子どもがいる家族の夜ご飯事情。食べる時間や繰り返し作るメニュー

子どもがいる家族の夜ご飯事情。食べる時間や繰り返し作るメニュー

外食事情はどのぐらい?

他の家族の夜ご飯事情について、知りたいと思ったことのあるママやパパもいるかしれません。この記事では家族で夜ご飯を食べる時間帯やよく作るメニュー、みんなのおうちの外食事情についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

家族の夜ご飯について

女の子が家族と食事をとっているところ
sirtravelalot/Shutterstock.com

他のおうちの夜ご飯はどうしているのか、気になったことがある方もいるのではないでしょうか。子どものいる家族は何時頃に夜ご飯を食べているのか、どのようなものをよく作っているのか、外食事情はどうなのか知りたい方もいるかもしれません。さまざまな家庭の夜ご飯事情についてママやパパの体験談をご紹介します。

家族で夜ご飯を食べる時間帯

家族に子どものいる家庭では、何時頃に夜ご飯を食べているのでしょうか。ママたちの声を聞いてみました。

18時~19時頃

30代ママ
夜ご飯はいつも18時半頃に食べています。パパの帰りを待っていっしょに食べたいのですが、子どもたちを20時には寝かせたいので、普段は私と子どもたちで先に食べています。
20代ママ
夜ご飯を手早く準備して18時頃には食べ始められるようにしています。夕飯作りは忙しいですが、食後がゆったりすごせるので、私にはあっているようです。
子どもの生活ペースにあわせて、18時から19時頃に夜ご飯を食べているというママがいました。仕事で帰りが遅くなるパパの分は取り分けておき、ママと子どもたちで先に食べるという家庭もあるようです。

20時すぎ

20代ママ
家族みんなで揃って夜ご飯を食べたいので、パパの帰宅時間にあわせて、20時過ぎに食べることが多いです。
パパの帰宅を待って20時過ぎに夜ご飯を食べるというママがいました。ほかにも年の差兄弟のいる家庭では、上の子の塾や習い事の帰りを待って夜ご飯が20時過ぎになる家庭もあるようです。赤ちゃんの離乳食や子どもの夜ご飯は早い時間に、パパとママは後で食べるようにしているという声もありました。

【担当者別】繰り返し作る夜ご飯メニュー

ママやパパたちは夜ご飯にどのようなものを作っているのでしょうか。家族の夜ご飯に繰り返し作っているメニューについて、準備している担当者別で聞いてみました。

ママ

40代ママ
週末によく作るメニューは、冷蔵庫にあるものを使ったお好み焼きです。ちくわやキャベツ、ベーコンや乾燥小エビの他にも、残ったご飯を入れることもあり、入れる具材によって味が変わるのもおもしろいです。食卓にホットプレートを置き、子どもと楽しみながら休日前の夜ご飯をゆっくり食べます。
30代ママ
最近人気の我が家の夜ご飯はタコスです。レタスやトマトなどの野菜は切るだけ、炒めたひき肉とチーズなどの具材をそれぞれ大皿に乗せてテーブルに出すだけで完成です。自分で好きな具を乗せられるので、子どもたちも大喜びです。ソースで辛味を調節できるようにすると、大人も楽しめますよ。
タコスやお好み焼きが家族の人気メニューになっているというママの声がありました。盛りつけや調理などを家族みんなですると、夜ご飯がより楽しく感じられるかもしれませんね。

パパ

料理をしている男性の手元
YanLev/Shutterstock.com
30代パパ
家族みんなが休日の日に、餃子を作ります。皮から手作りするので、子どもたちといっしょに小麦粉をこねたり、丸く型どりをしたりして作る過程も楽しんでいます。
40代パパ
僕の得意料理はオムライスです。見た目にもこだわり、5月にはこいのぼりをイメージしたオムライスを作ったところ、子どもたちが喜んでくれました。毎回「今日はどんなオムライスかな」と家族みんなで楽しみしてくれるので、作り甲斐があります。
パパが夜ご飯を担当するときは、餃子やオムライスなどを作っている家庭があるようです。他にもカレーの作り方や材料にこだわりを持っているパパからは、家族の中ではカレーはパパの料理だと思われているようだという声も聞かれました。

おばあちゃん

40代ママ
家族みんな、おばあちゃんの作ってくれる季節の料理が大好きです。春のたけのこご飯やフキの煮物、ウドの酢味噌和えなど、地域で採れたものを手間をかけて作ってくれます。
30代ママ
実家に帰ると、母が夜ご飯におやきを用意してくれます。切り干し大根やナス、かぼちゃやキャベツのみそ炒めなど具材も豊富で、家族みんなが大好きな味です。帰省の前には子どもが「おばあちゃんのおやきが食べたい」と毎回おねだりしています。
おばあちゃんの作った季節の料理や、地域の料理を楽しみにしており、よく作ってもらうという声がありました。おばあちゃんの味を受け継ぎたいと思い、台所にいっしょに立つようにしているママもいるようです。

みんなのおうちの外食事情

夜ご飯に家族みんなで外食を利用することもあるかもしれません。外食事情についてママたちに聞いてみました。

外食に行く頻度

40代ママ
私が仕事で遅くなってしまった日や、疲れてしまったときなど月に数回、外食を利用しています。家族で外食の時間を楽しむことで、また明日もがんばろうという気持ちになれます。
20代ママ
毎月決まった日を外食の日と決めています。普段夜ご飯を準備している私も日常にメリハリがつくので、気に入っています。
月に数回、家族で外食をしているという家庭や、外食の日を決めているという声がありました。他にも家族でお出かけしたときは外食をする家庭もあるようです。外食に行く頻度は家庭によりさまざまのようですが、外食には家族みんなでいつもと違う特別感を味わえる楽しみがあるのかもしれませんね。

子どもといっしょによく行くお店

30代パパ
注文から食事の提供までに時間がかかると子どもが待ちきれないので、回転寿司や食べ放題のお店によく行きます。待ち時間も短く、自分が食べたいものを選べるので、子どもたちも楽しそうです。
30代ママ
子どもが赤ちゃんの頃は、個室や座敷があるお店で外食をすることが多かったです。個室になっていれば、途中で授乳が必要になった場合も対応することができ、家族でのプライベートな食事の時間を楽しめると思いました。
子どもといっしょに家族で外食するときは、待ち時間が少ないお店や個室があるお店を利用したというママがいました。他にも子ども用の食器や椅子が用意されているファミリーレストランや、家族それぞれが好みのものを注文できるようにメニューが豊富なお店を選んでいるという方もいるようです。家族の年齢や好みにあわせて毎回違うお店を選ぶのも楽しそうですね。

家族で食べる夜ご飯を楽しもう

パパママと二人の娘が食事を楽しんでいる風景
lightwavemedia/Shutterstock.com
家族で食べる夜ご飯は、家族構成や子どもの年齢などによってさまざまなことがわかりました。調理を担当する人によって個性や特徴もあり、それぞれの人気メニューがあるようです。ときには外食を家族で楽しむことも、気分転換になるかもしれません。家族で食べる夜ご飯の時間が楽しいものになるとよいですね。

2020年01月09日

専門家のコメント
25
    なごみ先生 保育士
    みんなが大好きな夜ご飯のメニューの唐揚げは休みの日か休みの前日の定番メニューになってます^_^作るのも簡単だし、お酒と一緒に食べるのも最高で、みんな笑顔になれる幸せの一品です☆
    あゆみ先生 保育士
    子どもが小さいうちは、やはり早めの時間に済ませる事が多いですよね。休日前や休日には、普段帰りの遅いパパも一緒に食べられるといいなと思います。
    ゆっくり時間が取れる日には、みんなでホットプレートを囲んだり、外食なども取り入れて、家族団欒の時間を楽しむのも素敵ですね♪
    すみっこ先生 保育士
    パパがお休みの日は、お鍋.餃子.お好み焼き等 作りなが食べられるメニューが多いです。みんなでワイワイ食べられるので子どもたちも嬉しそうです。いつもの夕飯の時間よりも長くなりますが、パパがお休みの日の楽しみです👏✨ パパが仕事の日は、娘たちと私で18時頃には食べ始めます。時々先にお風呂に入ってから、19時から食べ始めることもあります♪
    ぽんた先生 保育士
    最近は、親子丼を作るとたくさん、食べてくれます。子どもたちが小学生になったころから、白米はおひつに入れてテーブルの真ん中において、子どもも自分でよそるようにしています。野菜とか、必ず食べてほしい物は、あらかじめ私が取り分けておきますが、それ以外のおかわり分などは自分たちでとっています。親子丼の具も、深めのフライパンで作って、フライパンごとテーブルにどん!はじめは、下の子はよそりすぎたりして残してーということも何度もありましたが、いまは適量をうまくよそっています。仕事と子どもの迎えから帰宅して、おふろも済ませると7時近いこともあり、平日は手早く作って食べられるものです(^^)v
    でぶいも先生 保育士
    晩ごはん何にしようかな〜と考える時間がいつも億劫だしもったいなかったので、主人に1週間のメニューを決めてもらって休みの日に一気に買い物も済ませるようにしました。メニューが決まっていると、下ごしらえも空いた時間にやっておくこともできてすごく楽になりました。
    YSK
    @でぶいも先生さん
    メニューを決めてもらう、斬新ですね! 確かに考えだすといつもキリがなくて旦那の一声で決まることは多々ありますね。
    しょうこ先生 保育士
    平日の夜は、フライパンに数種の野菜とタンパク質(鮭やウインナー、鶏肉)を山盛りにして蒸し焼きにする事が多いです。
    それにドレッシング等自分で好きな味付けにして、子供達はお料理気分でやってます。
    休日は、その季節に美味しいものを選んで食べるようにしています。
    いちご先生 保育士
    唐揚げやエビフライなど、揚げ物メニューは主人も子どもたちも大好きで、簡単にできるメニューなので週1で作ります。週末は家族揃ってご飯を食べることができるので、野菜や海鮮、お肉も入れて具材たっぷりで鍋をします。片付けも準備も楽ちんで、栄養も摂れて一石二鳥です◎
    りお先生 保育士
    晩ご飯は、毎日夕方5時です。
    休みの日も平日も変わらずに。
    なので、平日は夫は1人で帰宅後に食べています。
    お風呂は夕方6時。休みの日も平日も。
    4歳の娘は7時に寝ています。
    8歳の兄と昼寝をした2歳の娘は8時就寝です。

    毎日、夕方はバタバタ忙しいですよね💦
    しまこ先生 保育士
    幼稚園の時から子供がホットプレートで焼きそばを作るのが大好きです。作ると言っても混ぜるだけなので簡単ですが、本人は料理したという満足感があるようです。
    たゆ先生 保育士
    休日は、家族みんなで夜ご飯を一緒に食べます。

    子供達が喜ぶのは、唐揚げやヒレカツなどの揚げ物、目の前のホットプレートで作るお好み焼き、あとは、しゃぶしゃぶです。

    お好み焼きやしゃぶしゃぶは、子供達も具材を入れたり出来るのことが楽しいみたいです。
    いちぽ先生 保育士
    平日は旦那さんが7時くらいなので、先に子どもにご飯をたべさせます。
    だいたい6時くらいです。
    休みの日は旦那さんも一緒に5時半過ぎくらいから食べたりもします。
    外食は子どもが食べられるめにゅーのあるところやめにゅーのあるところや、座るところがあるとこなど子どもに優しいところを探して行っています。
    めるちゃん先生 保育士
    ハンバーグはとても喜んで食べてくれるので、よく作ります。多めに作った時は冷凍ストックしてます。夕飯前にお風呂に入ることが多く、18時頃から夕飯をスタートできるよう準備します。
    せおみ先生 保育士
    1週間の中で、だいたい肉、魚、丼、麺のバランスで、メニューを決めます。
    あとは、習い事がある日は煮込み料理など事前に作っておけるものやすぐ食べられるものを準備しておきます。夏は枝豆やとうもろこしを茹でて置いてそれを食べている間に夕食の準備してができるので助かります。
    夫が一緒に食べる日は、鍋やおつまみ系、ホットプレート料理が多いです。
    時間は、お腹が空いておやつを食べすぎてしまう前の5時頃には食べます。
    ことり先生 保育士
    保育園のご家庭の話を聞くと
    夜ご飯の時間をみんなで揃えていたのでその分寝る時間も遅くなってしまいました…なんて話もよくあります。
    夜ご飯の時間を早めたら、寝る時間が早くなった家庭が多いようです。

    夜ご飯のメニューは、たくさん工夫されてるお話が聞けて
    眼から鱗でした!
    参考にしたいです!!
    める先生 保育士
    毎日忙しいと思いますが、子どもたちにとってみんなで食卓を囲む時間はすごく大切です!忙しい日は鍋はいかがでしょうか^^大きな鍋をみんなでつつく時間とても幸せですね♡子どもたちも、昨日鍋したの!お野菜食べられたよ!と、嬉しそうに教えてくれることが何度もあり、子どもたちも楽しいんだな〜と実感します^^
    ゆか先生 保育士
    保育園での子どもたちの好きなメニューは
    1位!カレーライス
    2位!にんじんしりしり
    3位!唐揚げ
    4位!うどん
    ですねー(^^)

    よく、我が家でも作ったりします。

    休みの日は、餃子の皮をピザに見立てて、好きなトッピングを各々に乗っけて焼くミニピザは大好評です!
    すー先生 保育士
    夜ご飯は17時半から18時には食べ始めます。主人は24時間勤務なので、パパが帰ってくるまで待つ。という感覚はうちにはないので毎日早めに済ませてます。
    はなばたけ先生 保育士
    お仕事がお忙しい保護者の方が沢山いるなか、様々な案がありとても参考になりますね。保育園の給食で栄養をとる、というご家庭もあるようですので、おうちでの事情やレシピは参考になる方が多いかと思います。
    ぬーぴー先生 保育士
    家ではみんなで食べる食事といえば、手巻き寿司です!小さい頃は酢飯を扇ぐ係、少し大きくなったら具材を切る係など、子供の年齢に合わせてお手伝いを変えていけるのもいいですよ。食べるときには好きなものを巻いて、自分で料理をしている気分が味わえます。家族団らんの夕食だったなーと懐かしく思います。
    ちぃ先生 保育士
    夜ご飯は18時〜18時半くらいから食べ始めています。主人の職場が近いので夕飯を食べに帰ってきてみんなで食べることもあります。
    子どもの好きな唐揚げ、カレー、ピザはよく作ります。ホットプレートとでみんなでピザ生地を広げ、トッピングするのがとても楽しいようで子どもも大喜びです。

    外食する際は早め早めに行動して混雑時を避けるようにしています。
    ゆきな先生 保育士
    お好み焼きや豚汁は鉄板です!!
    忙しい時はお好み焼きの具に食べて欲しい野菜をみじん切りにして入れるだけでもりもり食べてくれます!一口パンケーキサイズで手掴み食べの子も食べやすいですよ!
    豚汁は具もたくさんで朝ごはんにも持ってこいです!!余った野菜を沢山入れてます!
    せんせい 保育士
    子どもの年齢が低ければ食べる時間もそれだけ早くなりますよね☺︎少しずつ年齢を重ねるにつれ、食事の時間はゆったりになり、家族で食べられる時も増えていきました🤩
    のの先生 保育士
    仕事終わりの夜ご飯の場合、さっと出来るものや電気圧力鍋で放置するだけで出来るもの、もしくはお惣菜で済ませる時もあります。なるべく作る時間よりも食べる時間を大切にしたいので。
    すず先生 保育士
    うちの人気メニューは、野菜の豚肉巻きです。アスパラ、長ネギ、もやしなど、そのままでは食べてくれない野菜も豚肉で巻くだけで一瞬でなくなります。噛みきることが難しい年齢の時は、包丁で小さくカットしておけば飲み込みやすいです。味付けは塩コショウだけや生姜醤油など、いろいろ変えられて楽しいです。
    とーち先生 保育士
    我が家の定番メニューは皆大好き唐揚げかカレーです。

    カレーはおつまみにもなるし、子どもも喜ぶメニューの1つ。ただ人気過ぎて、あっという間になくなってしまいます。。(笑)

    カレーも人気メニューでよく作ります。

    簡単で栄養もとれて、よく食べてくれるので、トマトカレー、キーマカレー、チキンカレー等、種類を変えて献立に取り入れることが多いです。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧