【離乳食記事14選】離乳食の悩みを解決!便利アイテムや子どもの好き嫌いの克服方法

【離乳食記事14選】離乳食の悩みを解決!便利アイテムや子どもの好き嫌いの克服方法

小さな子どもの体を作る離乳食。「子どもが食べてくれない」「毎日の離乳食作りが大変」……離乳食に悩みを抱える保護者もいるのではないでしょうか。今回は、KIDSNAが過去に配信した「離乳食」に関する記事の中から厳選ピックアップ。離乳食作りを助ける便利アイテムや進め方、偏食や好き嫌いの克服方法などをご紹介します。

母乳やミルクを飲んで育ってきた子どもが、初めて「食べること」に触れる離乳食。子どもが食べやすいように調理したり、月齢ごとに口にしてよいものを確認したりと、離乳食づくりを大変だと感じる保護者も多いかもしれません。

そこで今回は離乳食作りに役立つアイテムや、進め方のほか、世界の子どもたちが食べている離乳食、子どもが偏食になるメカニズムから克服方法まで、KIDSNAがこれまで配信した「離乳食」にまつわる記事を集めました。

離乳食作りに便利で役立つアイテム

毎日の離乳食づくりに役立つ調理家電やアイテムをまとめました。離乳食づくりをもっと快適に、おいしい離乳食を作れるアイテムをチェックしてみては。

バラエティ豊かな離乳食を彩るアイテム

現在発売中の離乳食や、離乳食を彩るアイテムをご紹介。

肉のピューレ(the kindest)

D2C乳幼児フードブランド「the kindest」から、お肉デビューや赤ちゃんの鉄分補給として使いやすい「肉のピューレ」が発売中。

やさいだし(the kindest)

国産有機野菜を使ったパウチタイプの無添加ベビー出汁「やさいだし」。使い勝手よく安心素材で作られた「やさいだし」で、離乳食期の負担を減らしてみては。

抗菌ベビー・キッズシリーズ(KEYUCA)

ライフスタイルショップ「KEYUCA」から、見えない不安を少しでも軽減できるよう、今回、抗ウイルス商品と合わせて、抗菌機能を持つ食器・スタイ・タオルハンカチなど、新たに35種類の商品をラインアップ。

テーブルウェア、スツール(ファミリア)

「ファミリア」から暮らしを彩る上質なライフスタイルコレクションとして、テーブルウェアやスツールなどのインテリア雑貨が展開中。

離乳食の進め方とポイント

離乳食の進め方について悩む保護者も多いかもしれません。野菜や肉、卵、調味料はいつから取り入れてもよいのか、献立や味付け、量の工夫などについてご紹介します。

世界の離乳食を見てみよう

世界の子どもたちはどんな離乳食を食べているのでしょう。特徴的な5カ国の離乳食をイラスト付きで解説します。

子どもの偏食や好き嫌いが起こる理由

子どもの偏食や好き嫌いに頭を悩ませる保護者は多いのではないでしょうか。管理栄養士であり、小児栄養学や小児保健学、食育を専門とする上田玲子氏に子どもの偏食のメカニズムや克服方法までインタビューしました。

食べない子どもへの声のかけ方

『食べない子が変わる魔法の言葉』の著者である山口健太さんは、偏食や小食などの”食べない子"に悩むたくさんのお母さんの声を聞いてきたといいます。著者からのコメントをチェックしてみては。
「離乳食」の記事がもっと読める!
▼▼▼KIDSNAアプリを今すぐDL▼▼▼

2021年05月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧