保育園の送迎手段は?送迎バスや車、自転車や歩きなどの送迎事情

保育園の送迎手段は?送迎バスや車、自転車や歩きなどの送迎事情

雨の日に送迎するときの工夫など

保育園の送迎は、送迎バスや車、自転車や歩きなどさまざまな手段があるようです。赤ちゃんの送迎では、ベビーカーを使いたいと考えるママやパパもいるかもしれません。今回は、保育園への送迎時間などの送迎事情や送迎手段、雨の日の準備や挨拶を行うなど送迎時に意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

保育園の送迎事情が知りたい

保育園への入園を控えている場合や子どもが保育園に通っているとき、送迎事情について気になるママやパパもいるのではないでしょうか。ママやパパたちに、自宅から保育園までの送迎にかかる時間や、誰が送迎を行なっているのかを聞いてみました。

送迎にかかる時間

3歳児のパパ
うちの場合は自宅から一番近い保育園に入園できたので、送迎時間は約30分です。9時までに登園する決まりがあるため、ゆとりをもって45分前に自宅を出発するように心がけています。
自宅から保育園までの送迎にかかる時間が30分だというパパがいるようです。他にも、朝は通勤時間帯に登園するため1時間近くかかるという家庭や、20分程度で送迎しているという家庭もありました。

送迎をする人

4歳児のママ
我が家では、朝は夫が、夕方は私が送迎を担当しています。送迎を担当すると、保育園での子どもの様子がわかりやすいので、夫婦で分担してよかったと感じました。
夫婦で送迎を分担している家庭もあるようです。他にも、近所に住む夫婦の両親やベビーシッターサービスに送迎代行を依頼しているというパパの声もありました。

保育園への送迎手段

子どもを保育園に送迎するとき、送迎手段にはどのようなものがあるのでしょうか。実際に、ママやパパたちが行なっている送迎手段をご紹介します。

歩き

ベビーカーを使った歩きの送迎
ucchie79/Shutterstock.com
5歳児のママ
上の子と手をつないで歩き、赤ちゃんの下の子はベビーカーに乗せて保育園へ送迎しています。毎日同じ道を歩くことで、子どもたちは自宅から保育園までの道を覚えてきました。
歩いて保育園への送迎を行なっているママがいるようです。パパのなかからは、普段は歩いて送迎をしているが、雨の日は車を使うこともあるという声も聞かれました。

送迎バス

6歳児のパパ
我が家では、保育園の送迎バスを利用しています。送迎バスを利用してから、乗り物が大好きな息子は朝の身支度をサッと済ませるようになったので助かりました。
保育園の送迎バスを利用している家庭がありました。送迎バスを利用し、同じ園のお友だちといっしょに楽しく登園しているというママの声もありました。

2歳児のママ
私は車通勤をしているので、保育園へも車で送迎をしています。お昼寝用のお布団や制作物を持ち帰る日も、車なら荷物をたくさん乗せやすいと感じました。
車で保育園の送迎を行なっている家庭もありました。車での送迎は雨の日も濡れにくく、大きな荷物がある場合にも便利かもしれませんね。

自転車

3歳児のママ
普段はチャイルドシートをつけて自転車で送迎をしています。雨の日は、自転車専用のレインカバーをつけると子どもが濡れにくいので助かりました。
子乗せ自転車を活用して送迎をするとき、雨の日に備えて自転車専用のレインカバーを用意しておくとよいかもしれません。電動アシストタイプの自転車なら、子どもや荷物を乗せても漕ぎやすいというママの声もありました。

朝の送迎をスムーズにするための工夫

朝食の準備や身支度など、朝は忙しいと感じるママやパパもいるかもしれません。朝の送迎をスムーズにするための工夫について、ママやパパたちに聞いてみました。

前日に準備を済ませておく

2歳・4歳児のママ
我が家では、前日に持ち物などの準備を済ませておくよう心がけています。子どもの荷物の準備だけではなく私や夫の荷物も準備しておくと、翌朝慌てずに保育園へ送りやすいと感じました。
前日に荷物の準備をしておくことで、時間にゆとりをもって自宅を出発しやすそうですね。パパのなかからは、子どもといっしょに翌日の服装を準備してから寝ることを習慣にしているという声も聞かれました。

朝の時間にゆとりをもつ

家族で朝食をとる様子
ucchie79/Shutterstock.com
2歳児のパパ
うちの子は、朝に自宅を出発するときに「もっとおうちで遊びたかった」と言うときがありました。早寝早起きを意識し、朝に自宅で遊ぶ時間を作ると、保育園へ行くために自宅を出発するときも自分から準備をしてくれます。
朝の時間にゆとりをもつことで、子どもも出発時間までに気持ちの準備をしやすいこともあるかもしれません。他にも、朝に家族でコミュニケーションをとる時間を作り、楽しい時間と準備を始める時間のメリハリをつけているというママの声もありました。

保育園への送迎時に意識したこと

ママやパパたちに、保育園への送迎を行うとき、どのようなことを意識したのかを聞いてみました。

4歳児のママ
同じ保育園の家族と会ったときは、笑顔で挨拶をしています。挨拶だけでもひとつのコミュニケーションになり、保護者会で同じ役員になったときも話しやすいと感じました。
2歳児のパパ
自転車で送迎していますが、自転車置き場にきちんと駐車することが大切だと思います。

枠からはみ出したり斜めに置いたりしていると、自転車置き場の前を通る子どもたちが気になってしまうのではないかと感じました。
保護者同士の挨拶や自転車置き場のマナーを意識している方がいるようです。他にも、子どもの体調について気になることがあったときは、送迎時に先生に一言伝えているというパパの声もありました。

保育園の送迎事情は家庭によってそれぞれ

送迎前後の笑顔の家族
milatas/Shutterstock.com

保育園への送迎手段は、送迎バスや車、自転車や歩きなど家庭によってそれぞれ違うようです。まだ歩かない月齢の赤ちゃんの場合、ベビーカーを使っているというママもいました。

自転車や歩きの場合、雨の日に備えて専用のレイングッズなどを用意しているパパもいるようです。送迎時間中に会った保護者の方に挨拶を行うなどして、保育園への送迎が親子にとって楽しい時間になるとよいですね。

2020年02月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧