4歳の男の子向けの図鑑。図鑑好きになったきっかけなど

4歳の男の子向けの図鑑。図鑑好きになったきっかけなど

図鑑の種類や選ぶときのポイント

4歳の男の子はどのような図鑑を喜ぶのか、気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、4歳の男の子が図鑑好きになったきっかけ、4歳の男の子向けの図鑑や喜ばれた図鑑、選ぶときのポイントなどについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

4歳の男の子が図鑑好きになったきっかけ

4歳の男の子はどのような理由で図鑑に興味をもち始めるのでしょう。ママたちにきっかけになったことを聞いてみました。

「息子は4歳になっていろいろな生き物に興味をもつようになりました。庭で見かける昆虫の名前を聞くことも増えたので図鑑を見ながら教えていたら、いつの間にか図鑑好きになっていました」(30代ママ)

「うちの子は新幹線に乗ったことがきっかけで乗り物図鑑を見始めるようになりました。新幹線がとても気に入ったらしく、日本中の新幹線の写真が載っている図鑑を毎日飽きずに見ています」(40代ママ)

身近なものに興味をもったことや家族でお出かけしたときに経験したことなどをきっかけに図鑑好きになる男の子もいるようです。4歳になった頃にプラネタリウムで星を見たことをきっかけに宇宙に関係する図鑑を見るようになったというママの声もありました。

ママたちが4歳の男の子に用意した図鑑

4歳の男の向けの図鑑にはどのようなものがあるのでしょう。ママたちが子どものために購入した図鑑を聞いてみました。

ベーシックな図鑑

テントウムシ
© hit1912 - Fotolia

「子どもが動物に興味をもつようになったので、動物が詳しく紹介されている図鑑を購入しました。シリーズになっている図鑑なので動物の図鑑の次に昆虫の図鑑も購入しました。写真やイラストをたくさん使っているので、4歳の子どもにもわかりやすいと思います」(30代ママ)

ベーシックなタイプの図鑑には4歳の子ども向けのわかりやすいものもあるようです。魚、植物、星など、子どもが興味をもった図鑑から始めてみるとよさそうです。

テーマのある図鑑

「恐竜に興味をもち始めた子どものために、実際の大きさが見てわかる図鑑を購入しました。恐竜の牙や目などの実物大のイラストで紹介するというテーマの図鑑だったのですが、自分の歯や目の大きさと比べるなどして、楽しみながら見ています」(40代ママ)

4歳の男の子向けに、大きさや重さ、長さなどテーマ別で紹介している図鑑を選んだママがいました。実物大のライオンの鼻の写真を見てから動物園に行けば、子どもの感動も大きくなるかもしれません。

4歳の子どもの疑問に答える図鑑

「4歳になってさまざまなものに興味をもつようになり『なぜ?』『どうして?』が増えた息子のために、子どもの疑問に答える内容の図鑑を購入しました。普段の生活のなかで子どもが不思議に思うことがイラストやしかけを使ってわかりやすく紹介されています」(30代ママ)

4歳になると身の回りのさまざまなことに疑問をもつ子どももいるかもしれません。イラストなどを使ってわかりやすく説明されている図鑑があると、毎日楽しく疑問を解決できそうです。

4歳の男の子がもらって喜んだ図鑑

4歳の男の子が喜ぶような特徴のある図鑑もあるようです。子どもが喜んだ図鑑について、ママたちに聞いてみました。

ポケット版のついた図鑑

「昆虫の好きな息子に、日本や外国の昆虫の写真が満載の図鑑をプレゼントしました。小さなポケット版がついているタイプなので、外に出かけるときは必ずポケット版を持って行き、発見した昆虫を調べています」(40代ママ)

ポケット版のついた図鑑は、4歳の男の子が持ち歩くことができる便利な図鑑のようです。詳しいことは大きな図鑑で調べ、ポケット版を見ながら実際の昆虫を観察すると、一層興味が出てくるかもしれません。

言葉の意味や使い方がわかる図鑑

積み上げられた本
iStock.com/fstop123

「保育園で友だちと遊ぶことが多くなった息子に、言葉の使い方がイラストで描かれた図鑑のシリーズをプレゼントしてもらいました。『すべり台にのぼる人とすべり台をすべる人だね』などと親子で会話をしながら楽しいイラストを見ています」(30代ママ)

言葉や物事の様子について紹介する図鑑もあるようです。4歳になると行動が活発になったり友だちとの関わりが増えたりすることもあるかもしれません。絵や写真などを自分の生活と照らしあわせながら見ることができると、子どもの興味も広がっていきそうです。

DVDのついた図鑑

「息子は動物に興味があるので、野生の動物の様子を見ることができるDVDつきの図鑑をプレゼントしてもらい大喜びで見ていました。DVDで見た後で図鑑をじっくり見て、発見したことなどを嬉しそうに話してくれます」(30代ママ)

DVDのついた図鑑は写真やイラストではわからない動きも見ることができるので、4歳の男の子が喜んで見てくれそうです。宇宙の好きな子どもに彗星や星座も見ることができるDVDのついた図鑑をプレゼントしてもらい、毎晩星空を見るようになったというママの声もありました。

4歳の男の子に図鑑を選ぶときのポイント

4歳の男の子が喜んでくれる図鑑はどのように選ぶとよいのでしょう。選ぶときのポイントをママたちに聞いてみました。

子どもが驚くしかけがある

「4歳になると思いがけないしかけなどを喜ぶようになったので、図鑑もしかけ扉などのついたものを選ぶようにしています。しかけ扉をめくるという動作があることで、あまり興味のなかった魚や草花の図鑑もよく見るようになりました」(40代ママ)

子どもが驚いたり新しい発見をしたりできるような、しかけのある図鑑を4歳の男の子に選んだママがいました。スマホを写真にかざしてクイズに答えるようなしかけのある図鑑も喜ばれるかもしれません。

親子でいっしょに楽しめるものを選ぶ

「4歳の頃は自分で発見したことや感動したことを親に伝えることで、一層図鑑好きになるように思い、親子でいっしょに楽しめる図鑑を選ぶようにしています。子ども向けの図鑑ですが大人も新しい発見をすることがあるので、家族みんなで見て楽しんでいます」(30代ママ)

4歳の男の子に図鑑を選ぶときは、ママやパパもいっしょに見て楽しめるものを選ぶとよいかもしれません。休日には家族で図鑑を見ながら話しあうなどして、親子のコミュニケーションの時間にできるとよいですね。

4歳の男の子が喜ぶ図鑑を選ぼう

絵本を見る親子
iStock.com/anurakpong

4歳の男の子が喜んで見てくれる図鑑はさまざまあるようです。しかけのある図鑑や実際の大きさのわかる図鑑などを見れば、図鑑好きの子どもになるかもしれません。4歳の男の子が何度も見たくなるような図鑑を選べるとよいですね。

2018年12月17日

専門家のコメント
8
    もえ先生 保育士
    ポケットサイズの図鑑、役に立つ!
    きらり先生 保育士
    まずお子さんが何に興味をもっているのか。興味のある内容の図鑑で、息子は2歳くらいのときから
    いちぽ先生 保育士
    子どもが何に興味を示しているかによりますが、車なら車でも特に何が好きかでさらに詳しい図鑑を
    あー先生 保育士
    わたしのこどもは恐竜にはまっていて、ドラえもんも好きだったので(わたしもドラえもん好きです
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧