6歳の子どものために選んだ絵本は?心の温まる物語など

6歳の子どものために選んだ絵本は?心の温まる物語など

6歳向けの絵本の選び方

6歳の子ども向けの絵本について気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、6歳向けの絵本の選び方や実際に6歳の子どもが喜んだ絵本、ひらがなやカタカナなどが読めるようになった子どもと絵本を楽しむ工夫を、ママやパパの体験談を交えてご紹介します。

6歳の子どもが興味をもつことは?

6歳の頃の子どもが興味をもつのはどのようなことなのでしょう。ママやパパに子どもが興味をもっていることを聞いてみました。

40代パパ
6歳になった頃から友だちといっしょに遊ぶことがとても好きになったようです。夕食を食べながら話すことも、友だちと遊んだことや活動したことが増えてきました。
30代ママ
娘は5歳になるとひらがなやカタカナなどの文字に興味をもつようになりました。6歳になった今は、お気に入りの絵本を早くひとりで読めるようになりたいそうです。
子どもが6歳になった頃に、友だちとの活動や文字などに興味をもち始めたというママやパパの声が聞かれました。他には、スポーツや生きものなどに興味をもつようになったという声もあり、6歳の子どもの興味はさまざまなようです。

子どもの世界を広げるために絵本を利用することもあるのではないでしょうか。6歳向けの絵本には、友だちとの関わり方や勇気をもつこと、日常の生活などをテーマにしたものもあるようです。

6歳向けの絵本の選び方

6歳向けの絵本はどのようなポイントで選ぶとよいのでしょう。ママたちに絵本の選び方を聞いてみました。

友情をテーマにした絵本

30代ママ
6歳になると友だちとの関わりが深くなり、けんかをしたり仲直りをしたりする姿も見られるようになってきました。6歳の子どもに絵本を選ぶときは、友だちとの接し方が描かれていることをポイントにしています。
6歳向けの絵本には友だちとの友情が描かれたものもあるようです。保育園で友だちとけんかをして悲しそうにしている子どもと、仲直りの仕方や友だちの気持ちなどが描かれた絵本をいっしょに読んだというママの声もありました。

思いやりがテーマになった絵本

アジア人 子ども 友だち
szefei/Shutterstock.com
30代パパ
小学校への入学を控えた子どもに、思いやりの心をもてるような絵本を選びたいと思いました。人や動物に対する思いやりをテーマにした絵本を読むことで、やさしい心をもった子どもに成長してくれるのではないかと考えています。
人や動物、ものへの思いやりが描かれていることをポイントに、6歳向けの絵本を選んでいるパパもいるようです。絵本のなかのやさしい気持ちにふれることで、周りの友だちに思いやりをもってかかわれるかもしれません。

ことばの面白さを味わう絵本

30代パパ
うちの子は繰り返しのことばを気に入っているので、絵本を選ぶときはことばの面白さにポイントをおいています。ことばがリズムよく並んでいる絵本は何度読んでも飽きないらしく、絵本を丸暗記してしまいました。
6歳の子どもの絵本の選び方として、ことばの面白さを伝えることをポイントにしているママがいました。リズミカルなことばが続く絵本を読んでいると、子どもだけでなく大人も楽しいと感じられるかもしれません。

ママたちが選んだ6歳の子どもの絵本

6歳の子どもが喜んでくれた絵本には、どのようなものがあるのでしょう。実際に、ママたちが選んだ絵本について聞いてみました。

狼とヤギが友だちになる絵本

40代ママ
あらしの中で偶然出会った狼とヤギがお互いのことを知らずに仲よくなるという絵本を、子どものために購入しました。6歳になると狼とヤギの関係が少し理解できるようで、絵本の不思議な友情に感動したようです。
本当なら友だちになるはずのない狼とヤギが、あらしの暗闇のなかで勘違いしたまま仲よくなるという絵本のようです。子どもがとても気に入ったので、シリーズを全て購入し親子で何度も読み返しているというママの声もありました。

やさしい心が花になる絵本

30代ママ
娘にやさしい心をもった子どもになってほしいと思い、やさしさが花になるという絵本を選びました。女の子がやさしい気持ちでがまんするたびに花が1つ咲くというお話を読んで、娘が「私もお花をたくさん咲かせたい」と話しています。
6歳の女の子のために、やさしさが花になるという内容の絵本を選んだママがいました。自分のことよりも人のことを思いやる気持ちが美しい花を咲かせるという物語は、6歳の子どもの心にも温かく残るかもしれません。

ことばあそびの絵本

ひらがな
Rene Martin/Shutterstock.com
40代ママ
かっぱなどが登場する愉快なことばあそびの絵本を、6歳になった子どものために選びました。韻を踏んだり繰り返したりしてことばを楽しむ内容なので、子どもといっしょに声に出して読んでいます。
ことば遊びの絵本も6歳の子どもに喜んでもらえそうです。声に出して繰り返しを楽しむ絵本の他に、語尾を変えていく面白さを味わう絵本や古くからあることわざをもじった絵本などもあるようなので、実際に手にとって子どもといっしょに選んでもよいかもしれません。

文字が読める子どもと絵本を楽しむ工夫

6歳になると文字が読めるようになる子どももいるようです。ひらがなやカタカナが読める子どもと絵本を楽しむために行なっている工夫を、ママたちに聞いてみました。

親子で交互読みをする

30代ママ
6歳になってひらがながじょうずに読めるようになった息子と、絵本の交互読みをして楽しんでいます。ときどき読めない文字があると目で合図をしてくれるので、小さな声でそっと教えるのも私の楽しみです。
ひらがなが読めるようになった6歳の子どもと、絵本の交互読みをしているママがいました。文字を読み始めた頃はスムーズに読めず内容がわかりにくいこともあるので、ママやパパが何度か読み聞かせをするとよいかもしれません。

役割を決めて読む

40代ママ
我が家では絵本に出てくる人や動物などの役割を決めて、劇をするように読んでいます。娘が主人公になったときには私や夫がその他の役割を声色を変えて読むことで、家族劇団のように楽しむことができました。
文字が読めるようになった子どもと役割を決めて読むことも、絵本を楽しむ工夫のひとつのようです。ママのなかには、休日に子どもと指人形やペープサートを作り、人形劇の練習をしているという声もありました。

6歳の子どもが楽しめる絵本を用意しよう

アジア人 6歳
Monkey Business Images/Shutterstock.com

6歳の子どものために友情や思いやりがテーマになった絵本を選んでいるママやパパがいました。子どもが文字を読めるようになってきたときは、親子で交互読みなどの工夫をするとよいかもしれません。

物語を通して子どもの世界が広がるような、6歳向けの楽しい絵本を用意できるとよいですね。

2019年11月24日

専門家のコメント
19
    ちび先生 保育士
    私は「おまえうまそうだな」シリーズが好きで年長クラスの時はよく読み聞かせをしていました。人に優しくしたり、友情について伝えたい時はいいかな、と思います!!
    どんな事を伝えたいか、をベースに絵本選びをするようにしています。
    わい先生 保育士
    日本昔話やイソップ物語など様々な物語を楽しめるようになります。物語の本は楽しいです。
    でも、私がオススメするのは、『いいから いいから 』という絵本です。おじいちゃんと孫の話なんですが繰り返しがあって面白い!そして今の時代、色々考えてしまう子どもたちに些細なことを気にしなくてもいいよ➰💮という発想を教えてくれる絵本です。
    あと、『くらべる絵本』6歳になると相手と比べることをします。どっちが速く走れるなど写真で教えてくれるので読むよいうより見て学ぶ絵本です。
    もしもしまま先生 保育士
    6歳になると、文字への興味も強くなり、自分で読むことが増えてきますね。

    春の卒園の時期には、
    『おおきくなるっていうことは』
    を選んであげるのもいいかもしれません。
    小学校へ行くことへ、気持ちが整理されるかもしれないですね。

    あとは、自分で読めると言っても、まだまだ読んでもらいたい時期。
    少し長いお話を夜寝る前に何日もかけて読み聞かせても親子のいい時間になるのではないでしょうか?
    『おおどろぼうフォッテンプロッツ』
    『おしいれのぼうけん』
    『エルマーとりゅう』
    など、どうでしょうか?
    ぽん先生 保育士
    わたしはツペラツペラさんの絵本が好きです!独特な絵と世界観が好きなのですが、子どもたちも世界観にひきこまれ、夢中になっていました!特に、キャベジという絵本というのか、図鑑というのか…大人が見ていても面白いなあ!と思ってしまう絵本なので機会があれば見てみてください!
    あゆみ先生 保育士
    6歳になると理解出来ることが増えて、様々な絵本の世界を楽しめるようになりますね。単純なユーモアのあるお話、少し複雑なストーリー性のあるお話、気持ちの面で語りかけるお話…。
    何冊かオススメの絵本をご紹介したいと思います♪

    ○ぼくのともだちおつきさま
    ○ちいさいおうち
    ○ふたりはともだち
    ○ビロードのうさぎ
    ○はじめてのおつかい
    ○きょうはなんのひ?
    ○こんとあき
    ○ふゆじたくのおみせ
    ○きょだいなきょだいな
    ○そらまめくんシリーズ
    ○キャベツくんシリーズ
    ○マドレーヌ シリーズ
    ○よるくま

    お気に入りの作家やシリーズを見つけて、たくさん楽しんでほしいと思います^^
    あんちゃん先生 保育士
    年長の担任です。
    今、うちのクラスでは、バーバパパの絵本、かっぱおやじが人気です!
    わんぱくだんとかも、大好きです!
    みょん先生 保育士
    私は『ねこのピート』シリーズが好きでまた歌付きなのでよく読んでいました!
    歌付きなので覚えやすくて良いと思います!内容が学校だったりクリスマスだったり、色だったり、簡単な算数だったりと頭も使うのでおススメです!
    はつみ先生 保育士
    「ちょっとだけ」が大好きで子どもたちに良く読みました。
    赤ちゃんがいるご家庭や、これから妹や弟ができる子に読んであげたい絵本です。
    初めて読んだ時、とっても心が温まりました。
    まな先生 保育士
    6歳にもなると、理解力や文字への興味が深まりますね。
    感情が読み取れるものや、友情のお話、相手の気持ちを考えるお話などが良いですね。
    ・どんぐりむらのぼうしやさん
    ・けんかのきもち
    などが人気だと思います。

    子どもの頃に読んだ絵本は、大人になっても覚えていることが多いですよね。
    心に残る1冊を子どもと見つけられたら良いですね。
    くじら先生 保育士
    みやにしたつやさんの「にゃーご」がオススメです。
    小ネズミ達とネコのお話なのですがユーモアがあり、くすりと笑ってしまう場面がいくつもあります。
    読み終わると心がほっこり温かくなりますよ(*´ω`*)
    はなばたけ先生 保育士
    「ないたあかおに」の絵本です。なかには涙を浮かべながら見ていた子もいました。子ども達にも大人の方にも是非見て頂きたい1冊です。
    かんな先生 保育士
    少し難しいかな?と考えましたが「100万回生きたねこ」を年長さん達のおはなし会で読んでみました。
    ねこという身近な動物ですが、絵は少しリアルで可愛いねこの物語の話ではなく大人が読んでも考えさせられてしまそうです。途中、年長さん達の表情を見ましたが真剣な面持ちで聞いてくれているようでした。終わったあとで
    「かわいそうだね」や「なんで死んじゃったの」などいろんな思いを聞かせてくれました。
    ゆか先生 保育士
    6歳にもなると長目の絵本でも集中して最後まで聞けるようになっています。
    ストーリーせいのあるものがお勧めです。
    お薦めはたくさんあるのですが自分が持っている絵本のなかから紹介したいと思います。
    ★どんくまさんシリーズ
    ★じごくのそうべい
    ★かいじゅうたちのいるところ
    ★くるんぱのようちえん
    ★あらしのよるにシリーズ
    ★どろぼうがっこう
    ★てぶくろ
    ★ないたあかおに
    ★素敵な三人組
    ★100階建てシリーズ
    ★エリック カール シリーズ
    などです😄
    りか先生 保育士
    6歳になると自分で読む子います。
    短文でストーリーが分かりやすい【ネズミくんシリーズ】は一人でも読みやすいですね。
    大人が読み聞かせするなら【わんぱくだんシリーズ】はドキドキワクワクして好奇心を掻き立てられます。
    すみっこ先生 保育士
    年長組では
    絵のない(少ない)本の読み聞かせをしていました。
    エルマーとりゅうシリーズ
    ロボットカミィ
    おしいれのぼうけん
    を何日かに分けて読みました。

    話を聞きながら場面を想像する…♪みんなの一生懸命お話を聞いている顔が印象的でした☺️
    いちぽ先生 保育士
    複雑なストーリー性のあるお話や、単行本サイズくらいの長い話も読めるようになってきますよね。
    また絵が可愛い本なんかも、女の子は好きみたいです。
    こんとあきがわたしはほっこりして好きですね。
    あー先生 保育士
    6歳になるとこども同士のかかわりが深まってきてケンカやいざこざが増える時期なので、けんかをして仲直りをするようなストーリーせいのある絵本を読んでいました!絵本を見て仲直りの方法を知ってもらうというねらいもあります。
    おはぎ先生 保育士
    最近の本も良いものが沢山ありますが、読みやすそうな昔話の本もオススメです。みんなが知っているストーリーを知っているというのも大切ですし、大事な意味も込められています。大きなカブもみんなで協力して成し遂げるという意味だけのようですが、実は最後に一番小さなネズミが引っ張ると抜けるというのもポイントだそうです。もう少し掘り下げると昔話や童話もとても楽しいですし、勉強になりますよ
    きらり先生 保育士
    おしいれのぼうけんは、とても人気のある絵本です。とても、長いお話ですが展開がおもしろく子どもたちは食い入る見ています。

絵本の関連記事

カテゴリ一覧