生きようとする力

生きようとする力

〜第一子が生まれたころのわたしの気持ち〜

「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」のタイトルで40000人以上、Facebook公式ページには20000人以上の読者を持つ、作家/子育てアドバイザーLICOさんの連載コラム第一回です。

LICO
第一子である娘が生まれたのは、今から約9年前の秋のことです。予定日より2日早いその日の朝、陣痛で目が覚めたわたしは母に付き添ってもらい、病院へ行きました。

入院後、妹や父もお見舞いに来てくれたけれど、痛みに翻弄されていた間の記憶はあまりありません。昼過ぎからはパパもかけつけてくれました。とはいえ、こちらも何をしてもらったか正直あまり覚えていません。とにかく、陣痛が始まってしまった以上、わたしは『あ、痛いのでもうやめます』なんて気軽に言うことのできない、誰も代わってはくれない、投げ出すことのできない扉が開いてしまったような気持ちを抱えていました。

もうどんなに痛くても突き進むしかない。そんな緊張感の真ん中にいたと思います。
陣痛に苦しむ妊婦さん
iStock.com/Sorajack
陣痛が始まってからは自分が何かをする必要なんてなくて、次から次にわたしの体に、勝手に変化が起こりました。それはわたしの意思なんておかまいなしに、等間隔で押し寄せる娘の「生まれたい」という衝動のようでした。

10ヶ月の間このお腹の中にいたひとつの命が、わたしとは違う意思をもった存在だということを強く感じた瞬間でした。だって本当にびっくりするくらいわたしの意思とは無関係にわたしの体がトランスフォームしたし、それに、びっくりするほど痛かったから(笑)。

わたしが3回の出産を経て感じるのは、親が子どもを産んでいるのではないのだということです。

子どもが生まれよう(前に進もう)とするのを、いちばん近くで、ほんの少し支えるだけでいいのだということを、出産ひとつとっても、今なら感じることができます。

そもそも子どもには生きようとする力、前に進もうとする力が備わっています。それは、お母さんのお腹から出てこようとする瞬間も、この世界に出てきたその後も。
産まれたての赤ちゃん
iStock.com/nazar_ab
びっくりするくらいの痛みと共に生まれてきてくれた娘は、びっくりするくらい可愛い赤ちゃんでした。小さな手でわたしの指をキュッと握ってくれたときは、それだけで、嬉しくて涙が出ました。

自分は、天使を産んだんだと本気で思いました。

そんな天使を生んだというのに、当時の私は初めての育児ということもあって

「どうしたら素敵なママに見えるか」
「どうしたら“みんな”が“いい”と思ってくれるか」

と、妊娠中から無意識にそんな情報を探し集めていました。

こうしたらきっと素敵なママに見えるはずという、誰に向けたアピールなのか、そんな空虚なことに支配され、途方に暮れていました。

振り返って考えてみると、このときのわたしの思考のクセに、子ども時代から結婚当初までのわたし自身の偏りがあったからだと今ならわかるのですが。けれど、私はそんなことに気づかぬまま、初めての子育てを始めることになります。

――そして、自分の感情が崩壊する出来事が起きたのです。


お読みいただきありがとうございます。
このお話の続きは、また次回に。
No Image

LICO

LICOの執筆記事一覧(バックナンバー)

作家/子育てアドバイザーLICO(リコ)

「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」のタイトルで40000人以上、Facebook公式ページには20000人以上の読者を持つ、京都在住アメーバオフィシャルママブロガー。
「子育てを大変だと感じる本当の理由」「夜泣きするきみへ」「ママの毎日」などの記事が爆発的な人気となり、シェアがネット上で120万を超えるなど、その等身大の育児観は圧倒的な共感を呼ぶことに。

各種キュレーションサイトの2015年上半期アクセス数ランキングにおいて、ブログ記事が殿堂入りを果たす。ブログを通じてつながったママ達へのアドバイスが話題となり、各方面への講演会出演依頼が続出。2019年4月現在、8歳の娘、6歳、4歳の息子を育てながら、講演活動、育児雑誌や育児サイトなどへの記事連載など幅広く活動している。

著書に『おだやかママの幸せ子育て法』(シリーズ2冊)、『不安なあなたがゆっくりラクになるメッセージ』(すべて主婦の友社刊)。

2019年05月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧