子どもといっしょに作るバレンタインレシピやラッピングの方法

子どもといっしょに作るバレンタインレシピやラッピングの方法

子どもとおしゃれに楽しむアイディア

バレンタインに子どもといっしょに手作りのお菓子を作りたいママやパパもいるでしょう。子どもといっしょに作ると、より楽しくデコレーションしたりラッピングできたりするかもしれません。今回は、バレンタインに作りたい簡単でかわいいお菓子のレシピをご紹介します。

バレンタインに手作りお菓子を贈ろう

バレンタインは毎年2月14日と決まっており、日本ではチョコレートを贈る日として親しまれていますよね。

育児中のママたちの中には、子どもといっしょにお菓子を手作りして、バレンタインを楽しく過ごしたいと考えている方もいるでしょう。

パパやクラスのお友だちに、お菓子を手作りしてみてはいかがでしょうか。より気持ちの伝わるバレンタインになるかもしれません。

子どもと楽しむバレンタインレシピ

バレンタイン
iStock.com/Lazy_Bear

バレンタインに子どもといっしょにさまざまなレシピを手作りしてみましょう。

少ない材料でできて、作る行程が簡単なお菓子なら、子どももいっしょに楽しんで作ることができるかもしれません。また、簡単な工夫でできるデコレーションを楽しんでもよいでしょう。

チョコレート

バレンタインといえば、チョコレートを思い浮かべる方もいるでしょう。溶かしたチョコレートをかわいい型に入れて冷やし固めるだけで、簡単に手作りできるため、小さな子どもといっしょに作るときに向いているお菓子かもしれません。

ケーキ

さまざまな種類があるケーキは、見た目も華やかなため、バレンタインに手作りするママも多いようです。

甘いお菓子が苦手だったり、チョコレートをあまり食べないパパやお友達のために、甘さが控えめなチーズケーキを選んだり、例年と違うものを作りたい場合にもケーキはおすすめのようです。

子どもといっしょに作ることができる簡単なレシピもあるようなので、自由にデコレーションしておしゃれなケーキを作りましょう。

ドーナツ

少し趣向を変えてドーナツを手作りしてみてはいかがでしょうか。

ドーナツは甘すぎず、手で持っても溶けることがないので、子どもにぴったりのお菓子かもしれません。ホットケーキミックスなどを使って、子どもが簡単に作れるように工夫することもできるようです。

マフィン

マフィンは使う調理道具が少なく簡単に作れるため、お菓子作りが苦手なママでも挑戦しやすいお菓子のようです。チョコチップやバナナなど、さまざまな食材で味を工夫できるのも特徴のひとつかもしれません。

見た目もかわいいので、贈る相手にも喜ばれそうですね。

バレンタインのお菓子のラッピングアイディア

バレンタイン
iStock.com/Nikolay_Donetsk

子どもといっしょに楽しく手作りしたお菓子をラッピングするときも、さまざまなアイディアで簡単にかわいくデコレーションしてみましょう。

身近なアイテムを使ってかわいくラッピングできるアイディアをまとめました。

形が崩れやすいお菓子を入れるときやお菓子をたくさん入れたいとき、ラッピングアイテムとして箱を選ぶとよいかもしれません。

100円均一ショップでもおしゃれでかわいい箱が売られているようなので、贈る相手にぴったりな箱を選びたいですね。

ペーパー

バレンタインのお菓子をラッピングするときに、ペーパーは重要な役割を果たすようです。包装するときにバレンタインらしい柄を選んで、簡単にかわいいプレゼントにしましょう。

また、ワックスペーパーをラッピングに使用しているママも多いようです。水や油に強い特性を活かすだけでなく、かわいくておしゃれな柄がたくさんあるようなので、ラッピングを工夫したいときに活躍しそうです。

リボン

リボンはラッピングするときに使用すると、それだけで見た目もかわいい贈り物になりますよね。

箱にかけるだけでなく、ケーキポップのようなお菓子には花束のように束ねたり、縛ったりすることもできる便利なアイテムのようです。

リボンの色や柄を変えたり、結び方を工夫して、お菓子をおしゃれにラッピングしましょう。

バレンタインを子どもとおしゃれに楽しもう

バレンタイン
iStock.com/JaniceRichard

子どもといっしょに手作りできる、簡単なお菓子のレシピがたくさんあるので、ママや子どもの好みや贈る相手のことを考えて、バレンタインを楽しく過ごすことができるとよいですね。

ラッピングは少しのアイディアでおしゃれにアレンジできるので、身近なアイテムを積極的に使ってみましょう。子どもといっしょに作るお菓子や工夫したラッピングは、世界でひとつだけの特別な贈り物になるでしょう。

2020年02月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ