生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩。頻度や時間帯、夏や冬など季節ごとの持ち物など

生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩。頻度や時間帯、夏や冬など季節ごとの持ち物など

生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩したいと考えているママもいるのではないでしょうか。春夏秋冬の季節で散歩の時間帯を変えた方がよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩をするきっかけや散歩の頻度と時間帯、散歩にあるとよいものや気をつけたいことを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩するきっかけ

赤ちゃんが生後2ヶ月頃になると、起きている時間が徐々に長くなってきて、そろそろ散歩を始めようかと考えるママもいるかもしれません。生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩するきっかけについてママたちに聞いてみました。

「生後2ヶ月くらいから生活リズムを整えることに慣れていこうと考えて、外で散歩をするようにしました。始めのうちは家の周りを1周するなどして、少しずつ慣らしていきました」(30代ママ)

「産後は家の中にほぼずっといましたが、私の体調が元に戻ってきたので自分のリフレッシュも兼ねて生後2ヶ月の赤ちゃんといっしょに散歩に行きました」(20代ママ)

「産後の買い物はネットスーパーを利用していましたが、赤ちゃんが生後2ヶ月に入った頃から近所のスーパーに、散歩も兼ねて赤ちゃんと行っていました」(30代ママ)

生後2ヶ月頃の赤ちゃんと散歩へ行こうと考えるきっかけはさまざまなようですが、授乳や睡眠の間隔が新生児の頃より広がってきて、散歩に行くようになったというママもいるようです。生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩に行く場合は、静かな場所や、空気の淀んでいそうなところは歩くのを避けたというママの声もありました。

生後2ヶ月の散歩の頻度と時間

生後2ヶ月の赤ちゃんとの散歩
iStock.com/HearttoHeart0225

生後2ヶ月の散歩の頻度と時間はどれくらいだったのか、ママたちに聞いてみました。

頻度

「散歩の頻度は週2回程でした。冬の時期で天候の悪い日が続くと、散歩しない期間が5、6日空くこともありました。天候のよい日は近所の周りを1周したり、近くの公園をぐるっとまわってみたりしました」(30代ママ)

「生後2ヶ月頃は冬の寒い時期だったので、散歩の頻度は行ける日のみでしたが、生活リズムの中に取り入れたいと考え、2日に1回のペースで散歩しました」(40代ママ)

散歩の頻度はママによってさまざまなようです。頻度のペースが一定だと、赤ちゃんとママの生活リズムが整いやすくなるかもしれませんが、冬の時期など天候の悪い日は無理をせず赤ちゃんの様子をみながら散歩できるとよいようです。

時間

「散歩する時間は5分程度から始め、徐々に長くしていきました。近所の周りなど、散歩の途中で赤ちゃんが泣いてもすぐ家に戻れるような散歩コースにしていました」(30代ママ)

「機嫌のよいときが多い午前中に、30分くらい散歩をしていました。近所の方とお話しすると私もリフレッシュでき、赤ちゃんも機嫌よくバタバタ足を動かしていました」(30代ママ)

生後2ヶ月の頃は、散歩の時間を短めにしていたママもいるようです。赤ちゃんのその日の体調や機嫌によって、散歩の時間を変えてもよいかもしれません。散歩中も赤ちゃんの様子をこまめに確認したというママの声もありました。

生後2ヶ月の散歩にあるとよいもの

散歩に行く場所や散歩する時間によっては、赤ちゃんの基本的なお世話グッズは必要になるようですが、ここでは散歩にあると便利なものを春夏秋冬別でママたちに聞いてみました。

春や秋

生後2ヶ月の赤ちゃんとの散歩
iStock.com/everydayplus

「春先や秋は家から出たときは平気でも、歩いている最中に気温が下がって寒く感じることがあったので、散歩するときは薄手のブランケットを持参するようにしました」(30代ママ)

散歩中に風が冷たくなってきたら、赤ちゃんの体を冷えから守れるように、ブランケットなどを用意しておくとよいかもしれません。花粉の季節は花粉を寄せ付けないために、マルチレインカバーをかけていたというママの声もありました。

「夏の暑い時期の散歩のときは、少し歩くだけで赤ちゃんの背中がすぐ暑くなるので、背中とベビーカーの間に、保冷シートを敷いていました。ときどき冷たくなりすぎていないか確認しました」(20代ママ)

夏は紫外線が強いので抱っこ紐で散歩するときは、UVケープを赤ちゃんにかけていたというママの声もありました。夏の散歩は、暑さで赤ちゃんの熱がこもらないようにしたり、紫外線から赤ちゃんの肌を守る対策をしたりするとよいようです。

「冬の散歩には、ママコートというものを着ています。ママコートは、抱っこ紐ケープと母親が着るアウターが一体化したもので、ケープが一体化してることで、動きやすく見た目がスッキリするので重宝しています」(30代ママ)

ベビーカーで散歩するときは赤ちゃんの背中が寒くないように、クッション製のベビーカーシートをのせていたというママの声もありました。フットマフという寝袋のようなもので赤ちゃんを足元からすっぽり覆えるタイプの防寒用具もあるようなので、赤ちゃんやママにあった防寒用具を探してみるとよいかもしれません。

散歩するときに気をつけたいこと

赤ちゃんもママもまだ散歩に慣れていなくて緊張することもあるかもしれません。生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩するとき、どのようなことに気をつけていたかママたちに聞いてみました。

季節にあわせた時間帯に散歩

「生後2ヶ月のときは冬の時期だったので、お昼の暖かい時間帯に散歩していました」(30代ママ)

他にも生後2ヶ月のときは8月真っ盛りだったので、散歩は午前中の涼しい時間帯にしていたというママの声もありました。暑すぎたり寒すぎたりする時間帯は赤ちゃんにとっても負担になるかもしれないので、時期にあわせてちょうどよい気温の時間帯に散歩するとよいようです。

人混みを避ける

「散歩に行く場所は人混みを避けるようにしていました。人が少ない場所や空気が澄んでる緑の多い公園に行って、ゆっくり散歩していました」(20代ママ)

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんのことを考え、なるべく人混みや空気の淀んでいるところは避けているというママがいました。買い物も兼ねて散歩に行くときは、お店が混んでいなさそうな時間を狙って散歩に行ったというママの声もありました。

無理をしない

「散歩していると私もリフレッシュできるので、つい遠回りしてまいそうになりますが、赤ちゃんに負担をかけないよう無理をしないようにしました」(30代ママ)

散歩に行こうと考えている日は赤ちゃんの機嫌や体調など、様子を見ながら、無理しない程度に散歩ができるとよいかもしれません。散歩に行くとき赤ちゃんが泣いてぐずったら、散歩に行く時間をずらしたり、その日は無理せず散歩に行かなかったというママの声もありました。

生後2ヶ月の赤ちゃんと散歩を楽しもう

生後2ヶ月の赤ちゃんとの散歩
iStock.com/Masao

生後2ヶ月になると生活リズムを整えたいためや、ママのリフレッシュのため散歩をするようになったというママの声がありました。天候や赤ちゃんの様子を見て散歩の頻度や時間を徐々に多くしていったというママもいるようです。

春夏秋冬別に散歩グッズを使ってみたり、散歩の時間帯を変えてみてはいかがでしょうか。散歩中は赤ちゃんの様子をこまめに確認しながら、楽しく散歩ができるとよいですね。

2018年09月01日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事