生後5ヶ月の赤ちゃんに読む絵本。おすすめや人気の絵本の選び方

生後5ヶ月の赤ちゃんに読む絵本。おすすめや人気の絵本の選び方

生後5ヶ月の赤ちゃんにはどのような絵本が人気なのか知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、絵本の読み聞かせを始めたきっかけ、生後5ヶ月の赤ちゃんに読む絵本のおすすめの選び方、ママたちに人気の音の絵本の紹介、赤ちゃんへの絵本の読み聞かせ方について、ママたちの体験談を交えながらご紹介します。

絵本の読み聞かせを始めたきっかけ

赤ちゃんが生後5ヶ月の頃になると、赤ちゃんとの生活にも少しずつ慣れてきて、絵本の読み聞かせを始めようと考えるママもいるかもしれません。ママたちはどのようなきっかけで絵本の読み聞かせを始めたのでしょうか。

遊びの一環で

「赤ちゃんとの遊びのバリエーションを増やしたいと思ったのをきっかけに、生後5ヶ月頃から絵本の読み聞かせを始めました」(20代ママ)

「子育て支援センターに行ったら、絵本がたくさん並んでいたので読み聞かせをしてみました。赤ちゃんも興味深そうに見ていたので、それからは遊びの一環として絵本の読み聞かせを取り入れるようになりました」(30代ママ)

遊びの一環として絵本の読み聞かせを取り入れたママもいました。遊びとして取り入れることで、赤ちゃんも絵本に興味をもってくれるかもしれませんね。

絵本のプレゼント

© schulzfoto - Fotolia

「4ヶ月健診のときに、市が行っているブックスタートの事業で絵本を1冊プレゼントされました。絵本をもらったことをきっかけに、赤ちゃんが生後5ヶ月の頃から絵本の読み聞かせを始めました」(30代ママ)

市町村によっては、乳幼児健診などの際に、赤ちゃんに絵本をプレゼントするというブックスタート事業を行っているところもあるようです。家族や知人から絵本のプレゼントをもらったことがきっかけで、読み聞かせを始めたというママの声もありました。

生後5ヶ月の赤ちゃんに読む絵本の選び方

生後5ヶ月の頃の赤ちゃんにはどのような絵本が人気でおすすめなのか、知りたいママもいるかもしれません。生後5ヶ月の頃の赤ちゃんに読む絵本の選び方について、ママたちに聞いてみました。

カラフルな絵本

「色のコントラストがはっきりしたカラフルな絵本を読み聞かせていました。赤ちゃんは、ページをめくるたびに楽しそうに声をあげていました」(20代ママ)

生後5ヶ月の赤ちゃんには、カラフルな絵本がおすすめだというママがいました。カラフルな本だと赤ちゃんの目にも留まりやすいので、絵本に興味をもってくれるかもしれませんね。

繰り返しが楽しい絵本

「赤ちゃんの頃の絵本は、言葉などの繰り返しが楽しい絵本を選んでいました。同じセリフの繰り返しも、声の高さや大きさなどを変えて読み聞かせをしてみると、赤ちゃんは手足をバタバタさせて楽しんでくれました」(30代ママ)

セリフや動きの繰り返しが楽しい絵本も、生後5ヶ月の頃の赤ちゃんにおすすめのようです。読み聞かせを何度かするうちに、赤ちゃんが絵本にどんどん興味をもつようになってきたように感じたというママの声もありました。

身近なものが題材になっている絵本

iStock.com/CCaetano

「電車の絵本が赤ちゃんのお気に入りでした。普段から電車を目にする機会が多かったからか、赤ちゃんに絵本を見せると笑ってご機嫌な様子でした」(30代ママ)

生後5ヶ月の頃は、電車や車などの乗り物、食べ物や動物など、身近なものが題材になっている絵本を選んでいたというママの声がありました。身近なものが登場する絵本であれば、生後5ヶ月の赤ちゃんでも興味をもってくれるかもしれませんね。

生後5ヶ月頃から楽しめる音の絵本

生後5ヶ月の頃になると、いろいろな音に興味をもち始める赤ちゃんもいるかもしれません。生後5ヶ月の頃の赤ちゃんにおすすめの、音を楽しめる絵本について聞いてみました。

文章に音や声がでてくる絵本

「水の流れる音や車の音など、いろいろな擬音が出てくる絵本を読み聞かせました。赤ちゃんも『あーあー』といって声で反応していました」(20代ママ)

身の周りの音が文章の中にたくさん盛り込まれている絵本が、生後5ヶ月の頃の赤ちゃんにおすすめだというママがいました。音のセリフをいうときには、少し大げさに読むようにすると、赤ちゃんが大笑いしてくれたというママの声もありました。

触って音がなる絵本

「たたくと音がなるたいこがついた絵本が子どものお気に入りでした。音がなるのが面白いようで、パンパンとたいこをたたいて笑っていました」(30代ママ)

「ボタンを押すと、乗り物の音がなる絵本が赤ちゃんにおすすめです。音がなるので最初はびっくりしていましたが、次第に音に反応してくれるようになり、見ているこちらが癒やされました」(30代ママ)

ピアノ絵本やたいこ絵本、乗り物絵本や英語絵本など、赤ちゃんが触ることで音がなる絵本もママたちに人気のようです。最初にママがどうやって音をならすかお手本を見せてあげると、赤ちゃんも覚えて自分で音を出すようになるかもしれませんね。

生後5ヶ月の赤ちゃんへの読み聞かせ方

どのように絵本の読み聞かせをすれば、赤ちゃんが楽しんでくれるのか知りたいママもいるかもしれません。ママたちはどういったことを意識しながら、生後5ヶ月の赤ちゃんに読み聞かせをしていたのでしょうか。

コミュニケーションを取りながら

「絵本の読み聞かせをするときには、赤ちゃんの手足をセリフにあわせて動かしていました。赤ちゃんは楽しかったようで、声をあげて笑ってくれました」(30代ママ)

生後5ヶ月の赤ちゃんに絵本の読み聞かせをするときには、コミュニケーションを取ることを意識していたというママがいました。コミュニケーションを取りながら絵本の読み聞かせをすることで、赤ちゃんも読み聞かせの時間を楽しみにしてくれるかもしれませんね。

ママも楽しみながら

「私自身が楽しみながら、赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしました。私が絵本が大好きなので、赤ちゃんにも絵本を好きになって欲しいという思いがあり、いつも笑顔で絵本を読むようにしていました」(30代ママ)

ママ自身が絵本を読む時間を楽しむことも、赤ちゃんが喜ぶポイントとなるかもしれません。楽しみながら絵本を読むことで、自分自身がリフレッシュできる時間になったというママの声もありました。

生後5ヶ月の赤ちゃんと絵本を楽しもう

© buritora - Fotolia

生後5ヶ月の頃の赤ちゃんには、カラフルな絵本や繰り返しが楽しい絵本、身近なものが登場する絵本などがおすすめのようです。生後5ヶ月の頃になると、いろいろな音が聞けて表現できる絵本が、ママや赤ちゃんに人気かもしれません。

コミュニケーションを取りながら、親子で楽しい絵本の時間をすごしてみてはいかがでしょうか。

2018年07月11日

専門家のコメント
14
    あーちん先生 保育士
    赤ちゃんにおすすめの本として紹介されている、しましまぐるぐる、もいもいなどを読んでいました
    めい先生 保育士
    生後5ヶ月のあかちゃんは少しずつ反応が出始めますね。
    原色は見やすいようなので、色がはっき
    いちぽ先生 保育士
    しましまぐるぐる、はらぺこあおむし、がたんごとん、じゃあじゃあびりびりなどの原色系のものや
    あー先生 保育士
    生後5カ月になると手足の運動が活発になってくるので、ベビチェアーなどに座らせるとテーブルを
    せんせい 保育士
    擬音がたくさん出てくる絵本がおすすめです☺︎もこもこ、とか大好きですよね☺︎言葉がまだまだ
    なつまる先生 保育士
    だるまさんや
    もいもい
    もこもこもこなど
    繰り返しが出てくる絵本が人気でしたよ♡
    表情を見
    こと先生 保育士
    がたんごとんやぴょーんなど繰り返しの多い絵本がいいと思いました😊💕
    1ページ1ページゆ
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧