フルタイムで働く共働き夫婦のスケジュールと家事分担について

フルタイムで働く共働き夫婦のスケジュールと家事分担について

保育園や幼稚園の送り迎え事情など

フルタイムで働く共働き夫婦はどのようなスケジュールで過ごしているのでしょうか。共働き夫婦がフルタイムで働くからこそのよさや、困ることを知りたいパパやママもいるかもしれません。家事や育児の分担の仕方、幼稚園・保育園の送り迎えの工夫など、ママやパパの体験談をもとにご紹介します。

フルタイムで働く共働き夫婦の1日のスケジュール

フルタイムで働く共働き夫婦はそれぞれどのような1日をすごしているのでしょうか。平日のスケジュールを聞いてみました。

ママ

共働き フルタイム

パパ

共働き フルタイム

夫婦それぞれで夕飯の準備や買い物など分担しているようです。

お互いに仕事をしている分、限られた時間の中でやるべきことをいかに協力できるかがポイントになるかもしれません。

保育園や幼稚園の送り迎えはどうしてる?

子どもを保育園や幼稚園に送り迎えする場合は、どちらが担当しているのでしょうか。フルタイムで働く夫婦ならではの分担方法を聞いてみました。

30代ママ
夫の会社が園と近いので見送りは夫です。迎えは夫よりも退勤時間が早い私が担当しています。
30代ママ
見送りは出勤時間が遅い私が担当しています。お迎えはお互いの残業時間によって曜日で分けています。

お互いの勤務地や退勤時間を考慮して送り迎えの担当を分けているようです。

その他、突然の残業の際はどのように対処するかも決めておくとよいかもしれません。

家事や育児分担をする際の工夫

アイロンと洗濯機
iStock.com/Kerkez

仕事と家事や育児の両立は、共働き夫婦にとって課題のひとつなのではないでしょうか。どのような工夫をしているのか聞いてみました。

ルールを作らず、できるほうがやる

20代ママ
自分の手が空いているときは家事をするようにしています。お互い働いているので、忙しかったり疲れていたりして家事や育児をできないことがありますが、相手を責めないことで、お互いに感じる負担が少なくなるようにしています。
30代ママ
お互い家事を無理強いしないようにしています。ただ、2人で家事をやった方が全体の効率がいいという共通認識は持つようにして、お互いが自主的に動くようにしています。
30代ママ
家事や育児はできる方ができる時にやっていますが、子どもが「絵本の読み聞かせはママがいい」と言ったり、「公園で遊ぶのはパパがいい」と言ったりするので、子どもの様子やリクエストに合わせて役割を柔軟に変えています。

育児・家事の分担を明確にわけないことで、お互い余裕を持つことができるというママたちの意見がありました。

お互いフルタイムで働いている分、できるときにできるほうがやった方がよいという共通認識を持ちやすいのかもしれません。

こまめに連絡を取り合う

スマホとタブレット
iStock.com/ahmetemre
30代ママ
スケジュールや買い物リストはスマホアプリで共有しています。その他もこまめにメッセージをやりとりし情報共有しています。
30代ママ
アプリで細かく情報を共有して、なにかあったときにどちらでも対応できるようにしています。

日中お互いにフルタイムで仕事をしている分、随時こまめに情報共有をしている夫婦もいました。

子どもの状況なども細かく共有することで、お互いの状況を把握できると、夫婦でサポートもしやすくなりますよね。

感謝を忘れない

30代パパ
お互いやってくれるのを当たり前と思わないようにしてます。そうすることで自然と助け合いになってます。
30代ママ
やってくれて助かったことは素直にありがとうと伝えています。

フルタイムの共働き夫婦はお互いに働いているからこそ、家事や育児の大変さを共有できるのではないでしょうか。

日頃から感謝の意識をもつことで、自然とお互いが家事や育児を協力するようになるのかもしれません。

共働き夫婦がフルタイムで働くメリット・デメリット

夫婦で日中フルタイムで仕事をすることで、よかったこと、困ったことについても聞いてみました。

メリット

30代ママ
無駄にけんかをすることがなくなりました。お互いにフルタイムで働いている分、大変さがわかるので、相手が忙しそうと思えばできることを率先してやっています。
20代ママ
子どもとすごす時間をどうにか捻出しようと努力しているので、自然とお互いができることをするようになり、夫婦の絆がより深まった気がします。
30代ママ
働いている時間がほぼ平等なことで不平不満がなくなります。忙しいからこそ、お互い協力しようという意識が強くなった気がします。

夫婦がフルタイムで働いている分、お互いが協力してすごすようになるようです。お互いに仕事と家庭を両立させる大変さを知っているからこそ、自然に支え合うようになるのかもしれませんね。

デメリット

30代ママ
いつも常に時間がなくて、急いでしまいます。子どもにも「早くして」と言うことが増え、子どもからも「ママ早くして」と言われる度に余裕のなさを反省します。
30代ママ
朝の準備や寝る前の身支度はドタバタで、子どもを急かしてしまうことが多いです。

夫婦がフルタイムで働いている分、時間に余裕がなくて困っているという意見がありました。

つい子どもを急かしてしまった時は、フォローすることを忘れずにしているというママもいました。

フルタイムの共働き夫婦だからこそ協力し合えることも

赤ちゃんを見る夫婦
iStock.com/itakayuki

共働き夫婦でフルタイム勤務をしていると、平日は特に家事や育児の時間が限られるのではないでしょうか。

保育園や幼稚園の送り迎えは勤務地や勤務時間によって分担したり、家事はできるほうがやるなど、工夫することで協力し合えるでしょう。

お互いにフルタイムで働くと、子どもとの時間が取れなかったり、時間がなくて日々忙しく感じるかもしれません。

ですが、時間がないからこそ夫婦で協力し合え、絆が深まることもあるようです。

2019年06月27日


3

    YSK
    できるときにお互いがやる、としてますがなかなか難しいこともあります。ホウレンソウがとても大切。

    よっしー【シッター】
    お子様に関しては、保育園のお便り帳を必ずお互い毎日読むことで、特別な新しい工夫をしなくても、共通理解になると思います。 成長だけでなく、生活のことも書かれているので、お父様の子育てに対する具体的な❓も出てきて、子育てへの意識が高まることが期待できそうですが、実際はいかがでしょう。 必ずお母様が書かなきゃいけない!という縛りも無くなったら、お母様の精神的負担も軽くなり、共働き子育て生活も助け合っている実感がもてそうですよね。

    あゆみ先生
    最近は、アプリで共有している方が多いようですね。お子さまが小さいうち(乳幼児の頃)は母親が付きっきりになりがちですが、アプリで共有していると『自分が寝ている間にパパがオムツ替えてくれたんだ!』とか留守にしていても『パパ、ミルクちゃんと飲ませられたんだ』と一緒に居られなくても安心できますね。お子さんが4歳以上になってくると遊びの範囲も広がるので、ママとの遊び、パパとの遊びを子どもに選んでもらって、それぞれの時間を過ごすのもいいですね。 どうしても『女は家庭』『男は仕事』という概念がなかなかなくならない日本ではありますが、近頃はシッターを頼む方が多くなってきたなぁ。と感じています。もちろん、共働きで送迎などの利用をされる方がほとんどですが、中には『旦那が出張中だけど、友達とミュージカルを観に行きたい!』『夫婦の記念日に子どもを連れていけないレストランを予約したい』『資格を取る為に学校に通いたいから授業時間の間だけ…』など、理由は様々。女性も男性と同じ様に、働いて仕事関係の飲み会や、お友達とプライベートの時間を楽しむことができる世の中になりつつありますね。もちろん、まずは『夫婦』と『親子』そして『家族』で支え合って、それでも頼れるのであれば人の力を借りることも大切だと思います。 お子さんの月齢や年齢によって、臨機応変に分担分野を変え、ママもパパも思いやりながら日々の生活を楽しんでいってほしいです。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧