スポーツに励む子どもを食事でサポートしよう!食事のポイントとは

スポーツに励む子どもを食事でサポートしよう!食事のポイントとは

スポーツをする子ども向けの食事のレシピ

子どもがスポーツをしている家庭のママのなかには、食事のとり方やレシピについて気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、スポーツをする子どもの食事のポイントやレシピ、子どもがスポーツをしている家庭の食事で意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

スポーツをする子どもの食事

スポーツをしている子どもと暮らすママのなかには、子どもが元気に体を動かせるように栄養バランスを意識した食事を用意したいと考える方もいるようです。スポーツに励む子どもを食事の面からサポートしたいと考えたとき、どのようなことを意識して食事を用意すればよいのかや、スポーツをする子ども向けのレシピについて知りたい方もいるかもしれません。

そこで今回は、スポーツに取り組む子どもの食事のポイントやレシピについてお伝えします。

スポーツをする子どもの食事のポイント

スポーツをしている子どもの食事は、どのようなことを気にして用意するとよいのでしょうか。ママたちに、食事のポイントについて聞いてみました。

1日3食しっかりと食べる

30代ママ
朝昼晩の3食の食事をしっかりとることを心がけています。うちの子どもの場合、朝は時間や食欲がないこともありますが、ヨーグルトやバナナなどであれば食べやすそうです。
1日3食の食事を欠かさないように気をつけているというママの声がありました。朝食をとることで体が温まり、体が目覚めたり集中力が高まったりするのではないかと考えるママもいるようです。

3食の食事をしっかりととって食事から生活のリズムを整え、一生懸命スポーツに取り組む子どもの体をサポートできるとよいですね。

栄養のバランスを考える

40代ママ
子どもが野球をやっているのですが、食事のメニューを考えるときは主食と主菜、副菜をそれぞれ用意するように心がけています。栄養バランスのとれた食事が、スポーツでエネルギーを使う子どものパワーの源になってくれたら嬉しいです。
栄養面を考えて、ご飯やパンなどの主食と肉や魚、卵などの主菜、野菜やきのこ、海藻類などの副菜を用意しているママもいるようです。栄養バランスの整った食事を毎日積み重ねていくことが、スポーツをする子どもの体の基礎を作る上で大切なポイントとなるのかもしれません。

スポーツをする子ども向けのレシピ

料理をする女性
milatas/Shutterstock.com

スポーツをする子どもに、どのようなメニューの食事を用意すればよいのか悩むママもいるかもしれません。スポーツをしている子ども向けの食事のレシピをご紹介します。

彩り野菜の肉巻き

30代ママ
にんじんを長さ5cm、幅2mmほどの千切りにします。同じように5cmくらいの長さに切ったえのきと水菜、先ほどのにんじんの千切りを豚のロース肉で巻いものを耐熱皿にのせたら、酒をふりラップをして電子レンジにかけます。

肉に火が通ったらラップを外して、ポン酢とヨーグルトを混ぜて作ったタレをかけると、彩り野菜の肉巻きの完成です。
思いきりスポーツをした後は、さまざまな食材がバランスよくとれるレシピの食事を用意しているママもいるようです。ポン酢やヨーグルトを使った酸味のあるタレは、運動後で食欲が落ちているときも食べやすそうだったというママの声もありました。

鶏肉とアサリのあんかけうどん

30代ママ
鶏ムネ肉とにんじん、小松菜、大根、水で戻した干ししいたけを一口大に切り、アサリの缶詰といっしょにめんつゆを煮たてた鍋に入れます。食材に火が通ったら水溶き片栗粉でとろみをつけ、うどんの上にかけると鶏肉とアサリのあんかけうどんの完成です。
鶏のムネ肉とアサリをあわせたあんかけうどんを、スポーツをする子どもに用意したママもいるようです。あんかけの野菜を変えてアレンジしたり、朝食のレシピとして活用したりするのもよさそうです。

厚揚げと鶏肉のナゲット

30代ママ
ボウルに細かく刻んだ厚揚げと鶏のひき肉、小麦粉と酒、しょうゆ、マヨネーズを入れよくかき混ぜます。小さめの小判型に成形したものをフライパンで焼いたら、厚揚げと鶏肉のナゲットの完成です。
子どもが好きなナゲットに厚揚げを加えたレシピは、スポーツでお腹が空いた子どもも喜んでくれそうですね。休日にスポーツの習い事に行く子どもがいる家庭のママからは、一口大で作るとお弁当に入れても食べやすそうだったという声も聞かれました。

スポーツをする子どもの食事で意識したこと

食事をする子ども
KPG_Payless/Shutterstock.com

スポーツをする子どもの食事を用意するときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。ママたちに、スポーツをする子どもの食事で意識したことを聞いてみました。

子どものスポーツの内容にあわせる

30代ママ
うちの息子は陸上をやっているので、持久力がつきそうな食材や疲労回復によさそうな食材を使用したレシピで食事の用意をすることが多いです。最近は、運動量が増えてきて食べる量も多くなってきたので、最後まで粘り強く練習に取り組めるよう、食事量にも気をつけています。
子どもが取り組むスポーツの内容にあわせて、食事の献立や量を決めているママがいるようです。他にも、練習内容がハードな日は、ボリュームのあるメニューを意識したり、気温が高い日は、さっぱりと食べやすいメニューにしたりと、臨機応変に食事の内容を変えているというママの声もありました。

試合前の食事内容に気をつける

30代ママ
試合の前日の子どもの食事は、生ものや脂っこいものは避けるように気をつけています。一生懸命取り組んできた練習の成果をしっかりと出し切れるように、食べ慣れたメニューにすることが多いです。
努力してきた成果を最大限に出してほしいという想いから、試合前の食事は体調面を考えて、生ものや脂が多そうなものを避けるようにしているママもいるようです。練習と食事の両面から日々積み重ねて作り上げてきた体の調子を万全にして試合に臨めるように、試合前の食事内容にも気をつけられるとよいですね。

スポーツの内容やバランスを考えた食事を

サッカーボールで遊ぶ男の子
Hung Chung Chih/Shutterstock.com

スポーツをする子どもの食事内容を考えるときは、朝食を抜くことなく1日3食食べることや栄養バランスを意識することも大切かもしれません。ママのなかからは、子どものスポーツの内容や練習量、気温などにあわせた食事の献立を考えているという声も聞かれました。

主食と主菜、副菜を意識したレシピの献立で、一生懸命スポーツに取り組む子どもを食事の面からサポートできるとよいですね。

2020年02月18日

専門家のコメント
8
    のんの先生 保育士
    朝昼晩3食のご飯を規則正しく食べさせています。
    パンはあまり食べさせてね白米の中心とした食事作りを心がけています。
    肉や魚、緑黄色野菜など、赤黄緑の栄養バランスを考えするといいですね
    なつまる先生 保育士
    朝ごはんも大事にして
    きちんと1日3食取れるといいと思います!
    お肉お魚を交互に食べれたりお野菜も偏りなく食べれるのが1番だと思いますが、なによりも楽しく食べるということを大事にできるといいですね!
    りお先生 保育士
    好き嫌いなく、3食きっちり食べることでしょうか。

    幼稚園、保育園、小学校共に給食があるので、昼食は栄養バランスの取れた食事をしていますよね。
    なので、それに加えて朝と夜に出来る限り好き嫌いなく食べられれば、栄養バランスも自然と整ってくると思います😁

    身体測定等で特に問題がなければ、お子さんの今の食事で大丈夫ということではないでしょうか😁

    我が家の長男はサッカーをしていますが、特に意識していることはなく、お腹が空いたら食べたいだけ食べているという感じです!

    が、好き嫌いで野菜を残すことは許していませんよ!
    いちご先生 保育士
    毎食、バランスを考えて食事を作るようにしています。毎回とはなかなかいきませんが、出来るだけ一汁三菜を心がけるようにしています。好き嫌いなく食べることはもちろん大事だと思いますが、なにより食事を楽しむことが一番かなとわたしは考えています☻
    こいまま先生 保育士
    バスケットと体操教室をしています。
    男の子なのでとにかく食べる食べる。
    お肉が大好きで放っておけばそればかり食べてしまうので、野菜や魚もとれるように一汁三菜は心がけ色々な食材を入れるようにしています。
    わい先生 保育士
    大きくなるにつれてこと、子どもがやる競技によって取るべき栄養も変わってきます。バランスの取れた食事が大事だと思いますが、いまいち私もわからないので、里田まいさんも取ったアスリートフードマイスターの資格に憧れを感じます。
    のの先生 保育士
    食事は本当に大切なことだと思います。ですが、あまり力を入れすぎると食べてもらえなかった時などショックがデカくなってしまうのでできる範囲でやってあげるといいと思います。
    せんせい 保育士
    食事は好き嫌いを無くすことや、完食することよりも食事そのものを楽しむことの方が大事ですよね🌞好き嫌いしていいワケでもないし、一生懸命作ったものを残してもいいわけではないですけど💦苦手なものが出てきたうえに食卓が暗いと、、、食欲も更になくなりますよね☺︎💦バランスよく食べることがスポーツするお子さんにもいいと思います🤩

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧