子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年04月18日

きれいな寝室で快適な睡眠を。寝室の掃除方法や体験談

きれいな寝室で快適な睡眠を。寝室の掃除方法や体験談

寝室は寝るとき以外に使用することは少ないかもしれませんが、布団から出るホコリなどで汚れているようです。今回は寝室の掃除方法やきれいに保つためのコツ、予防策をご紹介します。

寝室の掃除の方法、仕方

寝室には布団やベッド、タンスなどを置いているため、掃除をする際、部屋の隅々まで手が行き届かないこともあるかもしれません。ここでは寝室掃除の方法や仕方についてご紹介します。手順通りに進めることでスムーズに掃除をすることができるようです。

寝室の掃除の手順

ベッドの掃除
FotoDuets/Shutterstock.com

寝室の基本的な掃除の手順をご紹介します。

床の掃除をする

掃除機をかけてからコロコロやフロアシートで床のホコリや細かいゴミを取ります。いきなり濡れた雑巾で直接ホコリを拭くと、ホコリがこびりついたり、まだらに残ったりする場合もあるようです。乾拭きした後に雑巾で水拭きをすると、よりきれいにホコリを取ることができるようです。

細かい部分の掃除をする

マットレスの下やベッドヘッド、タンスと壁の隙間などにもホコリはたまるようです。手が届かない場所はハンディワイパーを使用してホコリを拭き取りましょう。こまめに掃除することで毎日の掃除が楽になるかもしれません。

布団を干す

布団カバー、枕カバー、シーツなどは外して洗濯をします。布団や枕は外に干すか、または布団乾燥機を使用しましょう。布団の種類によって布団乾燥機が使用できない場合もあるようなので、あらかじめ確認しておくと安心でしょう。

布団に掃除機をかける

布団を取り込んだら掃除機をかけましよう。干す前に掃除機をかけるとホコリが舞い上がることがあるようです。布団自体がホコリまみれになり、せっかく掃除した床も汚れてしまうかもしれないので気をつけましょう。

床を水拭きする

iStock.com/Milkos

乾拭き雑巾やドライシートで床のホコリやゴミを取り、再び掃除機をかけます。その後に水拭きをし、さらに乾拭きをするとより清潔感を保つことができるようです。

あると便利な寝室の掃除道具

寝室を掃除するときに便利な掃除道具をご紹介します。

ワイパー

ワイパーは手軽に使用できるハンディワイパーや、床を拭くときに便利なフローリングワイパーなど種類も豊富なようです。伸縮性があるタイプはタンスの上や天井など高い場所の掃除が楽にできるかもしれません。寝室の手の取りやすいところに置いておくことで、気づいたときにササっと掃除をすることができるようです。

ウェットシート

ウェットシートはフロアワイパーに装着するだけで簡単に拭くことができるため、床を乾拭きした後の水拭きとして使用してもいいようです。

布団専用の掃除機ノズル

布団に掃除機をかける際は、布団専用のノズルに取り替えることによりダニやカビなどを取り除くことができるようです。手間がかかる場合もありますが、掃除道具を使い分かることもきれいな寝室を保つポイントかもしれません。

寝室掃除の体験談

寝室の掃除方法やきれいに保つためのコツなど、体験談をもとにご紹介します。

可動式のベッドを使用

キャスター付きのベビーベッド
og_photo/Shutterstock.com

「寝室は他の部屋に比べてあまり汚れないと思い込んでいましたが、ベッドの隙間に大きな綿ぼこりがありました。ベッドの隙間に手が入らずなかなか掃除ができなかったので、思い切って可動式のベッドに買い替えました。

キャスター付きでさらには折りたたみ式のため、ベッドを一時的に移動させるのもスムーズです。寝室が広くなり隅々まで手が行き届くので、寝室掃除のストレスが軽減されました」

掃除道具を常備

「家族5人同じ部屋で寝ています。新築に引っ越したばかりなので、今のきれいなままを保ちたいと思っていました。寝室にハンディワイパーとウェットティッシュを常備するようにしたところ、気づいたときにすぐ掃除ができるので、比較的きれいな状態を保っているように思えます。

いつも寝る前に掃除をするのですが、最近は小学生の娘も手伝ってくれるようになり、寝室掃除が楽しくなりました」

布団の収納スペースを確保

「キャスター付きの台にたたんだ布団を載せて押し入れに収納しています。キャスターと荷台の間に隙間ができるため押し入れの通気性もよくなります。重い布団の上げ下ろしが面倒だったので、布団を置くキャスター付きの台を購入しました。

キャスター付きなので出し入れが楽です。寝室がすっきりし、隅々まで掃除ができるようになりました」

寝室の掃除はこまめに

目覚めの親子
ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com

寝室の掃除方法や掃除のコツなどをご紹介しました。寝室にベッドを置いている場合はそのつど動かして掃除することは大変ですが、掃除をせず放置しておくとホコリやゴミが蓄積されてしまうかもしれません。

こまめに掃除機やワイパーなどの掃除道具でサッと掃除するだけで、ホコリやゴミは少なくなるようです。快適な睡眠ができるよう、寝室はきれいな状態を保ちましょう。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧