女の子といっしょのお風呂はいつまで?ひとりで入るための練習方法など

女の子といっしょのお風呂はいつまで?ひとりで入るための練習方法など

女の子の体の洗い方

子どもとのお風呂の時間が楽しみなママやパパのなかには、女の子の子どもといつまでお風呂に入るのかや、シャンプーと体の洗い方の手順について気になる方もいるかもしれません。今回の記事では、ママパパといつまでお風呂に入っていたのかや、お風呂に入るときに意識していたことなどを体験談を交えてご紹介します。

ママパパと女の子のお風呂に関する悩み

女の子のいるママやパパのなかには、子どもとのお風呂について気になることもあるのではないでしょうか。女の子とのお風呂に関する悩みについて、ママやパパに聞いてみました。

30代ママ
年長になる娘が体を自分で洗いたがるのですが、うまく洗えないようです。洗い方を上手に伝える方法はあるのでしょうか。
30代パパ
小学二年生の女の子がいます。最近お風呂に誘ってもすぐに入ろうとしません。いっしょにお風呂に入るのを嫌がっているようにも感じられ、いつまでいっしょに入ってよいのか気になっています。
ママやパパが女の子とお風呂に入るときの悩みはさまざまあるようです。他にも、お風呂に入るときに便利なグッズを知りたいという声や、パパ自身が娘とお風呂に入ることに戸惑っているという声もありました。

そこで今回は、女の子の子どもとママやパパがいつまでいっしょにお風呂に入っていたのかや、子どもが一人で体を洗うときの手順などについて体験談を交えてご紹介します。


【体験談】ママパパといつまでお風呂に入ってた?

女の子のいるママやパパのなかには、いつまで子どもといっしょにお風呂に入るのか気になる方もいるかもしれません。女の子の子どもといつまでいっしょにお風呂に入っていたのか聞いてみました。

5歳や6歳くらいまで

笑顔の女の子
MIA Studio/Shutterstock.com
40代ママ
たまにですが、うちの娘は5歳くらいから一人でお風呂に入ることがありました。お兄ちゃんが一人で入っているのを見て、真似してみたかったようです。
40代ママ
小学校入学を間近に控えた6歳頃から、子どもが一人でお風呂に入るようになりました。もうすぐ小学生という気持ちがあったのか、自分でやりたいという気持ちがあるように感じました。
小学校入学前の5歳や6歳の頃から、一人でお風呂に入っている女の子もいるようです。他にも、大人はいっしょには入らず、お姉ちゃんと二人でお風呂に入っているというママの声もありました。

小学校低学年まで

40代ママ
うちの娘は小学校二年生までパパといっしょにお風呂に入っていました。弟もいっしょに入っていましたが、三人で楽しそうにお風呂で遊んでいました。
小学校低学年頃まで、パパとお風呂に入っていた女の子もいるようです。パパのなかには、お風呂の時間は子どもとの貴重なコミュニケーションタイムなので、無くなってしまうとさみしく感じるという声もありました。

小学校高学年まで

40代パパ
うちの子どもは小学校四年生くらいから、一人でお風呂に入りたいというようになりました。もうそんな年になったのかと少しさみしくもあり、成長を感じた瞬間でもありました。
小学校高学年頃になると、一人でお風呂に入りたいという女の子もいるようです。他にも、子どもはいつまでもいっしょに入りたいと言ってくれたけれど、パパの方が卒業した方がよいのではと考えたという声もありました。

パパが娘といっしょのお風呂を卒業したいと感じるときは、ママが子どもと入ったり、子どもに一人で入ってみることを勧めたりするのもよいかもしれません。


子どもの洗い方の手順と工夫

子どもが一人でお風呂に入るようになってから困ることがないように、ママやパパといっしょに入っている間に洗い方を教えておきたいと考える方もいるかもしれません。お風呂での洗い方の手順や工夫について聞いてみました。

シャンプー

泡だらけの女の子
PathomP/Shutterstock.com
30代パパ
お風呂に入ったら最初に、髪をしっかり濡らしてシャンプーを泡立てて洗います。爪で洗わないように「指の腹で優しく洗うんだよ」と洗い方を教えています。
最初にシャンプーの方法を教えているパパもいるようです。パパのなかには、シャンプーするときは後頭部の方もしっかり洗うよう教えているという声や、シャンプーハットなどのグッズを使ったり、場合によっては洗いやすい長さに髪の毛をカットしたりして、洗う練習をしているという声も聞かれました。

体洗い

30代パパ
体を洗うときは首や肩など上の方から、下に向かって順番に洗うように教えています。石鹸をしっかり泡立てること、足の指の間もきちんと洗うことを伝えています。
30代ママ
女の子なので、体の洗い方は私からも教えるようにしています。デリケート部分を洗うときはよく石鹸をよく泡立てて優しく、おまた、お尻の順に洗うようにといっています。
体を洗う順番や汚れの溜まりやすい場所の洗い方を、きちんと教えておくとよいようです。ママのなかには、石鹸を泡立てるのは子どもには難しいようなので、泡タイプのボディーソープを使うようにしているという声もありました。

ママパパとのお風呂で意識したこと

子どもが小さいうちはいっしょにお風呂に入っていても、いつかはいっしょのお風呂を卒業するかもしれません。いっしょにお風呂に入るうちに意識したいことについて、ママたちに聞いてみました。

拭き方も練習しておく

40代ママ
お風呂上りの体を大人がタオルで拭いていたので、一人でも拭けるよう練習しました。最初に顔を拭き、髪の毛、体の順にしっかり拭くように伝えています。
タオルでの拭き方を練習しておくことも大切かもしれません。ママのなかからは、髪の毛をタオルでしっかり拭いておくとよいと教えているという声も聞かれました。

お風呂の時間を楽しむ

30代ママ
一人でお風呂に入る時間を楽しんでもらいたいと思い、湯船に浸かっている間に娘の髪にトリートメントをしています。女の子の二人風呂もあと少しかなと思って楽しんでいます。
子どもが一人でお風呂に入るようになったときお風呂の時間を楽しくできるよう、お風呂での楽しみ方を教えているというママもいるようです。他にも、娘や自分の足をマッサージしてすごしているというママの声もありました。

女の子の様子にあわせたお風呂タイムを

笑顔でお風呂に入る女の子
Phattana Stock/Shutterstock.com

ママやパパと女の子の子どもがいつまでいっしょにお風呂に入るのかは、5歳や6歳頃までだったり小学校高学年だったりと、家庭によってさまざまなようです。

子どもが一人でお風呂に入るようになったときに困らないよう、体の洗い方の手順やシャンプーの仕方などを教えているというママやパパの声もありました。

シャンプーが苦手な場合は、髪を短くしたりシャンプーハットのようなグッズを使用したりすることもあるようです。タオルでの拭き方の練習もしておくとよいかもしれません。

子どもにとって楽しいお風呂タイムになるように、いろいろな工夫ができるとよいですね。

2020年02月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧