離乳食の手づかみ食べはいつから?与えるときの工夫やレシピ

離乳食の手づかみ食べはいつから?与えるときの工夫やレシピ

離乳食に手づかみ食べのメニューを作ろう

離乳食に手づかみ食べできるメニューを取り入れたいと考えているママや、手づかみ食べできる離乳食のレシピを知りたいママもいるでしょう。今回は、赤ちゃんにいつから手づかみ食べの離乳食を与えられるのかや、与えるときのママたちの工夫、赤ちゃんが手づかみ食べしやすい離乳食のレシピをまとめました。

離乳食の手づかみ食べはいつから?

離乳食にいつから手づかみ食べのメニューを取り入れられるのか、悩むママもいるかもしれません。

個人差もあるようですが、赤ちゃんの離乳食への興味に応じて、5カ月や6カ月頃から少しずつ与え始めたママが多いようです。離乳食が中期から後期、完了期へと進む中で、様子をみながら取り入れていくとよいかもしれません。

手づかみ食べするときのママたちの悩み

ママ 悩み
sukiyaki/Shutterstock.com
ママたちは赤ちゃんが食べ物で遊んでしまうことや、食事が終わった後の片づけが大変だということに悩んでいるようです。服も汚れるので着替える回数も多くなるという声もありました。

汚れてもよい服で食事をしたり、長袖のエプロンを着けたりして食事をすると、ママもおおらかな気持ちで手づかみ食べを見守ることができるかもしれません。

床に新聞紙や、ビニール加工が施されたマットを敷いて、食べこぼしても簡単に片づけができるように工夫しているママもいるようです。

赤ちゃんが食べやすい手づかみ離乳食レシピ

赤ちゃんが食べやすい手づかみ離乳食のレシピをご紹介します。

野菜蒸しパン

離乳食後期から食べられ、電子レンジで作れる蒸しパンのレシピです。赤ちゃんが苦手な野菜でも、ペーストにして生地に混ぜ込むことで食べてくれるかもしれません。

炊き込みご飯のおやき

離乳食後期から食べられる、ベビーフードの炊き込みご飯を使ったおやきのレシピです。ベビーフードを使ったレシピは忙しいときにも重宝しそうですね。

イワシの野菜入りハンバーグ

離乳食完了期から食べられる、いわしを使ったハンバーグのレシピです。豆腐を入れることでふわふわとした食感に仕上がります。イワシは小骨が多いので、すり身を使うと下ごしらえの手間が省け、手軽に作ることができそうです。

バナナフレンチトースト

フレンチトースト
Shebeko/Shutterstock.com
離乳食中期から食べられる、フレンチトーストのレシピです。バナナの自然な甘みを楽しむことができ、赤ちゃんが好んで食べてくれるかもしれません。離乳食の進み具合に応じて、卵黄やバターなどを入れてもよいでしょう。

動画で作り方が簡単に分かる、手づかみ離乳食レシピ

動画で作り方が簡単に分かる、赤ちゃんが食べやすい手づかみ離乳食のレシピをご紹介します。

手づかみうどん

離乳食後期から食べられる、手づかみうどんのレシピです。野菜も入っているので、栄養バランスも整いそうです。手づかみ食べを始めたばかりの赤ちゃんに与えるときは、ひと口大に小さく切ると食べやすくなるかもしれません。
フライパンで簡単に作れる!手づかみうどん

豆腐かぼちゃおやき

離乳食後期から食べられる、かぼちゃを使ったおやきのレシピです。かぼちゃは電子レンジを使って加熱することで、手早く調理を進めることもできるようです。材料や調理工程が少なく手軽に作ることができるメニューはうれしいですね。
離乳食後期のレシピに。豆腐かぼちゃおやき

野菜オムレツ

離乳食後期から食べられる、いろいろな野菜を使ったオムレツのレシピです。赤ちゃんが苦手な野菜も、細かく刻んで混ぜることでおいしく食べてくれるかもしれません。
離乳食後期に。フライパンで簡単!ボリュームたっぷりの野菜オムレツ

スイートポテト

離乳食後期から食べられる、粉ミルクで作るスイートポテトのレシピです。赤ちゃんが手づかみ食べしやすいよう、小さく成形するとよいでしょう。粉ミルクを使うことで必要な栄養もいっしょに摂ることができそうです。
離乳食後期のおやつに。粉ミルクでつくる簡単スイートポテト

離乳食に手づかみで食べられるメニューを取り入れよう

赤ちゃん 手づかみ
leungchopan/Shutterstock.com
離乳食に手づかみ食べを取り入れる時期は、赤ちゃんの離乳食への興味に応じて、5カ月や6カ月頃から始めるとよいようです。離乳食の進み具合にあわせて、様子をみながら少しずつ取り入れていくとよいでしょう。

赤ちゃんに手づかみ食べの離乳食を与えるときは、片づけやすさを考え、床に新聞紙や防水のマットを敷いたり、汚れてもよい服で食事をしたりするなど工夫するとよいかもしれません。

手づかみ食べしやすい離乳食のレシピを活用して、赤ちゃんがよろこんで食べてくれる一品が作れるとよいですね。
※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年03月31日

専門家のコメント
38
    ゆき先生 保育士
    春先から秋にかけてはよく公園で食べました。こぼれても気にならないしお外で食べるご飯は美味し
    いちご先生 保育士
    パンや果物、豆腐バーグなど離乳食の手掴み食べとして取り入れてました。子どもが持ちやすい物、
    りお先生 保育士
    離乳食が進んで、2食になった頃から徐々に手づかみメニューも取り入れたと思います。
    野菜を柔
    せおみ先生 保育士
    初めはパンの手掴みだと掴みやすく、掃除もしやすいのでおすすめです。カット野菜やおにぎり。ハ
    ゆきな先生 保育士
    パン、おにぎり、果物、ハンバーグ、お好み焼きなど手掴みでたべやすいですよね!公園でピクニッ
    めい先生 保育士
    手掴み食べは子どもの食事で大切な過程なので、これから離乳食に突入する我が子にもしっかりさせ
    ゆう先生 保育士
    手づかみ食べが大好きな子は、どんな食べ物でも手づかみしますが、手づかみ食べが苦手な子は、手
    あーちん先生 保育士
    ちょうどつかみ食べをしはじめて、たくさんこぼしていますが、一生懸命食べてる姿も可愛いです(
    すー先生 保育士
    子どもが食べ物を手で触り始めタイミングで手づかみを取り入れました。パンやおやき、一口サイズ
    えり先生 保育士
    手掴みメニュー、調べてみるとたくさんありますよね^^
    我が家もおやき等よく作っていました!
    ぬーぴー先生 保育士
    子どもが握って食べやすいサイズは、大人の指くらいの細長いサイズです。野菜スティックや赤ちゃ
    なつまる先生 保育士
    スティックパンや野菜スティックはよく出ていました!持ちやすい大きさのものを食べられるように
    まい先生 保育士
    個人差があるのですが、食べるより食材に興味を持ち出したらだと思います
    その時は具材を大きめ
    かんな先生 保育士
    この頃のお子さんの食事場面で、掴み食べしてくれるかな?とにんじんや大根をスティック状にした
    とまと先生 保育士
    手づかみ食べメニューをたくさん調べて色々と試しましたが、一番よく出していたのは にんじん
    のんの先生 保育士
    子供が自ら食べたいと手づかみ食べを始めれば、その時から始めさせています。
    手が汚れるから、
    ゆか先生 保育士
    温野菜スティックは握って、かじることも覚えられるのでいいですよ😃
    ご飯も一口大にしておく
    ひまわり先生 保育士
    子どもによると思いますが、うちの子は食べるの大好きで、7ヶ月頃から手づかみで食べたくて仕方
    とーち先生 保育士
    手づかみ食べは離乳食後期からよくしてましたー

    おやきや人参スティック、パンケーキ。。なる
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ