【小児科医監修】子どものおねしょが続くのは病気?原因と対策

【小児科医監修】子どものおねしょが続くのは病気?原因と対策

病院を受診する目安について

子どものおねしょが続いたり、今までおねしょをしていなかったのに急におねしょをするようになると病気かもしれないと不安になるでしょう。おねしょの原因と対処法についてご紹介します。また、おねしょで病院の受診する目安も併せて解説します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

子どものおねしょ

子どものおねしょが続くと何か病気ではないかと心配になるママやパパがいるかもしれません。

子どもがおねしょをするのはいくつかの原因が考えられます。

周りの友だちや兄弟がしていないと悩んだり、焦って子どもを怒ってしまうことがあるかもしれませんがおねしょの原因を知って対応することが重要です。

おねしょの原因

子どもがおねしょををするには以下のような原因が考えられます。

夜のおしっこの量が多い

夕方以降に水分をたくさん摂ると夜のおしっこの量が増える傾向があります。

夜間のおしっこの量をコントロールするために必要な抗利尿ホルモンは、昼間に少なく、夜に多く分泌されます。

抗利尿ホルモンの分泌のリズムは、成長とともに整ってきます。

年齢が低く、ホルモン分泌のリズムが整っていない状態だと抗利尿ホルモンの量が少ないため、夜間のおしっこの量が増えておねしょをすることがあります。

膀胱が小さい

膀胱機能は子どもの成長とともに発達していきます。

4~5歳くらいになると、夜中に1度もトイレに行かなくてもおしっこを溜められるようになる子がほとんどですが、年齢が低く、膀胱がまだ十分に発達していない場合は、膀胱も小さいため、おしっこを溜められずにおねしょの原因になることがあります。

睡眠問題

朝方になって睡眠が深くなり、目が覚めず朝方におねしょをしたり、睡眠の質が悪いことが原因でおねしょをしてしまうことがあります。

ストレス

6カ月から1年以上おねしょをすることがなかったのに、突然おねしょが始まった場合はストレスが原因かもしれません。

強いストレスがかかると、自律神経の働きが崩れておねしょにつながる場合があります。

おねしょで病院を受診する目安

2~5歳くらいのときのおねしょは、膀胱の未発達などが原因で成長するにつれて治っていくケースがほとんどです。過剰に気にせず様子を見てよいでしょう。

幼児期の夜尿をおねしょと言いますが、小学校の入学前後の夜尿になると「夜尿症」といいます。

以下のような症状が見られたら病院で1度受診してみることをおすすめします。

おねしょの回数が多い

おねしょ
Jes2u.photo/Shutterstock.com

月に数回、または毎晩おねしょをし、生活を改善しても続く場合は病院で相談してみるとよいでしょう。

突然おねしょが始まって続く

ずっとおねしょをしていなかったのに突然おねしょが始まり、おねしょが続くときは子どもにストレスが溜まっているかもしれません。

入園や進級、引っ越し、兄弟が産まれるなどの環境が変わるときに起こりやすくなりますが、何日もおねしょが続く場合は病院で1度受診してみましょう。

6歳以上

おねしょが月に1度程度で、その日限りであれば疲れが原因かもしれないので様子をみてもよいですが、6歳をすぎても週に1回以上おねしょをする場合は夜尿症の可能性があります。

病院で受診し、治療することが大切です。

幼児期のおねしょの対策法

おねしょが続いたときの対処法をご紹介します。

起こさない

おねしょをしないように夜中にトイレに起こそうとする人がいるかもしれません。

夜間のおしっこの量をコントロールする抗利尿ホルモンは、眠ってから出始めますが、寝ている途中で起こしてしまうと増加していた抗利尿ホルモンが減少してしまいます。

おねしょをしないようにと夜中に子どもを起こすのはやめましょう。

水分の摂りすぎに注意する

夕食後以降の水分、塩分の摂取が多いとおねしょの原因につながります。

昼間に多めに水分を取り、夕方以降の水分量は控えめにしましょう。

夏場の水分不足は脱水症状につながるため、子どもの様子を見て水分量を調整することが重要です。

規則正しい生活をする

眠りが浅かったり、寝不足など睡眠の質が悪いとおねしょを悪化させる場合があります。

リラックスした空間で、睡眠時間をしっかりとれるように規則正しい生活を心がけましょう。

寝る前にトイレに行く習慣をつける

トイレ
iStock.com/yipengge

膀胱にためられるおしっこの量は限られています。

寝る前に膀胱の尿量を空にするとおねしょをせずに済むかもしれません。

トイレに行く習慣が身につくように寝る前に声をかけ、子どもが自らトイレに行けたら褒めて就寝前のトイレの習慣をつけることが大事です。

冷え対策

身体が冷えるとおねしょの原因につながります。

夏場はおねしょをしなくても冬場になるとおねしょをすることが増えたというケースもあります。

お風呂で身体を温めて、暖かい恰好で冷え対策をすることが大事です。

オムツを使う

子どもがおねしょをしてしまって不安に思っているのであれば、夜中だけオムツを使用してもよいでしょう。

4~5歳になってもオムツを履かせるのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、おねしょをしたことで子どもがさらにストレスを感じるのであれば、夜はオムツを履かせて子どもが安心感を持てることが大事です。

おねしょの回数が減ったり、安定してきたらパンツに切り替えるとよいでしょう。

子どもの様子をよく見ておねしょに対応しよう

眠る子ども
DONOT6_STUDIO/Shutterstock.com

周りの子どもはおねしょをしていないのに子どもが頻繁におねしょをしたり、週に何度もおねしょが続くと病気かもしれないと心配になるかもしれません。

水分を摂りすぎていたり、膀胱がまだ発達しきっていなくておしっこを溜められる量に限りがあったり、睡眠の質の影響などさまざまな理由がおねしょの原因になります。

夕方以降の水分量に気をつけて、寝る前にトイレに行く習慣づけや規則正しい生活を心がけるとおねしょが治るかもしれません。

年齢が低いうちは様子を見てもよいですが、6歳をすぎても週に1回以上のおねしょが続く場合は夜尿症かもしれないため、病院で診てもらうことをおすすめします。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年06月04日

専門家のコメント
30
    かよう先生 保育士
    子どものおねしょが気になったらまずは生活習慣を見直そうと思いました。
    受診の目安は難しいか
    かよう先生 保育士
    子どものおねしょが気になったらまずは生活習慣を見直そうと思いました。
    受診の目安は難しいか
    ゆう先生 保育士
    幼稚園でのお泊まり保育では、普段おねしょをしない子どもでも、
    環境の変化や緊張感やプレッシ
    KST 専門家
    寝る前に水分を摂り過ぎないとか重要だけど、おねしょしても責めないことが何より大事な気がする
    わい先生 保育士
    膀胱機能は人それぞれ発達は違います。
    夜飲む水分を見直したり、子どもの変化がないかストレス
    ろろ先生 保育士
    おねしょをして1番ショックなのは本人です。
    おねしょをしないように寝る前にトイレをする、3
    まな先生 保育士
    おねしょが多いようなら、寝る前の水分補給の量や生活習慣を見直すことが大事だと思いました。
    ゆり先生 保育士
    気になったら小児の泌尿器科にいき検査してもらう方法もありますよ
    原因がわかれば焦らずすみま
    まあ先生 保育士
    年齢にもよりますが、おねしょには排尿間隔が短かったり、水分の取り過ぎだったり、寝る前の排尿
    りか先生 保育士
    小学生高学年くらいまでは夜尿があっても当たり前と言うくらいの気持ちで寛容に接してあげましょ
    いちぽ先生 保育士
    小学校になっても頻繁に漏らすとなると夜尿症ですかね。
    生活習慣を見直しても改善されないとき
    せおみ先生 保育士
    おねしょは精神状態も関係していると聞きました。毎日のようにおねしょをしていた子が、小学生に
    さと先生 保育士
    年長担任のときおねしょが治らない子が数人いました。
    そのうち1人の男の子はなんと寝る前のト
    まい先生 保育士
    精神的なことからくることもあります。
    保育園に行きだしたなど変化の時期に出たりなど水分を取
    すー先生 保育士
    息子は4歳までは月に2、3回目オネショをしていましたが、4歳になった日からオネショをしなく
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧