【まめと私】第62回 会話はしたいが家事も…悩んだ私の苦肉の策

【まめと私】第62回 会話はしたいが家事も…悩んだ私の苦肉の策

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第62話です。

横峰沙弥香
まめと私62_横峰沙弥香
まめとの会話の時間を大切にするため
どんなに忙しくても一度手を止めて聞く、ということを心がけるようになった
という記事を少し前に書かせていただきました。
その結果、まめとの関係性は今まで以上に良くなり
まめが満足しているとゆめことの時間も取りやすくなり
笑いの絶えない穏やかな毎日を満喫できるようになりましたが
家は汚くなりました(涙)

これが融通のきかないわたくしの弱点
「やることが極端」なのです

死ぬわけじゃないし。ま、いっか。
で溜めてしまった洗濯物の山を見てため息をつくもあとの祭り。
だからと言っていつまでもやらないわけにはいかず
そんな状況でもまめはウキウキと話しかけてきます。そりゃそうだ。

ここはひとつ妥協も必要かもしれない……
危なくない家事なら会話をしながらでもじゅうぶん可能だから
私に付き合ってもらって話せば良くないかしら?
そうしたら今より会話の時間が取れる!

かくしてまめを誘ってみるとあっさりと乗ってきたため
洗濯物を干しながらおしゃべりを楽しみました。

流れで、お皿を洗いながらも会話を楽しみました。

床を水拭きしながら

お風呂を掃除しながら

テレビにべったりとついたゆめこの指紋を拭きながら

いっぱい話をしました。

その辺りからまめはママのあまりのやることの多さに引いたらしい
「ママちょっとはすわったら!!つかれちゃうよ!」などと言い始め
その日はひたすら私をねぎらってくれました。
多分、家事に付き合って家中をウロウロしたので自分が疲れてしまったのだとは思いますが……

それがきっかけなのかどうかは不明ですが
まめはここのところ、ゆめこが汚した床や壁を拭いてくれたり

自分の使ったコップを洗ってくれたりします。
ついでにズボンや靴下を床に脱ぎっぱなしにするパパにやたらと厳しくなりました。
No Image

横峰沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。新刊に「まめ旅inハワイ」(光文社)を発売中!

ブログ:まめらいふ
Instagram:@sayakayokomine

2019年11月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧