絵本や、読み聞かせのコツが知りたいママもいるようです。実際にイヤイヤ期の子どもに絵本を読んでいたママやパパはどのように選び、どのように読み聞かせていたのでしょうか。

イヤイヤ期の子どもに選んだ絵本の種類

イヤイヤを題材にした絵本

20代ママ
子ブタのキャラクターが主人公のお話で、前から読むと「イヤイヤ」する子ブタ、後ろから読むと「すごいね」と言われる子ブタの物語になる仕掛けの絵本を選びました。最後は「大好きだよ」というメッセージにつながるようになっているので、読み聞かせの最後に娘を抱きしめています。
40代ママ
さまざまなシーンで「いやだいやだ」という女の子が登場する絵本を選びました。最後は「どうするの?」というフレーズで終わるので、子どもといっしょに「どうしたらいいかな?」と考えるきっかけになりました。
主人公のキャラクターが、イヤイヤ期の子どもと同じような行動をする内容の絵本を選んだママがいました。主人公のイヤイヤに対する絵本の登場人物のユニークな反応を見て、自分もそうしてみようと思えたというママの声もありました。

子どもといっしょに笑える絵本

40代ママ
ひょうきんなだるまのキャラクターが登場する絵本を選びました。繰り返しのリズムと予想外のだるまさんの変化に子どもも私も大笑い!気に入ってセットで購入しました。
イヤイヤ期の子どもといっしょに笑える絵本を選んだママがいました。題材がイヤイヤ期ではなくても絵本の内容で笑えたら、読み聞かせの時間がママにとっても癒やしの時間になるかもしれません。

しつけに役立つ絵本

20代ママ
お風呂を嫌がる娘に、とぼけたワニのキャラクターがお風呂を楽しむ絵本を選びました。兄の持っているワニの人形を持ってお風呂に入るのが習慣になりました。
生活の中で特に嫌がるパターンがあるとき、その生活のシーンを題材にした絵本を選んでしつけに役立てたママがいました。他にも、寝かしつけや着替え、トイトレのシーンに役立つ絵本もあるというママの声もありました。

イヤイヤ期の子どもに絵本を選ぶときに意識したこと

イヤイヤ期の子どもに絵本を選ぶとき、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。ママの声を聞いてみました。

子どもの好きなものが登場する

30代ママ
息子はとにかく動物が大好きだったので、動物のキャラクターが出てくる絵本を中心に選んでいました。気づくと子どもが自ら絵本を取り出して眺めているときもありました。
子どもの好きなものが出てくるかどうかを意識して、絵本を選んだママがいました。イヤイヤ期でなかなか読み聞かせに乗ってこない子どもでも、好きなキャラクターが登場する絵本であれば、興味をもちやすいかもしれません。

内容がシンプルでわかりやすい

20代ママ
同じ言葉の繰り返しや、擬音語が多いシンプルな絵本を選んでいました。絵本の題名よりも、中に出てくる擬音語を覚えていることが多かったので、「ゴロゴロの本読もうか?」などと声をかけると息子から寄ってくることもありました。
イヤイヤ期の子どもでも覚えやすい、シンプルな内容かどうかをポイントにして絵本を選んだママがいました。じっとして聞いていられない時期でも、登場人物の少ないシンプルな内容の絵本は子どもが最後まで聞いていたというママの声もありました。

子どもが扱いやすい素材

30代ママ
何でも自分でやりたがるイヤイヤ期の娘は、絵本のページがうまくめくれないと機嫌が悪くなったので、子どもでもページをめくりやすいかどうかを実際に手にとって確認して選びました。
イヤイヤ期の子どもが扱いやすいかどうかという視点で、絵本の素材を選んだママがいました。子どもが絵本を口に入れてしまうことが多かったので、柔らかい布絵本をプレゼントしたというママの声もありました。

イヤイヤ期の子どもに絵本を読み聞かせるコツ

イヤイヤ期の子どもに絵本を読み聞かせようとしても、聞いてくれないと悩んでいる方もいるかもしれません。実際に、イヤイヤ期の子どもに絵本を読み聞かせていたママやパパにコツを聞いてみました。

子どものペースにあわせる

40代ママ
読み聞かせの途中に娘が先へ先へとページをめくりたがることが多かったのですが、見守っていました。手が止まって、絵をじっと眺めているときに、そのページに書かれている文章を読んだり、絵について声掛けしたりしていました。
他にも、子どもが何かに集中しているときは避け、リラックスしているタイミングを選んで読み聞かせを進めたというママの声もありました。イヤイヤ期の子どもが機嫌のよいタイミングや読み方の好みなどがわかると、自然な流れで読み聞かせができるかもしれません。

絵本の置き場所を工夫する

30代ママ
普通の本棚の他に、子どもの目の高さに表紙が見えるように絵本を並べられる場所を作りました。背表紙だけが見えていたときより、子どもから絵本を持ってくることが多くなりました。
子どもの目の高さにあわせて、絵本を置く場所を工夫したママもいるようです。子どもが膝に乗ってきたときになど自然に読めるよう、各部屋に絵本を置いていたというママの声も聞かれました。

読み方に変化をつける

20代ママ
子育て広場で聞いた保育士さんの読み方を真似して、抑揚をつけて読むようにしたところ、娘の反応が全く違ったので驚きました。慣れてくると、私も読むのが楽しいと感じるようになりました。
読み方に変化があると、子どもが興味をもちやすくなるかもしれません。絵本を子どもの顔から遠ざけたり近づけたり、左右に揺らしたりと変化をつけたところ、子どもが自ら絵本を手に取って動きを真似しながら読むようになったというママの声もありました。

イヤイヤ期を絵本で楽しく乗り切ろう

イヤイヤ期の子どもに、イヤイヤ期を題材にした絵本や子どもといっしょに笑える絵本、しつけに役立つ絵本を、内容や素材を意識して選んだママたちがいました。絵本を読み聞かせるときは、読み方に変化をつけたり子どものペースにあわせたりすると自然に興味をもってもらえるかもしれません。絵本といっしょにママも子どもも楽しい時間をすごせるとよいですよね。

2020年02月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ