【小児科医監修】予防接種の副反応が出やすいのはいつまで?発熱など気をつけたい3つの症状

【小児科医監修】予防接種の副反応が出やすいのはいつまで?発熱など気をつけたい3つの症状

「予防接種をしたあと副反応を起こしたらどうしよう」と心配しているママもいるのではないでしょうか。接種後いつから副反応が出やすいのかや発熱、腫れ、下痢などどんな副反応が出やすいのか調べてみました。また、重篤な副反応にはどんなものがあるか、出てしまった場合の対処法などもご紹介します。

金髙太一(おひさまクリニック)

副反応とは

予防接種後にワクチンや、ワクチンに含まれる成分の一部によって、たまに引き起こされる反応を副反応といいます。またワクチンの成分によりアレルギーなどを引き起こすことも。

予防接種の副反応とはどういうものがあるの?

予防接種の副反応とはどのようなものがあるのでしょうか。副反応は、数日で消える場合がほとんどですが、腫れが広範囲ではないかや熱を持っていないかなど注意しながら観察するとよいでしょう。またかゆみがある場合は患部を冷やしてあげるのも効果的なようです。

しこりになる

予防接種後に接種した部分が固くなることがあります。それをしこりと言い、数日から数カ月残ることもあるようです。赤く腫れた後しこりになることもあるようです。

熱が出る

接種後すぐや次の日などに発熱のみの症状がある場合は、副反応の可能性があります。そのほかの見分け方としては鼻水や咳などの風邪の症状がみられないことや、短期間で熱が下がることなどがあるようです。

アレルギー反応

子どもによってはワクチンの成分にアレルギー反応を起こしてしまうこともあるようです。蕁麻疹などの症状が出ますが数日で治まることが多いようです。

しかしまれに、意識障害や呼吸困難などの症状を引き起こしてしまうこともあるので、息が苦しい、ぐったりするなどの症状が出始めたら早めに受診しましょう。さまざまな副反応を紹介しましたが、副反応はほとんどが数日で収まるようです。

副反応が出やすいのはいつまで?

予防接種
©New Africa- Fotolia

副反応が出やすいのは一般的に生ワクチンは1~2週間後、不活性ワクチンの場合には接種当日から3日後といわれているようです。ワクチンに対する強いアレルギー反応の場合、接種後30分以内に起こるようなので、予防接種後30分ほどは病院に留まるか戻れるようにしておくとよいでしょう。

「これって副反応なの?」と思ったら

副反応かな?と思う症状が一度出たら繰り返すのか、本当に副反応なのかなどの見分け方を調べてみました。

一度副反応が出ると出やすくなるの?

「一度副反応が出ると出やすくなってしまうのでは?」と心配になるママもいるのではないでしょうか。専門家によると、

ワクチンそのものであれば,他の予防接種では何ともない可能性はありますが,添加物による反応であれば,同じ添加物を含む予防接種では熱が出る可能性があります。
出典: AskDoctors

ワクチンによるものかの見分け方

では、予防接種後に発熱などの症状がみられた場合、予防接種による副反応か、全く違う理由によるものかを見分けるにはどうすればいいのでしょうか。

ワクチンそのものによるものか,ワクチンに含まれている添加物かは断定は難しいです。
出典: AskDoctors

と専門家は回答しています。実際に副反応かを見分けるのは難しいようです。また、

ある添加物が体に合わない場合,その添加物が含まれている他の予防接種でも同じような反応が出ることがあります。
出典: AskDoctors

とありました。しかし副反応が出るからと言って接種をしないと決めてしまうよりは、

あとはその副反応による影響と,予防接種を受けなかったことによる将来の病気に対する不安をどのように考えるかと言うことになります。
出典: AskDoctors

とのことなので、次に受ける予防接種に不安がある場合は、接種前にかかりつけ医に、接種するべきかどうか、副反応についての不安を相談してみるとよいでしょう。

重篤な副反応が出たときの報告方法

重篤な副反応がでてしまったときどのような方法で報告をすればよいのでしょうか。厚生労働省のホームページにある「予防接種後副反応報告制度」を確認してみると、「予防接種法第12条第1項の規定に基づき、医師等が予防接種を受けた者が一定の症状を呈していることを知った場合に、厚生労働省に報告しなければならない制度」とあります。

予防接種後に生じる種々の身体的反応や副反応と思われる症状が出て場合、それについて情報を収集し、ワクチンの安全性について管理・検討を行い、以て広く国民に情報を提供すること及び今後の予防接種行政の推進に資することを目的としています。

出典:予防接種後副反応疑い報告制度/厚生労働省

実際の報告方法は医師等が副反応と診断をした場合、厚生労働省に報告する流れになっているようなので、気になる症状が出た場合は医療機関を受診するのがよいかもしれません。

予防接種後に副反応かなと思う症状が出たら速やかに病院へ

予防接種の副反応
© Qiteng T- Fotolia

予防接種は病気から身体を守る大切なものです。しかし、稀に軽いものから重篤なものまでいろいろな副反応を引き起こしてしまうこともあります。予防接種後、副反応が現れやすいのはいつまでかを前もって確認しておくと、万一の際に慌てずに済みます。

さらに、発熱や下痢、腫れといったような「副反応かな?」と思われる症状が出たら、重篤な場合は医療機関の受診を、軽症なら後日接種した医師に報告しておきましょう。副反応が出た時のことを考えて普段、子どもの体調管理をいっしょにみてもらっている、かかりつけ医で予防接種をするのが望ましいでしょう。

監修:監修:金髙太一(おひさまクリニック 院長)

金髙太一の監修記事一覧(バックナンバー)

小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。

おひさまクリニック

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2018年06月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

予防接種の関連記事

カテゴリ一覧