パンツタイプのオムツの替え方。困ったことや気をつけること

パンツタイプのオムツの替え方。困ったことや気をつけること

パンツタイプのオムツの替え方が知りたいママもいるでしょう。赤ちゃんがうんちをしたときや、赤ちゃんが動き回るときのオムツ替えに困ることもあるかもしれません。今回は、パンツタイプのオムツ替えで困ったこと、オムツの替え方やポイントについてご紹介します。

パンツタイプのオムツ替えで困ったこと

赤ちゃんが寝返りやハイハイをするようになると、テープタイプのオムツからパンツタイプのオムツに変えようと考えるママもいるのではないでしょうか。パンツタイプに変えたものの、オムツ替えの方法で困っている場合もあるかもしれません。

ママたちがパンツタイプのオムツ替えで困っていることを聞きました。
20代ママ
うんちをしたときにどのようにオムツ替えをしたらよいか分からず困りました。
30代ママ
パンツタイプのオムツを使い始めた頃はまだ子どもが立てなかったので、寝ている状態でおむつを履かせるのが難しかったです。
30代ママ
パンツタイプのオムツに変えてから、フィット感が違うのか横漏れが続いて困りました。
パンツタイプのオムツにしてから、オムツの替え方で悩んだり、履かせるときに苦労しているママがいました。実際にママたちがしているオムツの替え方を参考にするとよいかもしれません。

パンツタイプのオムツの替え方

オムツ替え
Rawpixel.com/Shutterstock.com
パンツタイプのオムツ替えはどのようにするとよいのでしょうか。おしっことうんちのときのオムツ替えについてご紹介します。

うんちのとき

20代ママ
赤ちゃんを仰向けに寝かせて、オムツの両サイドのつぎ目を破いてからお尻を拭いていました。お尻を拭き終わってからすぐに動きだしてしまうことが多かったので、つかまり立ちの状態で新しいオムツを履かせていました。
赤ちゃんがうんちをしたときは、仰向けに寝かせた状態でオムツ替えをするママが多いようです。

オムツをパンツのように脱がせると、赤ちゃんの脚にうんちがついてしまうこともあるので気をつけましょう。仰向けになった赤ちゃんの両足を片手で持ち上げながら、もう片方の手でお尻を拭くと、うんちの汚れがきれいに拭けるかもしれません。

おしっこのとき

20代ママ
おしっこをしたときは、子どもがつかまり立ちしている状態で、オムツを脱がせたり履かせたりしていました。
パンツタイプのオムツは、赤ちゃんが立っているときや、ハイハイしているときでも着脱できるようです。

うんちをしたときと同じように、仰向けに寝かせた状態でオムツ替えをしたという声もありました。ママと赤ちゃんが取り替えやすい方法でオムツ替えができるとよいですね。

パンツタイプのオムツを替えるときのポイント

ママたちに、パンツタイプのオムツ替えをするときのポイントについて聞きました。

お尻の下にシートを敷く

タオル
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
うんちをしたときは、お尻の下に汚れてもいいタオルを敷くようにしています。オムツの両端を破っているときに、うんちが漏れてしまったことがあるので、それ以来気をつけています。
タオルのほかに、オムツ替えシートや新聞紙を敷いてもよいでしょう。余っているテープタイプのオムツをお尻の下に敷いたという声もありました。赤ちゃんがたくさんうんちをしたときは、汚れてもよいものを敷くと安心してオムツ替えができそうですね。

ウエスト部分をしっかり引き上げる

20代ママ
子どもが動くとオムツを履かせにくいのですが、おへそが隠れるくらいまで引き上げるようにしています。
オムツをしっかり引き上げると、漏れ防止にもなるようです。パンツタイプのオムツは、仰向けの状態だと背中のほうが引き上げにくいので、立たせてから引き上げているというママもいました。

ギャザーを確認する

20代ママ
オムツを履かせたあとに、ギャザーが内側に折れこんでいないか確認します。ギャザーを整えたほうが、漏れを防げるのと、赤ちゃんも履き心地がよいと思います。
脚周りのギャザーが整っているかどうか確認するというママがいました。ギャザーを立たせた状態にすると、おしっこやうんちが漏れにくくなるようです。

脚まわりに指をいれてなぞると簡単に整えられるようなので、オムツを履かせたあとに確認してみるとよいかもしれません。

おもちゃで気を引く

20代ママ
うんちのときは、動かれるとお尻を拭きにくくて大変でした。オムツ替えのときに、子どもがじっとしていられないので、おもちゃで気を引くようにしていました。
よく動く赤ちゃんのオムツを替えるのは大変ですよね。お尻が拭きにくかったり、足にうんちがついてしまったりして困っているママもいるかもしれません。

赤ちゃんにじっとしていてもらうために、お気に入りのおもちゃを用意したり、テレビをつけるママもいるようです。

赤ちゃんとママにあった方法でパンツタイプのオムツ替えをしよう

赤ちゃん
Rawpixel.com/Shutterstock.com
赤ちゃんがおしっこをしたときは、つかまり立ちやハイハイするときのような四つん這いの状態、うんちのときは仰向けの状態でオムツ替えするとよいようです。

オムツのギャザーを整え、ウエストをしっかり引き上げると、おしっこやうんちの漏れが防げるでしょう。赤ちゃんがよく動き、オムツ替えがうまくできないときは、おもちゃで気を引くとよいかもしれません。

パンツタイプのオムツ替えがスムーズにできるとよいですね。

2020年04月13日

専門家のコメント
28
    ぽんた先生 保育士
    子どもが、オムツのテープをびよーんと引き延ばしてしまう、あるあるです。。。もうはじめからテ
    めるちゃん先生 保育士
    動き回る赤ちゃんには、パンツ型はオムツ替えしやすくて、とても便利です。うんちの時は両側サイ
    ゆきな先生 保育士
    パンツタイプは足に新しいオムツを通してから横を破り変えています!
    動き回る子でも変えやすい
    すみっこ先生 保育士
    うんちをしたときは両サイドを破いていました。動き回る子は大変ですよね。
    タッチができるよう
    みー先生 保育士
    掴まり立ちが出来るようになってからパンツタイプに替えました!
    ウンチの時は両サイドを破いて
    ことり先生 保育士
    うんちはやっぱり横を破りますよね。
    ぱっと取れるので楽です。

    おしっこを替える時は
    立っ
    なつまる先生 保育士
    両サイドを破るのが
    早いと思います!
    動いてしまわないうちに!なかなか大変ですけど、慣れた
    まい先生 保育士
    パンツタイプはすぽっと履けるので私は好きです
    脱がす時は時々横着して横を破ってぬがしたりし
    とーち先生 保育士
    掴まり立ちがしっかり出来てから、パンツタイプに移行しました。

    動きが活発になり始めると、
    めめ先生 保育士
    パンツタイプはたったまま履き替えさせれるので便利ですよね!最近はおしっこしたら自分で勝手に
    ぺち先生 保育士
    パンツタイプは横が破れるようになっているんですね!いつのタイミングでテープからパンツに変え
    すー先生 保育士
    動きが活発になったタイミングでテープタイプからパンツタイプに変えました。動きながらでもはか
    ひよひよ先生 保育士
    気になる方は、おむつの下に何か敷いた方がいいかもしれませんね!
    うちも、動き回るので、変え
    りお先生 保育士
    パンツタイプのオムツ、おしっこだけだと思ってそのまま下ろしたら、うんちをしていてぽろっとオ
コメントをもっと見る

家族の関連記事

カテゴリ一覧