子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月05日

子育てと仕事を両立したい!主婦が家でできる在宅ワークには何がある?

子育てと仕事を両立したい!主婦が家でできる在宅ワークには何がある?

子育て中の主婦にとって、仕事と育児の両立は悩みのひとつかもしれません。子どものことを優先できる仕事や、短時間のバイトでは物足りない分の副業として、家でできる在宅ワークを探しているママも多いのではないでしょうか。今回は在宅で稼ぐ仕事には何があるのか、求人の探し方、在宅ワークをするメリット・デメリットなどをご紹介します。

在宅でできる仕事には何がある?

パソコンを使う仕事

自宅にパソコンがあれば、在宅で仕事ができます。パソコンを使う仕事と言っても、インターネットの専用サイトに登録すれば、誰でもすぐに始めることができるアンケートモニターのような簡単なものもあります。

他にも、タイピングができれば、レポート作成、データ入力、テープ起こし、Webライティングなどさまざまな仕事を選ぶことが可能。また、専門知識を活かせるバナー制作やコーディングなど、Webデザイン系の仕事などの種類もあります。

1件当たりの報酬は、専門的になるほど多く稼げるようです。

専門知識を学んで身につけたい場合は、スクールに通わなくてもオンラインで学べるものも多くあります。やる気があるなら参考書を見ながら独学する方法もあります。実際に自分で好きなサイトを作ってみるのもよいかもしれません。

内職系の仕事

内職系の仕事もいろいろな種類があります。商品のチェックをするような検品の仕事や、チラシの封入、シール貼り、コンサートグッズの作成など手作業の仕事などです。

単価は案件によりさまざまですが、慣れてスピードアップすればその分収入も増えてきます。内職は基本的に単純作業で量をこなしていくものなので、

コツコツと取り組めるタイプの人に向いている仕事でしょう。

仕事を受ける量を自分で調整できるものもあれば、納めなければいけない量が決められている内職もあります。納品のスパンについても、受注から納品までの期間が短いものから長いものまでさまざまです。自分の生活パターンに組み込みやすい内職をみつけてみましょう。

在宅ワークの求人を探す方法

在宅ワーク専門サイト

在宅ワークの求人募集をしている専門サイトは、インターネットで「在宅ワーク」「専門サイト」「求人」などのキーワードで検索すると見つかります。仕事の種類も豊富なので、自分が得意な分野の仕事があるかもしれません。

求人誌

求人誌

求人誌でも在宅ワークの募集を探すことができます。インターネットで求人募集しているサイトから応募する場合とは違って、会場へ出向いて説明会へ参加したり、面接に行ったりする場合があります。

紹介・貼り紙

あまり広告費をかけていない内職の求人は、紹介や貼り紙で募集していることも。知人の職場や内職をしている友人などから、人づてに内職の仕事を紹介してもらえる場合があります。日頃からアンテナを張って、周りの人にも自分が家でできる仕事を探していることをアピールしておくとよいでしょう。

在宅で働くメリット・デメリットとは

在宅で働くメリット

一番のメリットは、自分の好きなタイミングで自由に仕事ができることです。パートやバイトだと仕事を急に休みにくいかもしれません。

たとえ休めても、自分の休んだ分は誰かに負担がかかるので、申し訳ない気持ちになるかもしれませんし、お客様に関わる仕事だと自分の都合で仕事に穴を開けられない場合もあります。

そのことが、ストレスに感じ働くことを躊躇しているなら、在宅ワークがおすすめです。

在宅で働くなら気持ちも楽ですし、子育てしているママにとっては安心です。

子どもがいると、急な仕事の休みを迫られるパターンは、避けられないことかもしれません。子どもの体調不良、大雨や台風などで学校が休みになるのは、いつだって急なこと。そんなときでも、在宅ワークなら仕事の時間を自分で調整できるので、子どもを優先することができ、育児と仕事を両立させやすいのがメリットです。

在宅で働くデメリット

デメリットとしては、時給のパートやバイトの場合は、勤務している時間分の給料を約束されていますが、在宅ワークはやればやった分だけです。自分からストイックに仕事をしなければ希望の収入は望めないかもしれません。

仕事をしなかったり、入ってこないなどで安定しにくいことがデメリットとして挙げられます。始めは仕事をこなすスピードも遅いので、慣れるまではあまり稼ぐことができないかもしれませんが、そこであきらめずに続けていく根気が必要でしょう。

また、家で仕事をすることになるのでプライベートとのメリハリがつきにくいのもデメリットと言えます。自分で計画をたて、計画通りにすすめていく強い決意が在宅ワークには必要な条件と言えるでしょう。

短時間で集中することが在宅ワークで稼ぐコツ

在宅ワーク

在宅ワークは家でできる仕事なので、職場に出て時間を拘束されるバイトなどとは違って、子育てと両立させやすい働き方です。在宅ワークで稼ぐためには、コツコツと数をこなしていきながら、

「今回は30分以内に終わらせよう!」

など、自分の目標を少し高めに持ってクリアしていくことがポイントでしょう。

また、何かをしながら片手間に仕事をせず、仕事とプライベートの時間を分ける工夫も大切です。集中して仕事をすることが収入アップにつながってくるでしょう。在宅ワークは子育て中の主婦や副業に適した仕事です。自分に合う求人をみつけてくださいね。

仕事の関連記事
  • 子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    仕事が終わっても家事や子育てに追われる毎日で「疲れた」と感じたとき、みなさんはどうしていますか?家事も子育ても毎日続いていくことだからこそ、どのように気持ちを切り替えてポジティブな方向へ転換していけるのかを考えてみました。

  • 妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したらぜひ夫婦で知っておくべきことのひとつが産休や育休、そして産休中にもらえる手当てのこと。出産と産後の育児においてさまざまな費用が必要になるため、このような制度や手当てを有効に活用するのがおすすめです。ここでは、産休と育休の違いやいつ出産手当金がもらえるのかについてご紹介します。

  • 産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰したくない、できないと感じたときの乗り切り方と対処方法

    産後、仕事復帰しようと考えているけれど「仕事したくない」と仕事に復帰するかを悩んでいませんか。「仕事に行きたくない」「できない」と思っているママたちがどのように乗り越えたか対処法を調査しました。働いているからこそ感じたママが働くメリットも紹介します。

  • 妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞める選択。ふさわしい時期やタイミングと会社への伝え方

    妊娠を機に仕事を辞めるという選択をする人も多くいます。仕事を辞めると決意したら、なるべく会社には迷惑にならないタイミングで上手に伝えたいものです。実際に妊娠中に退職した先輩ママは、どんな時期にどのように会社に報告したのでしょうか。退職を考えている妊婦さんに、体験談を交えて紹介します。

  • 育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休の延長が2年になるのはいつから?申請条件などのポイントを確認

    育休(育児休業)が最長2年に延長できるようになるのはいつから?私にもあてはまる?など、妊娠中や子育て中、育休中の方にとっては気になる情報ですよね。子どもを保育園などに預けられない場合、どのように育休延長の手続きをすればよいのでしょう。育休について、ママたちの声と申請条件をご紹介します。

  • 妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    妊娠して仕事を辞める時期やタイミング。妊娠後にかかるお金・制度を紹介

    最近は働く女性が多く、共働きの夫婦も増えましたね。仕事をしながら妊娠をした女性は、辞める時期やお金など、仕事を辞めることに対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか。今回は仕事をしながら妊娠をした女性に向けて、仕事を辞める場合の準備やタイミング、妊娠時にかかるお金などについて考えてみました。

カテゴリ一覧