1歳の子どもの歯磨き事情。1日の回数や嫌がるときの対応法

1歳の子どもの歯磨き事情。1日の回数や嫌がるときの対応法

歯磨きを始めた時期はいつから?

1歳の子どもの歯磨きについて気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、1日の歯磨き回数やうがいをするかなどの歯磨きの仕方と、子どもが朝泣くなどして歯磨きを嫌がるときの対応の仕方、歯ブラシを持って歩くときなどに気をつけることを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

1歳の子どもの歯磨きについての悩み

子どもが1歳頃になると歯磨きについて気になママやパパもいるかもしれません。子どもの歯磨きについての悩みをママやパパたちに聞いてみました。

20代パパ
1歳になって乳歯が生えてきたようなのですが、歯磨きはいつ頃から始めるとよいのか気になります。子どもに自分で歯磨きをさせてもよいのでしょうか。
30代ママ
うちの子は仕上げ磨きを嫌がるので困っています。歯磨きをするときに泣く子どもに、どのような対応をするとよいか知りたいです。
子どもの歯磨きをいつから始めるとよいのかや、歯磨きを嫌がるときの対応の仕方などで悩んでいるママやパパがいるようです。他には、歯磨きの後のうがいをどのようにするのか知りたいという声もありました。

1歳の子どもの歯磨き事情

1歳の子どもはいつ頃からどのように歯磨きを始めているのでしょう。ママやパパたちに1歳の子どもの歯磨き事情を聞いてみました。

歯磨きを始めた時期と歯磨きの仕方

30代ママ
子どもの下の歯茎に乳歯が生えそうになったときから歯磨きの練習を始めました。初めは私の膝の上に仰向けに寝かせ「お口を開けてごらん」と言いながら、清潔なガーゼでやさしく歯茎にさわるというやり方で歯磨きに慣れるようにしました。
1歳前の乳歯が生えそうなときから歯磨き練習を始めておくと、1歳になってからの歯磨きがしやすいかもしれません。ママのなかからは、最初は回数などを決めず、朝のご機嫌のよいときなどに歯ブラシを歯茎に軽くあてる練習をしたという声も聞かれました。

1日の歯磨きの回数

30代パパ
子どもの乳歯が生えてきたら、1日に3回から4回ほど歯磨きをするようにしました。乳歯がしっかり生えるまでは回数にこだわらず、子どもの様子を見ながら歯磨きをしましたが、夜寝る前は必ず歯磨きをすることが大切かもしれません。
1日の歯磨きの回数は、乳歯の生え方や生活スケジュールにあわせて考えるとよいようです。回数は決めず、食事やおやつなどを食べるたびに軽く歯磨きをするようにしたというママの声もありました。

慣れてきてからの歯磨きの仕方

赤ちゃん用の歯ブラシ
New Africa - stock.adobe.com
20代ママ
1歳になって歯磨きに慣れてきてからは、最初に子どもが歯磨きをして最後に私か夫が仕上げ磨きをするという習慣をつけました。1歳の子どもにうがいは難しいようなので、仕上げ磨きの後で清潔なガーゼでやさしく拭き取りをしています。
乳歯が生えて子どもが歯磨きに慣れてきたら、自分で歯磨きをする習慣をつけることも大切かもしれません。ママのなかには、子どもがうがいの仕方を覚えられるように、歯磨きの後で少し水を含んで出す練習をしたという声もありました。

子どもが歯磨きを嫌がるときの対応の仕方

1歳の子どもは食事の後の歯磨きを嫌がることもあるようです。子どもが嫌がるときの対応の仕方をママやパパたちに聞いてみました。

歌にあわせて磨く

30代ママ
うちの子は朝眠いときに歯磨きを嫌がって泣くことがあります。子どものお気に入りの歌を流すとご機嫌がよくなっていっしょに歌い出すので、少し歌って満足したところで歌にあわせて歯磨きをするようにしました。
お気に入りの歌が流れると、自然に口を開けて歯磨きをしてくれることもあるかもしれません。1歳の子ども向けの歯磨きの歌などもあるようなので、子どもが歯磨きを嫌がるときには利用してみるとよさそうです。

子どもが使いたくなる歯ブラシを選ぶ

20代パパ
歯磨きを嫌がって泣く子どものために、好きなキャラクターのついた歯ブラシを購入しました。食事が終わると小さな人形のついた歯ブラシを見せて「いっしょに磨こうよ」と話しかけながら歯を磨いています。
歯磨きを嫌がって泣く子どものために、キャラクターつきの歯ブラシを用意したパパがいました。1歳児用の歯ブラシにはリング状の持ち手にかわいいイラストが描かれたものなどもあるようなので、子どもが使いたくなるような歯ブラシを選べるとよいかもしれません。

やさしい磨き方にする

赤ちゃんとママ 日本
szefei/Shutterstock.com
30代パパ
子どもが歯磨きを嫌がるのは、歯ブラシが歯茎にあたるときに痛いと感じるためかもしれないと思い、やさしい磨き方にしてみました。子どもに話しかけながらそっと磨くようにしたところ、仕上げ磨きで泣くこともなくなりよかったです。
1歳の子どもは歯ブラシが唇の裏側や歯茎にあたることが気になって、歯磨きを嫌がることがあるかもしれません。子どもが嫌がるときは、ママやパパの磨き方を少し変えて様子を見るとよさそうです。

子どもの歯磨きをするときに気をつけたこと

1歳の子どもの歯磨きをするときには、どのようなことを意識するとよいのでしょう。ママやパパたちに気をつけていることを聞いてみました。

歯ブラシを持っているときには目を離さない

30代パパ
子どもが歯磨きをするときには、歯ブラシを持ったまま歩くことがないように気をつけています。1歳の頃は歩いているときに転ぶこともあるので、歯ブラシを持ったら座って磨くというようなことを意識するとよいと思いました。
1歳の子どもが歯ブラシを持って歩かないように気をつけているパパもいるようです。歯ブラシが顔にあたってケガをすることがあるかもしれないので、子どもが歯ブラシを持っているときには目を離さないように気をつけているというママの声もありました。

子どもの口の中の様子をよく見る

20代ママ
仕上げ磨きをするときには、子どもの口の中の様子をよく見ることを意識しました。小さな傷でも痛みを感じて歯磨きが嫌いになることもあるようなので、口の中の様子を確かめながら磨くことも大切ではないかと思います。
子どもの歯磨きをする際に、口の中の様子を見ることを意識したというママがいました。1歳くらいの子どもは上唇と歯茎の境目に歯ブラシがあたると嫌がることもあるようなので、子どもの表情を見て仕上げ磨きをするとよさそうです。

1歳の子どもと楽しく歯磨きをしよう

赤ちゃん アジア人
Rawpixel.com/Shutterstock.com

1歳くらいに乳歯が生え始めたことをきっかけに、歯磨きの練習を始めるママやパパもいるようです。歯磨きを始めた頃は回数にこだわらず、ご機嫌のよい朝などに歯を磨いたりうがいの練習をしたりするとよいかもしれません。

嫌がるときや泣くときには歯磨きの仕方を工夫したり、歯ブラシを持って歩くことのないように気をつけたりしながら、1歳の子どもと楽しく歯磨きができるとよいですね。

2020年03月09日

専門家のコメント
16
    いちご先生 保育士
    自分で持って出来る、シリコン製?の柔らかい乳歯磨き用の歯ブラシを買ってさせてました。回数は、離乳食を食べた後と寝る前です。
    虫歯になるならない関係なく、これからのことを考えると、歯磨きに慣れていてほしいなという思いから、早めに始めました。
    おはぎ先生 保育士
    我が家も上の子達は仕上げ磨きを嫌がって大変でした💦子ども嫌がる→親早く終わらせたくてムキになる→子どももっと嫌がる、の繰り返しでした。お姉ちゃんの時は口の中に〇〇発見など実況をして磨いたり、お兄ちゃんの時は終わりが分からないのが負担なようだったので知っている歌が終わるまでと決めて磨くと機嫌が良かったです
    すあま先生 保育士
    ★歯磨きを嫌がるときの対応案

    『カウントダウン』
    数を(1→10、10→0など)かぞえてあげて、その間に磨いてしまう方法です。何度か行なっているうちに「数え終わったら歯磨きも終わるんだ」と見通しが持てるようになってきて(個人差はあります)、歯磨きへの抵抗感がやわらいできます。

    『好きな歌』
    歯磨きをするときに「今日は何の歌にする?」とお子さんに聞いて、好きな歌をうたってあげながら歯磨きをしてあげる手法は効果的ですね。
    お子さんに歌を選ばせてあげるのがポイントです。

    上手に口を開けて磨き終えることができたらたくさん褒めてあげると更に効果的ですよ(^ ^)
    はなばたけ先生 保育士
    嫌がる子には無理させないのが最適ですよね ( ^_^ ) 今後一生続けていくであろう歯磨きの入門編ですので楽しく取り組めたらいいです ( ^o^ )
    りお先生 保育士
    歯磨き、なかなかできないですよね💦
    持たせてもカミカミでブラシがめっちゃ広がっちゃうし笑。

    私は、歯磨き気分をシリコン製の赤ちゃん用歯ブラシを持たせて味わせた後に、仕上げみがき用の歯ブラシでちょこちょこっと磨いていました。

    歯医者さんでは、1歳代はよだれも多いから毎日きちんと磨けなくても虫歯にはなりにくいと言われていたので、きちんと磨けなくても気にしないようにしていました。
    すー先生 保育士
    余裕がある時は朝、夜。余裕がなければ夜だけしています。1人目は歯磨きを嫌がっていたのでダンボールのワニさんにスポンジで歯を作り、ワニさんの歯を磨いた後に息子。というように歯磨きをさせてくれるまでに時間がかかっていましが、2人目は嫌がることなく歯磨きをさせてくれるのでだいぶ助かってます。
    すず先生 保育士
    一歳ならば、嫌がるときはやめてもよいと思います。
    1日に何度か歯磨きのタイミングを作り、楽しく誘ってみて来てくれる時だけでよいと思いますよ。
    私もついついガシガシ磨きをしてしまって、子どもに怒られてしまうタイプだったので、耳かきをするくらいの感覚でそっとゴミを取り除いてあげるくらいで大丈夫だと思います。

    歯にこびりついた歯垢がとれないときは、歯医者さんで相談してみるのもよいですよ~!
    めめ先生 保育士
    初めはHAMICOという喉につかえない安全なものからスタートして子どもに持たせていました。
    今は自分で一本持たせて磨かせながら私が仕上げ用の歯ブラシで磨くとスムーズに歯磨きが終わります。
    えり先生 保育士
    歯が生えてくるのと、離乳食を始めるのが同じ時期だったのでその頃から、シリコン製の5〜6ヶ月用と書いてあるものから使い始めました。
    市の健康相談に、定期的に歯科衛生士さんが来るので、その時に合わせて歯を見てもらったり、歯の磨き方や歯磨き粉を使った方がいいのか等、成長に合わせて相談していました。
    歯を磨く回数は今のところ寝る前だけですが、そろそろ朝昼も磨いていこうと思っています。
    仕上げは、歌を歌ったりしながらしています^^
    食事の後はお茶や白湯を必ず飲む、ご飯とおやつの時間以外にダラダラと食べないなども気をつけています。
    みぃ先生 保育士
    1歳の頃は乳歯磨き用歯ブラシで朝と夜に、本人がやりたくないと言う時も、歌ったりムシバイキンの寸劇をしたりしながら、欠かさず行っていました。某子ども番組の歌を「上の歯〜下の歯〜」と歌いながらだと機嫌よくやってくれました。
    ゆきな先生 保育士
    シリコン製のものを渡していました!仕上げ磨きするときは子供に短いものを持たしながら長い歯ブラシで磨く!!
    はなこ先生 保育士
    夜寝る前に歯磨きしてます!
    自分でごしごし(するふり)してから、最後に仕上げ磨き!寝転んでもらって歯磨き用の鏡を持ってもらって歯磨きしてます!!
    すみっこ先生 保育士
    夜寝る前に歯磨きをしていました。
    シリコンタイプのストッパーのついている赤ちゃん歯磨きを購入後しました。
    ものすごーーく嫌がって大変でした…
    ブドウ味のフッ素スプレーをショッとしたら大喜びだったのを覚えています✨
    ゆか先生 保育士
    歯磨き嫌いな子結構いますよね!
    無理にやっても余計に嫌になってしまうし、食事に注意していればそんなに神経質になることはないと思います。

    個人的にはガーゼで拭くくらいでも大丈夫かなーと思います。

    知り合いはまだ、歯が生えていないうちからニンジンをスティックにして噛ませていたみたいです。
    そのお陰なのか小学生になったら仕上げ磨きをしなかったけど大人になるまで虫歯にならなかったそうです😄
    ちぃ先生 保育士
    赤ちゃん用のシリコン歯磨きを持たせて納得いくまでさせた後仕上げをしていました。

    歯磨きが嫌にならないように歌を歌ったり、時には私が子供に磨いてもらったりしていました。
    歯磨きが上手にできてるから不安だったので、歯が生えはじめた頃から小児歯科専門医に定期的に見てもらってました。
    歯科医に勧められたCheck upジェルを毎朝晩塗っていました。
    せおみ先生 保育士
    歯磨きは、並びで4本ぐらい生えたら始めると良いそうです。また、年齢が小さい頃は水で流す事が難しい場合は歯磨きでこするだけでも十分だそうです。初めは磨くと言うより、歯磨きになれるところからですよね。奥まで入ってしまわないようにガードしてあるもので、シリコン製の物から使い始めました。仕上げ磨きなど少しずつ磨くようにしてなれていけると良いと思います。
おすすめユーザーのコメント
1
    sh
    子どもが嫌がるときは落ち着いてからさっと歯磨きしてました。
    機嫌がよいときを見はからって歯磨きするのもいいと思います。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧