離乳食完了期のお弁当はどう作る?おかずやお弁当箱について

離乳食完了期のお弁当はどう作る?おかずやお弁当箱について

完了期のお弁当作りで意識したこと

子どもの離乳食が完了期を迎えたら、お弁当箱を持って外出したいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、手作りのおかずや冷凍保存した食材の活用などおかず作りで意識したことや、実際に作ったおかずのメニュー、用意したお弁当箱の種類などを体験談を交えてご紹介します。

離乳食完了期の子どもにお弁当を用意するとき

子どもの離乳食が完了期を迎えると、外出のときにお弁当を持ってお出かけしたいと考えるママもいるかもしれません。

離乳食完了期にはどのようなおかずを用意すればよいのか、離乳食を入れるお弁当箱はどのようなものがあるのか、気になることもあるでしょう。

そこで今回は、離乳食完了期のお弁当について意識したことや子どもがよろこんだおかずメニューなど、ママたちの体験談をまとめてみました。

離乳食完了期のお弁当のおかず作りで意識したこと

離乳食も進んで完了期になると、今まで以上に食べられるものも増えてくるのではないでしょうか。離乳食完了期のお弁当を作るときは、どのようなことを意識したのかママたちに聞いてみました。

手づかみしやすいもの

こども 手づかみ
leungchopan/Shutterstock.com
20代ママ
普段の食事でもまだフォークやスプーンを使うことが難しいので、外出先でも楽しく食べられるように手づかみで食べられるものをたくさん用意しました。
30代ママ
外出先では時間も限られているので、簡単に食べられるよう手づかみのおかずを用意しました。食べさせなくても子どもが自分で食べてくれるので便利でした。
子どもが手づかみしやすいおかずだと、子どもが楽しんで食べてくれるという声がありました。食べるときにはきちんと手洗いをするように気をつけたというママもいました。

冷めてもおいしいもの

30代ママ
外出先が電子レンジがない場所だったので、温めなくてもおいしく食べられるようなおかずを作ることを意識しました。
40代ママ
おかずによっては、冷めてしまうと、離乳食完了期の子どもが食べにくいものもあるかと思いました。冷めても柔らかく味もちょうどよくなるようなメニューを取り入れるようにしています。
普段おうちで適温の離乳食を食べていると、冷たいお弁当に抵抗を感じることもあるようです。冷めた状態でもおいしく食べられるメニューだと、子どももたくさん食べてくれるかもしれません。

ベビーフードや冷凍しておいたものを活用する

20代ママ
週に3回習い事のときにお弁当を用意するので、お弁当作りが負担にならないようときどきベビーフードを活用しています。離乳食の進み方にあわせていろいろ選べるので、とても便利です。
20代ママ
外出時はいつもバタバタするので、お弁当を簡単に作れるように事前に冷凍しておいたものを温めて詰めあわせています。急にピクニックしようと思い立ったときでも、すぐに用意できますよ。
他にも、夏場など衛生面が気になるという理由からベビーフードを活用するママもいました。忙しい時でもスムーズにお弁当作りができそうですね。

離乳食完了期に作ったお弁当のおかず

おでかけ お弁当
oliveromg/Shutterstock.com

実際にママたちはどのようなおかずを用意したのでしょうか。作ったおかずのメニューをご紹介します。

豆腐ハンバーグ

20代ママ
鶏ひき肉に豆腐や野菜を入れ、片栗粉を混ぜて焼く豆腐ハンバーグをよく作ります。お豆腐が入ってることで冷めても柔らかな食感をキープできるので子どももパクパク食べてくれます。
冷めてもおいしく食べられるハンバーグであれば、子どももよろこんでくれそうですね。鶏のひき肉以外にも、魚のすり身を混ぜたハンバーグを作ったとの声もありました。

カラフル野菜入り卵焼き

20代ママ
お弁当を作るときはいつも卵焼きを入れています。作るときは栄養のバランスを考えて細かく切った野菜も混ぜて焼いています。手づかみで食べられるので便利です。
黄色の卵焼きがお弁当箱に入ると彩りがよくなって、見た目がきれいになるとの声がありました。子どもが好きじゃない野菜も、卵焼きに混ぜてしまうことで気づかずに食べてくれることもあるようです。

じゃがいものお焼き

40代ママ
じゃがいもを柔らかく煮てマッシュしたところに、冷凍のミックスベジタブルを加えて焼きます。一口サイズに作れば子どももパクパク食べてくれます。
外出先でお弁当を食べるときも野菜をしっかりとれるように工夫しているママがいました。じゃがいもを、さつまいもやかぼちゃに変えて味に変化をつけるのもよさそうです。

離乳食完了期に使いやすいお弁当箱の種類

離乳食完了期の子どものお弁当箱を用意するとき、どのようなことを意識してお弁当箱を選んだのかママたちに聞いてみました。

電子レンジで温められるもの

20代ママ
ステンレス製かプラスチック製にするか迷いましたが、なるべく温かい状態の離乳食をあげられるように電子レンジでチンできるプラスチック製のお弁当箱を選びました。
30代ママ
お弁当を作るとき、前の日に作っておいて冷蔵庫で冷やして置くことが多いので、外出先で温められるように電子レンジ対応可能なお弁当箱を選びました。
電子レンジがある場合に温められるよう、「電子レンジ対応」のお弁当箱を用意したというママの声がありました。フタをしたまま温められるかを確認したというママもいました。

仕切りやパッキンがついたもの

20代ママ
以前、お弁当箱を開けたら中のおかずが全部混ざっていたことがあるので、おかずどうしが混ざらないように、中がしっかり仕切られているお弁当箱を選びました。
40代ママ
スープが汁漏れしないように中蓋にパッキンがついたカップ状のお弁当箱を使っています。柔らかい形状のものがまだ多い離乳食完了期の子どもにもぴったりだと思います。
とろみ状のおかずやスープを持ち運ぶときには、仕切りがあるものや汁漏れしない構造のお弁当箱を使うと便利なようです。しっかり閉まっていれば、うっかり落としてしてしまったときも安心かもしれません。

保温、保冷機能がついたもの

30代ママ
暑い時期は保冷機能がついているお弁当箱を使っています。夏場でも食材が傷みにくいので安心して食べることができます。
20代ママ
保温機能のついたお弁当箱を持っているのですが、お昼までごはんをホカホカの状態で保ってくれるので子どもも喜んで食べてくれます。
衛生面を考えて保冷機能のついたお弁当箱を選んだママや、温かい状態の離乳食をあげられるように保温機能のついたお弁当箱を選んだママがいました。季節やお弁当を食べる環境にあわせて選んであげられるとよいかもしれません。

離乳食完了期にお弁当を持ってお出かけしよう

手づかみで食べる子ども
Africa Studio/Shutterstock.com
離乳食完了期の子どもにお弁当を用意するときは、食べやすさやおいしく食べられるのかを意識して作るとよいかもしれません。入れるおかずやごはんの形状にあわせて、適したお弁当箱を選んであげられるとよいでしょう。ママたちが実際に作ったおかずなどを参考に、お弁当を持って子どもと楽しくお出かけしてみてくださいね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年11月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧