主婦がパートで働くときの履歴書の書き方。志望動機などの例文

主婦がパートで働くときの履歴書の書き方。志望動機などの例文

未経験やブランクのある場合など

パートの仕事をしようと考えている主婦の方の中には、未経験やブランク、子どもについてなど、履歴書の書き方について悩んでいるママもいるかもしれません。今回の記事では、志望動機など履歴書の書き方、販売や事務など職種別の例文、履歴書を書くときに意識したことなどをご紹介します。

主婦がパートの履歴書を書くときの悩み

パートで働くことを考えているママの中には、履歴書の書き方で悩んでいる方もいるかもしれません。実際にどのようなことが気になったのかママたちに聞きました。

「妊娠をきっかけに前職を退職し、5年間ずっと専業主婦でした。この間のブランクをどのように説明すればプラスに受け取ってくれるのか、書き方に悩みます」(30代ママ)

「短期のパートなども職歴に含めるのか、本人希望欄にはどこまで自分の希望を書いてよいのか迷っています」(20代ママ)

「以前から働きたいと思っていた会社が家の近くにできましたが、未経験の職種です。未経験だけれども熱意はあるという気持ちをどのような言葉で伝えたらよいのか悩みました」(30代ママ)

履歴書が就職に結びつくためにどのような書き方をすればよいのか、どういう書き方だと採用のときに目に留まりやすいのかなどが気になるようです。子育て期間中のブランクや、子どもの用事などで働く時間や曜日などに制限があることなど、子どもに関することをどのように履歴書に書くべきか悩んだというママもいました。

パートの履歴書の書き方

履歴書
iStock.com/bee32

パートの履歴書の職種欄、趣味、特技欄、本人希望欄などはどのように書けばよいのでしょう。基本的な書き方をママたちの体験談からまとめてみました。

職歴欄

「職歴欄を書くときは会社名も略さず正式名称で書きました。短期間のパートなどももれなくすべて含めるようにしました」(20代ママ)

「職歴欄は自分がどのような仕事でどのような経験をしてきたかをアピールするための重要な記入欄なので、会社名だけではなく携わった仕事の内容も簡潔に書きました。それによって面接で話が弾み、自分の言葉でさらに具体的なアピールができました」(30代ママ)

職歴欄には時系列に勤務先を記入し、会社名なども略さず正式名称で書くようにするとよいようです。職歴欄にすべて書ききれないときは、履歴書とは別に「職務経歴書」を用意するとよいかもしれません。

趣味、特技欄

「カフェのパートに応募するとき、学生時代からカフェ巡りが好きで、いろいろなカフェへ出かけていたことが生かせるのではないかと考え、カフェ巡りが趣味であることを書きました」(30代ママ)

仕事に生かせるような趣味や特技は積極的に記入したというママもいました。学生時代にやっていた部活やサークル、今楽しんでいる趣味など、個性や人柄などがわかるようなことをアピールできるとよいかもしれません。

本人希望欄

「子どもを幼稚園に送ってからの出勤したいと考えていました。そのため、本人希望欄には勤務時間帯の希望とその理由をあわせて書きました」(20代ママ)

本人希望欄にはシフトの希望や勤務方法、希望する職種など、勤務先に必ず伝えておきたいことを書くようにするとよいようです。自分の希望だけを書くのではなく、その理由についてもわかりやすく説明するとよいかもしれません。

業種別の志望動機の例文

主婦でパートに応募する際の志望動機は、どのように書くと採用の人の目に留まりやすいのか、気になるママもいるのではないでしょうか。業種別の志望動機の例文をご紹介します。

販売

販売員
iStock.com/tdub303

「以前より服飾関係に興味があり、学生時代は服飾を学んでいました。妊娠出産を機に退職しましたが、子ども服の販売をする貴社で子育ての経験も生かしながら勤務したいと考えております。子育て中のお客様のニーズにあわせた商品をおすすめできる販売を目指したく志望しました」

販売の業種では、販売する商品に興味があることや、販売という職種の魅力などを伝えられるとよいかもしれません。子育て中であることを活かし、子育て世代のニーズが理解できることをアピールできるとよさそうですね。

飲食

「接客の仕事は未経験ですが、以前から接客に興味があり、志望させていただきました。貴社のカフェを利用したときに、スタッフの対応の対応がとてもよいと感じました。採用していただけましたら、お客さまが一息つけるような空間を提供できるよう努力します」

飲食店などのパートを希望する場合は、接客の経験の有無や自身のコミュニケーション能力などをアピールできるとよさそうです。なぜこのお店で働きたいのか、どのようなことに魅力を感じているのかなども伝えられるとよいかもしれませんね。

事務

「以前にも事務職の経験があり、特技のパソコンスキルを生かせるのではないかと考え、応募させていただきました。専業主婦をしていた期間に、パソコンに関する資格も取得しているので、書類作成やデータ入力などの作業はすぐに対応できると思います」

事務業に活かせる資格やスキルがある場合は、それらをしっかりアピールできるように書けるとよいかもしれません。自分はどのようなことで会社に貢献できるのかを伝えられるとよいですね。

履歴書を書くときに意識したこと

履歴書を書くときに、気をつけたほうがよいことはあるのでしょうか。ママたちに履歴書を書くときに意識したことを聞いてみました。

具体的に記入する

「自分の個性を知ってもらうためにも、履歴書は具体的に書くように意識しました。特技や志望動機など、具体的なエピソードなども盛り込みながら書きました」(30代ママ)

志望動機や本人希望欄は、エピソードを添えるなど、なるべく具体的に書くということを意識したママがみられました。

ポジティブなアピールができるようにする

「未経験の職種に応募するときに、未経験であることを前向きな言葉で伝えたいと思い、未経験だからこそのの新鮮な気持ちや熱意を伝えるようにしました」(20代ママ)

ポジティブな言葉は応募先に熱意を伝えることができるのかもしれません。会社から家が近いというだけでなく、だからこそ長く勤めることができるなど、その会社を志望した理由をポジティブな言葉で伝えられるとよさそうです。

主婦のパートの履歴書は具体的な文章で

赤ちゃんを抱っこしながらスマホ操作するママ
iStock.com/kohei_hara


パートの履歴書を書くときは、志望動機や本人希望欄など、具体的に書くようにするとよさそうです。子どもなど家庭の都合、未経験、専業主婦でブランクがある場合も書き方を工夫することで応募先にポジティブな印象を与えられるかもしれません。

例文を参考にしながら、販売や事務など職種によっても書き方を工夫し、履歴書を書くことができるとよいですね。

2019年03月26日

仕事の関連記事

カテゴリ一覧