パンツタイプのオムツの替え方。困ったことや気をつけること

パンツタイプのオムツの替え方。困ったことや気をつけること

パンツタイプのオムツの替え方が知りたいママもいるでしょう。赤ちゃんがうんちをしたときや、赤ちゃんが動き回るときのオムツ替えに困ることもあるかもしれません。今回は、パンツタイプのオムツ替えで困ったこと、オムツの替え方やポイントについてご紹介します。

パンツタイプのオムツ替えで困ったこと

赤ちゃんが寝返りやハイハイをするようになると、テープタイプのオムツからパンツタイプのオムツに変えようと考えるママもいるのではないでしょうか。パンツタイプに変えたものの、オムツ替えの方法で困っている場合もあるかもしれません。

ママたちがパンツタイプのオムツ替えで困っていることを聞きました。
20代ママ
うんちをしたときにどのようにオムツ替えをしたらよいか分からず困りました。
30代ママ
パンツタイプのオムツを使い始めた頃はまだ子どもが立てなかったので、寝ている状態でおむつを履かせるのが難しかったです。
30代ママ
パンツタイプのオムツに変えてから、フィット感が違うのか横漏れが続いて困りました。
パンツタイプのオムツにしてから、オムツの替え方で悩んだり、履かせるときに苦労しているママがいました。実際にママたちがしているオムツの替え方を参考にするとよいかもしれません。

パンツタイプのオムツの替え方

オムツ替え
Rawpixel.com/Shutterstock.com
パンツタイプのオムツ替えはどのようにするとよいのでしょうか。おしっことうんちのときのオムツ替えについてご紹介します。

うんちのとき

20代ママ
赤ちゃんを仰向けに寝かせて、オムツの両サイドのつぎ目を破いてからお尻を拭いていました。お尻を拭き終わってからすぐに動きだしてしまうことが多かったので、つかまり立ちの状態で新しいオムツを履かせていました。
赤ちゃんがうんちをしたときは、仰向けに寝かせた状態でオムツ替えをするママが多いようです。

オムツをパンツのように脱がせると、赤ちゃんの脚にうんちがついてしまうこともあるので気をつけましょう。仰向けになった赤ちゃんの両足を片手で持ち上げながら、もう片方の手でお尻を拭くと、うんちの汚れがきれいに拭けるかもしれません。

おしっこのとき

20代ママ
おしっこをしたときは、子どもがつかまり立ちしている状態で、オムツを脱がせたり履かせたりしていました。
パンツタイプのオムツは、赤ちゃんが立っているときや、ハイハイしているときでも着脱できるようです。

うんちをしたときと同じように、仰向けに寝かせた状態でオムツ替えをしたという声もありました。ママと赤ちゃんが取り替えやすい方法でオムツ替えができるとよいですね。

パンツタイプのオムツを替えるときのポイント

ママたちに、パンツタイプのオムツ替えをするときのポイントについて聞きました。

お尻の下にシートを敷く

タオル
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
うんちをしたときは、お尻の下に汚れてもいいタオルを敷くようにしています。オムツの両端を破っているときに、うんちが漏れてしまったことがあるので、それ以来気をつけています。
タオルのほかに、オムツ替えシートや新聞紙を敷いてもよいでしょう。余っているテープタイプのオムツをお尻の下に敷いたという声もありました。赤ちゃんがたくさんうんちをしたときは、汚れてもよいものを敷くと安心してオムツ替えができそうですね。

ウエスト部分をしっかり引き上げる

20代ママ
子どもが動くとオムツを履かせにくいのですが、おへそが隠れるくらいまで引き上げるようにしています。
オムツをしっかり引き上げると、漏れ防止にもなるようです。パンツタイプのオムツは、仰向けの状態だと背中のほうが引き上げにくいので、立たせてから引き上げているというママもいました。

ギャザーを確認する

20代ママ
オムツを履かせたあとに、ギャザーが内側に折れこんでいないか確認します。ギャザーを整えたほうが、漏れを防げるのと、赤ちゃんも履き心地がよいと思います。
脚周りのギャザーが整っているかどうか確認するというママがいました。ギャザーを立たせた状態にすると、おしっこやうんちが漏れにくくなるようです。

脚まわりに指をいれてなぞると簡単に整えられるようなので、オムツを履かせたあとに確認してみるとよいかもしれません。

おもちゃで気を引く

20代ママ
うんちのときは、動かれるとお尻を拭きにくくて大変でした。オムツ替えのときに、子どもがじっとしていられないので、おもちゃで気を引くようにしていました。
よく動く赤ちゃんのオムツを替えるのは大変ですよね。お尻が拭きにくかったり、足にうんちがついてしまったりして困っているママもいるかもしれません。

赤ちゃんにじっとしていてもらうために、お気に入りのおもちゃを用意したり、テレビをつけるママもいるようです。

赤ちゃんとママにあった方法でパンツタイプのオムツ替えをしよう

赤ちゃん
Rawpixel.com/Shutterstock.com
赤ちゃんがおしっこをしたときは、つかまり立ちやハイハイするときのような四つん這いの状態、うんちのときは仰向けの状態でオムツ替えするとよいようです。

オムツのギャザーを整え、ウエストをしっかり引き上げると、おしっこやうんちの漏れが防げるでしょう。赤ちゃんがよく動き、オムツ替えがうまくできないときは、おもちゃで気を引くとよいかもしれません。

パンツタイプのオムツ替えがスムーズにできるとよいですね。

2020年04月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ