2歳の子どもが激しい人見知りをするとき。固まる理由や対応について

2歳の子どもが激しい人見知りをするとき。固まる理由や対応について

習い事のときや男性に人見知りをするときの様子

2歳の子どもの人見知りが激しいことで、習い事や保育園といった場面や男性など慣れない人に挨拶しないことや固まる、うつむくことに悩むママや、子どもが人見知りしないようにする工夫が気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、子どもが人見知りをするときの様子や理由、子どもへの対応についてご紹介します。

2歳の子どもの人見知り事情

2歳になると徐々にいろいろな言葉を理解できるようになり、おしゃべりも少しずつできるようになってくる時期のようです。また、しっかり歩けるようになってくることから、お散歩や遊び場などでいろいろな人と接する機会もあるかもしれません。

子どもによってはこの時期に人見知りをすることもあるようで、激しいときの対応が気になるといった声や、人見知りしないようにするためにはどのようにしたらよいのか知りたいといったママの声もありました。

実際に、ママたちに2歳の子どもの人見知りについてどのように考えているのか聞いてみました。

2歳の子どもの人見知りするときの様子

2歳の子どもが人見知りをするときはどのような様子になるのかママたちに聞いてみました。

固まる

40代ママ
公園や児童館などで知らない子に話しかけられると急に黙って固まることがありました。話しかけられるまでは楽しそうに遊んでいたので、人見知りで固まってしまったときにどう対応したらよいのかわからず困ってしまいました。

2歳の人見知りの様子のひとつに固まることがあるようです。ママのなかには、散歩中、進行先に人がいると固まって歩かなくなってしまい、引き返すことがあったという声もありました。

うつむく

うつむく女の子
iStock.com/ziggy_mars
30代ママ
人に話しかけられると黙ってしまいうつむくことがあります。帰省時など、普段あまり会わない祖父母に話しかけられるとうつむいて固まってしまい、話しかけられても首を振るのが精一杯の様子だったので人見知りしないようにはどうしたらよいのか気になりました。

人見知りでうつむいてしまうこともあるようです。ママのなかには、うつむいている時間が長いときは、ママの後ろに隠れたりくっついたりしてしまい離れないこともあるという声もありました。

泣く

30代ママ
月1回のペースで実家に行くのですが、毎回のように祖父母が抱っこしようとすると嫌がって泣きだします。2時間ほどすると徐々に慣れ、帰るときには笑顔でバイバイする姿を見ると、身内なのになぜ人見知りするのだろうと気になります。
20代ママ
2歳の後半から習い事を始めたのですが、教室に普段と違う先生やお友だちがいると急に泣き出して教室に入ることを嫌がることがあります。先生が迎えに来てくれたのですが泣きやまず、習い事の間ずっと私が抱っこしていたこともありました。

人見知りで泣く子どもいるようです。他には、私以外の人が抱っこすると人見知りをして泣くので、義実家などでお手伝いをしようと考えても子どもから離れにくいだけでなく、他の人にも預けにくいといった声もありました。

ママたちが考える人見知りの理由

2歳の子どもがなぜ人見知りをするのか、理由が気になるママもいるようです。実際にママたちが考える人見知りの理由を聞いてみました。

ママへの愛着

ママに抱きつく女の子
iStock.com/yumehana
40代ママ
人見知りをするとぎゅっと抱きついてきて私から離れようとしません。生まれてから私と離れたことがほとんどないので、私といっしょに居たいという気持ちの現れかもしれない思います。

ママといっしょに居たいという気持ちが強いことで、人見知りの理由になると考えたママもいるようです。生まれたときからずっといっしょにいるママは、子どもにとって特別な存在で離れがたいと感じ、人見知りにつながってしまうのかもしれません。

知らないことへの不安

20代ママ
うちの子は人見知りをするときに、その場所や人には興味がある様子もありながら固まることがあります。知らない場所や知らない人に対して、不安を感じて人見知りをするのかもしれません。

知らない場所や慣れない人に対して不安に感じているという声もありました。他には、保育園で担任の先生以外のあまり馴染みのない先生に不安を感じるのか、延長保育などで預かってもらう時に人見知りをして泣いてしまうこともあったといったママの声もありました。

男性が苦手

30代ママ
うちの子は、男性に対しての人見知りが激しいです。特にひげを生やした人が苦手のようで、祖父がひげを生やしていたときは、顔を見ただけで泣いてしまいました。
40代ママ
パパが抱っこしようとすると嫌がったり、機嫌が悪いときにパパの顔を見ると泣き出したりします。外出先でも男性に話しかけられると固まることがあるので、男性を苦手と感じているのかもしれません。

男性が苦手で人見知りをしてしまう子どももいるようです。他には、祖父や叔父が夫婦揃っているときは傍に寄れるのに、男性が1人になると急に人見知りをすることがあったという声もありました。

人見知りをする子どもへの対応

人見知りをする子どもに対してどのような対応をしたらよいのか気になるかもしれません。ママたちが行っている人見知りをする子どもへの対応を聞いてみました。

過剰に反応しない

20代ママ
人見知りをして泣くことがありますが、平然と振る舞うようにしています。いろいろ声もかけたくなってしまうのですが、私が過剰に反応して子どもの不安を煽らないように心がけています。

子どもの不安な気持ちを減らそうと考え、過剰に反応しないことを心がけているようです。人見知りで挨拶しないことがあっても責めず、できたときにしっかり褒めるというママの声もありました。

人と触れあう機会を作る

40代ママ
児童館や公園に積極的に出かけて同じくらいの年齢の子どもと遊ぶようにしました。始めは人がいない場所で遊んでいたのですが、少しずつ他の子どもがいる場所でも遊ぶようなってきたと感じています。

たくさんの人に触れあう機会を作って人に慣れさせようと考えるママもいるようです。他にはママ自身が周りの人に積極的に挨拶したり会話したりしている姿を見せることを意識したという声もありました。

子どもの人見知りは焦らずに

おもちゃで遊ぶ男の子
iStock.com/monzenmachi

2歳の子どもは、固まることやうつむくことの他に、挨拶しないことなどでママたちは人見知りが激しいと感じることがあるようです。人見知りの理由は、習い事や保育園など慣れないことへの不安や男性が苦手などさまざまなことが理由とママたちは考えているようです。

子どもが人見知りしないようにするための工夫はさまざまなようなので、焦らず子どもの様子にあわせてあげられるとよいですね。

2020年01月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧