子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

共働き家庭は洗濯をいつする?部屋干しの工夫と洗濯機の機能を使った時短のコツ

共働き家庭は洗濯をいつする?部屋干しの工夫と洗濯機の機能を使った時短のコツ

共働きをしているママやパパは、毎日の洗濯をいつやればよいのか、朝や夜のどちらが効率的なのか考えることもあるかもしれません。今回の記事では、共働きの家庭は洗濯をいつしているのか、部屋干しをするときの工夫と洗濯機の機能を使った時短のコツを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

共働き家庭の洗濯事情

共働きの家庭では、忙しさから洗濯にかかる時間をもっと短縮したいと思うこともあるのではないでしょうか。効率的に洗濯をする方法を知りたいと考えるママやパパもいるかもしれません。実際に、共働きをしているママたちに洗濯をするときの悩みを聞いてみました。

「洗濯をする時間に悩むことがあります。朝は身支度や食事の準備で忙しいので夜やろうとすると、子どもといっしょに寝てしまうこともあり、洗濯をするのはいつがよいのかわかりません」(30代ママ)

「共働きをしていると、洗濯物を取り込む時間が夜になってしまったり突然の雨に対応できなかったりするので部屋干しをすることが多いです。どうしたら部屋干しでも洗濯物がよく乾くのか知りたいです」(30代ママ)

「洗った洗濯物を干し、取り込んでからしまうまでに時間がかかるのが悩みです。もっと時間をかけずに洗濯をする方法を知りたいです」(30代ママ)

共働きのママたちは、洗濯をする時間帯や干す場所、洗濯に時間がかかることなどで悩むことがあるようです。共働きをしていると、毎日の洗濯に時間をかけずに済ませたいと考えるママもいるのかもしれませんね。

共働きの家庭が洗濯するのはいつ?

共働きのママやパパは、洗濯をいつするのがよいのか悩むこともあるようです。実際に、洗濯をいつしているのか、ママたちに聞いてみました。

iStock.com/elenaleonova

「集合住宅に住んでいるので、夜は洗濯機の音が気になると思い、朝起きてすぐに洗濯をしています。パパが仕事に行く前は子どもを見ていてくれるので、その時間に干しています」(30代ママ)

洗濯機や干すときの音を気にせずに済むと考えて、朝に洗濯をしているママもいるようです。共働きでも洗濯機のタイマーを使ったり、パパに子どものお世話をしてもらっているあいだに済ませたりと、さまざまな工夫をすることで忙しい朝でも洗濯がしやすくなるかもしれませんね。

iStock.com/28MEW28

「朝は自分の支度と子どもの登園の準備で時間がないので、夜、家族がお風呂に入り終わってから洗濯をしています。夜は時間を気にせずに洗濯ができます」(30代ママ)

洗濯を夜にしているママは、時間にゆとりを持って洗濯をできることがメリットと考えているようです。集合住宅に住んでいる場合、夜でも洗濯機の音が周りの迷惑にならないように、なるべく早めの時間に終わるよう気をつけたというママの声もありました。

部屋干しをするときの工夫

共働きの家庭では、突然雨が降ることも考えて洗濯物を部屋干しすることがあるかもしれません。ママたちは、部屋干しをするときにどのような工夫をしているのか聞いてみました。

洗濯物の間隔をあけて干す

「洗濯物同士の間隔をなるべくあけて干し、早く乾くようにしています。部屋干しでは干すスペースが少ないので、可動式のハンガーラックを使うと洗濯物をしまう時間も短くできました」(30代ママ)

洗濯物同士の間隔をあけると、部屋干しでも洗濯物が早く乾きやすいようです。干すスペースを広くしたいときは、部屋干し用の突っ張り棒を使ってスペースを広くする工夫をしたというママの声もありました。

扇風機で風をあてる

iStock.com/kickimages

「扇風機を回して、洗濯物が風に当たるようにして干しています。デニムなど厚手の生地のものは、風が通るように洗濯バサミを使って筒状にしてから干すと早く乾きます」(30代ママ)

部屋干しをするときは、扇風機を使って風をあてることで洗濯物が早く乾くようです。扇風機はエアコンなどに比べると電気代もかからないようなので、毎日の部屋干しにも使いやすいかもしれません。

除湿機を使う

「夏はエアコンの除湿機能を使って部屋干しをしています。途中でエアコンが切れるようにタイマーをセットしておけば、電気代がかかりすぎることもなく、部屋もジメジメしないので便利です」(30代ママ)

「部屋に干したときは、除湿機をいっしょに使います。部屋の湿気をとることで、洗濯物の乾きもよくなりました」(40代ママ)

エアコンの除湿機能や除湿機を使うと、洗濯物が早く乾くというママもいました。部屋干しすると部屋に湿気がこもることを気にするママもいるのではないでしょうか。除湿機を使うと、部屋のなかも快適にできるかもしれませんね。

洗濯を時短するためのコツ

共働きをしていると、洗濯にかかる時間をなるべく時短したいと考えることもあるかもしれません。洗濯を時短するためには、どのような工夫をするとよいのでしょうか。

洗濯物の量を減らす

「洗濯物のかさが多いと、洗濯が終わるまでに時間がかかったり、一度に洗濯機に入りきらなかったりするので、洗濯物を減らすように心がけています。うちではバスタオルのかわりにハンドタオルを使うようにしています」(30代ママ)

洗濯にかかる時間を時短するために、洗濯物の量を減らす工夫をしているママがいました。使うタオルの大きさを統一すると、干したり畳んだりしやすく、洗濯の時短につながるかもしれませんね。

洗濯機の便利機能を活用する

「洗濯機の乾燥機能を使って、干す時間を短縮しています。乾燥機を使うとシワになりやすいものもあるので、乾きやすいものや大物だけ乾燥機を使うことが多いです」(30代ママ)

「洗濯機の乾燥機能を使うときに、洗濯物の他に乾いたバスタオルを1枚入れてから回すようにしています。バスタオルが湿気を吸い、乾燥にかかる時間が短くなります」(30代ママ)

時短のために洗濯機の便利な機能を活用するのもよいかもしれません。朝洗濯をする場合も、洗濯機のタイマー機能を設定しておくと、起きてすぐに洗濯物を干せるので便利だったというママの声もありました。

収納方法を考えて干す

「YシャツやTシャツなど、ハンガーに吊るして収納するものは、ハンガーを使って干し、乾いたらそのまま収納しています。収納を楽にできると洗濯もしやすくなりました」(40代ママ)

洗濯は、干したり畳んだりすることに時間がかかると感じるママもいるのではないでしょうか。収納方法を考えんがら洗濯物を干すとことで、洗濯にかかる時間の短縮につながりそうですね。

共働きでも負担の少ない洗濯方法を考えよう

iStock.com/Yagi-Studio

共働きをしているママやパパにとって、洗濯を朝や夜などいつすればよいか気になることもあるようです。部屋干しをするときは扇風機を使ったり、洗濯機の機能を上手に使ったりしながら時短できると、毎日の洗濯も楽になるかもしれません。共働きでも負担にならない工夫をしながら、毎日の洗濯方法が考えられるとよいですね。

2018年07月25日

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧