妊娠中の満員電車。ママたちの悩みと対処法を調査

妊娠中の満員電車。ママたちの悩みと対処法を調査

電車移動を乗り切るコツを紹介

妊娠を機に満員電車が苦手になったママもいるのではないでしょうか。通勤に電車を利用している方の中には、少しでも身体の負担を減らしたい場合もあるかもしれません。今回は妊娠中の電車利用について周りのママにアンケートを実施し、つらかった部分や満員電車を乗り切るコツを聞きました。

妊娠中の満員電車

妊娠中は何かと気になる部分が多いですが、満員電車に乗るのがつらいと感じている妊婦さんも多いのではないでしょうか。会社まで電車通勤している場合、あまりの大変さに退職を考えている方もいるかもしれません。

出産を終え、現在働いているママたちは妊娠中の満員電車をどのように乗り切ったのでしょう。具体的な解決策などを含め聞いてみました。

妊娠中に気になった満員電車の悩み

妊娠中に満員電車に乗ると、どのような部分が気になるのでしょう。電車移動の悩みをご紹介します。

臭い

30代ママ
妊娠初期でつわりがひどい時期は、満員電車に乗ると人の臭いが気になり気持ち悪かったです。
30代ママ
妊娠中は臭いに敏感になっていたので、電車の中で香水や柔軟剤の臭いが強い人の近くに立つとつらかったです。

満員電車では人との距離が近い分、さまざまな臭いを感じやすいのかもしれません。

今回のアンケートでは臭いがもっとも気になったという声が多くありました。

座れない

電車で立つ妊婦
iStock.com/Travelsouls
30代ママ
吐き気が強かったりお腹の張りが気になるときは、立っているのがしんどかったです。
30代ママ
妊娠初期などは立ち眩みも頻繁にあったので、座れず立っているのが大変でした。

立っていると電車酔いしてしまうことも多かったです。満員電車を乗ったり降りたりしながら帰宅していた時期もありました。

満員電車では座れない場合も多いですよね。こもった空間で長時間立っていると気分が悪くなる妊婦さんもいるでしょう。無理をせず休みながら移動できるよう、時間にゆとりをもって出かけられるとよいかもしれませんね。

お腹への接触

30代ママ
満員電車の中では身動きが取れないときもあったので、お腹がつぶされないか心配でした。
30代ママ
満員電車で立っているときは周りの人に接触しないよう、車内の端の方にいました。緊急停車のときなどドアや手すりにお腹が当たることもあり、赤ちゃんに影響がないか心配でした。

お腹に衝撃がこないよう気をつけていても、満員電車では思うように動けず困る場合もあるようです。強い衝撃を受けたときなどは自分で判断せず、なるべく早く病院を受診したほうがよいでしょう。

妊婦に対する周りの反応

30代ママ
妊婦の電車利用に否定的な意見を持っている人がいると見聞きしていたので、人の視線を感じるとどう思われているか少し気になりました。
30代ママ
優先席のある車両を選んで乗っていましたが、時間がないときは普通席の前に立つ場合もありました。座っている人に対して、私に席を譲るようプレッシャーを与えていないか気になりました。

乗車中に周りの人の反応が気になったママもいるようです。妊婦さんの電車や席の利用についてはさまざまな意見があり、人それぞれ考え方も違いますよね。アンケートの中には「席に座る必要がないときはマタニティマークを外していた」という声もありました。

妊娠中でも電車利用するための工夫

電車
iStock.com/Tony Studio

妊娠中に電車利用をする際、周りのママはどのような対策をとっていたのでしょう。工夫していたポイントなどを聞きました。

通勤ラッシュを避ける

30代ママ
満員電車を避けるため通院ラッシュの時間帯は乗らないようにしました。ずっと立っていると疲れるので、比較的空いている時間帯を選びました。
30代ママ
つわりで体調が悪いこともあり、会社に相談して出社時間を変更してもらいました。

今回のアンケートでは通勤ラッシュの時間帯を避けて乗車するという声が最も多く聞かれました。通勤のため満員電車に乗る場合、毎日無理をすると体調を崩しやすくなるかもしれません。

母性健康管理指導事項連絡カードを活用すると担当医師から会社側へ通勤緩和の処置をとるよう伝えることもできるので、通勤時間をずらすなど、無理をしない方法を考えてみてはいかがでしょうか。

出典:母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について/厚生労働省
出典:母性健康管理指導事項連絡カード/厚生労働省

マスクを着用する

30代ママ
臭いが気になったのでマスクをつけ、できるだけ人の少ない所を探して移動していました。
30代ママ
マスクを着用しレモンやミント系のタブレットやキャンディをなめていました。電車内の臭いを防いで柑橘系の香りを感じられたので、満員電車も乗りやすくなりました。

満員電車の臭い対策にはマスクを着用するママが多いようです。2枚重ねをしたり、マスク自体に好きなアロマオイルをつけて利用したという声も聞かれました。使い方はいろいろあるようなので、自分に合ったマスク着用法を見つけてみるのもよいでしょう。

優先席やグリーン車などの利用

30代ママ
満員電車では体調を崩しやすかったので、妊娠初期のころは始発駅まで行き整列乗車をして優先席に座っていました。いつもより通勤時間はかかりましたが、座れる方がだいぶ楽でした。
30代ママ
妊娠中に満員電車に乗る際は、グリーン車や止まる駅が少ない快速車両を使いました。費用はかさみますが妊娠中だけだと割り切って利用していました。

できるだけ座れるよう優先席を利用したり、少し費用がかかってもグリーン車などを利用したママもいるようです。利用の有無や頻度は人それぞれですが、気分が優れないときなどは無理せず利用し、体調を整えるのも一つの手段かもしれませんね。

妊娠中の電車通勤を避けたママの声

妊娠中の体の変化やつわりなどのつらさは妊婦さんによってさまざまです。働くママの中には、電車通勤自体をしなくなったケースもあるようです。

20代ママ
出勤時間を変更する勇気がなく毎日満員電車にのって通勤していました。妊娠中期に入ってすぐ腹痛があり、医師から自宅待機をするよう言われました。仕事や満員電車に乗らなくなったら体調もよくなったので、無理は禁物だと再認識しました。
20代ママ
妊娠初期から中期にかけて電車移動がつらく、お腹の張りも気になったので退職を選びました。幸い業務委託という形で在宅業務に変更できる職場だったので、働き方を変えました。満員電車に乗る必要がなくなったのでよかったです。

無理をしながら満員電車を利用し、体調を悪化させてしまう場合もあるようです。退職を選んだママの声もありました。満員電車などが原因で体調に違和感を感じたら、働き方を見直してみるのもよいかもしれませんね。

妊娠中はママの身体を大切に

妊婦のお腹に抱きつく男の子
iStock.com/kohei_hara

妊娠中でも満員電車を利用する際、いろいろと気にかけながら乗車している妊婦さんが多いようです。

時間通りに目的地へ向かいたい気持ちもわかりますが、妊娠中はママの身体を優先したい時期です。つらい場合は通勤時間をずらすなど、ママの体調に合わせた働き方ができるとよいですね。

2019年12月09日

専門家のコメント
7
    のの先生 保育士
    満員電車で、出勤時間を遅らせたい場合は母子連絡カードを使うといいです。産婦人科の主治医に書いてもらい、職場に提出することで、出勤ラッシュを避けた時間に出勤することが出来ます。
    その他にも母子連絡カードは使えます。母子手帳の後ろのほうに記載されているので一度見てみるといいでしょう。
    なこ先生 保育士
    妊娠中の電車移動は苦手でした。
    匂い悪阻が酷くて、苦手な匂いがするとそれだけで具合が悪くなったり。なのでマスクを二重に付けて、ミントタブレットを食べて、少しでも嫌な匂いを感じない様に工夫をしましたよ。
    優先席はいつも空いている線だったので、座れたことは救われていました。
    ゆか先生 保育士
    妊娠中に電車に乗るときは必ずしも旦那と一緒でした。
    仕事などで満員電車に乗らないといけない妊婦さんはとても、大変だな~と思います。
    臭いや酸素不足で気分が悪くなってしまうこともあると思います。
    私は電車に乗るときは必ずタブレット、水分、飴、ガムなどを常備していました。
    時間には余裕を持ち気分が悪くなったら降りて休憩できるようスケジュールをたてました。

    優先席が埋まっているときはあからさまに優先席の前に立つことはしませんでした。
    少し離れていても気づいて声をかけてくれる方もいたので。
    気分が悪くなったら降りようと考えていればあまり緊張せずに電車に乗ることもできました。
    こいまま先生 保育士
    私は普段から匂いに敏感だったため、妊娠中は特に気を使いました。
    できることなら乗らないのがベストですが、満員の時間帯は避けてはじの席に座るようにしたり、時には無理せず降りることも始めから想定して乗ることが大切かと思います。
    あゆみ先生 保育士
    退職後に妊娠したので通勤で乗ることはなかったのですが、初期はつわりが辛く、電車に乗る際には時間に余裕を持ち、最悪間に合わなくてもいいやくらいの気持ちでいました。端っこの車両は空いていることも多かったです。
    マタニティマークを付けていても気付かれなかったり、逆に変にアピールになるのも…と思った時期もありましたが、初期こそ体調が不安定なので、本当にキツイ時には代わってもらいたいものですね。

    職場では時差出勤などの相談をするのも大事だと思います。
    あーちん先生 保育士
    マタニティ マークをカバンにつけていましたが、ネットでひどい対応をされた事例などをみてとても不安に思っていました。優先席の方に乗るようにしていましたが、周りの目が気になりマークが見えないようにして乗ることもありました。

    ある日満員電車で優先席の所で立っていると、小学生の女の子が私のマタニティ マークに気付いてくれ、「お腹に赤ちゃんいるの?」と聞いてくれました。「そうだよ!」と答えると座っていた男の子に声をかけて席を譲ってくれました。降りる時には「元気な赤ちゃん産んでね!」と言ってくれて、本当に嬉しかったです。素敵なご家族でした♡お腹の中の子も、この子たちのように優しい子に育って欲しいと思いました(*^^*)

    出来るだけ満員の電車に乗らないようにはしていましたが、辛い対応をされたことはありませんでした。周りの方々に感謝です!
    いちぽ先生 保育士
    車通勤だったため、満員電車に乗ることはなかったですが、妊娠中は大変ですよね。つわり中はもちろん、お腹がおおきくなってきてからも押されたりとかがあるので、なるべくそういう時間帯は避けたいですね。
    母子連絡カードの活用が有効かなと思います。

仕事の関連記事

カテゴリ一覧